« 2007年2月 | トップページ

2007年4月13日 (金)

子供たちに唸った!?

「ウワァ!」

庭から子供たちの声!

何事かと飛び出す私。

「パンダがね、『ウゥ~ッ!』って言ったぁ!怖い!」

エェ!?「パンダ」がぁ!?

(そりゃぁ、あの身体で威嚇されたら、1歳と5歳の子供じゃぁ怖いだろう)

よく聞いてみると、

その時「パンダ」は、ごみ箱から、菓子パンの袋を引っ張り出したんだそうです。

それを見つけた子供たちが、取ろうと手を伸ばしたら、

威嚇されたんだとか。

(さすがに主張したか!)

ウゥ~ン・・・パンが大好きな子だったからなぁ・・・。

因みに、私にそんな事したことない子だったから、

(って言うか、ほとんど怒りを出したことが無い!)

「ヘェ~!威嚇なんかするんだぁ~!」

っていう感じ。

でも、これは困る!

今度叱られたのは、「パンダ」でした。

| | コメント (0)

息子にはやられ放題!

息子は、「パンダに育てられた!」

と言っていることは以前お話ししました。

その息子のエピソードをもう一つ。

何時ものように、息子とパンダは庭に一緒におりました。

私が、洗濯か何かをしていた時です。

どこからか、

「バチン!バチン!」

という、何かを叩くような音がします。

「何だろう?」

と思って、音のする方向に行ってみると・・・。

ナントそこには、自分の背丈ほども有るような、木の棒をもった息子が、

それを振り回して、事もあろうに、「パンダ」を叩いていたのです!

立った姿勢のパンダは、自分の影に隠れてしまうほどの、まだ一歳の人間に、

目をつぶり、じっとされるがままになっておりました。

何とけな気なボルゾイ!!!

もちろん、息子の事は、しっかり叱っておきましたが、

何しろ、悪い事をしているとは思っていませんからね。

悪行は、これだけでは無いのです。

この時には、「パンダ」は犬舎の中に居て、こちらを向き、

その外に、息子が居て、またまた「パンダ」に向かって何やらやっている様子。

近づいてみると・・・!

また、棒を手にした息子!(男の子は、棒が好きですよねぇ!)

今度は30センチほどの長さの細いものです。

それを、こちらに向いている「パンダ」の鼻に、

突っ込んでいます!!!

これ又、「パンダ」は目をつぶり、それに耐えています!

「何をしているの!」

私の一言で振り向く息子。

あどけない顔。

全く罪の意識はない様子・・・。

だから困るんだけど・・・。

「パンダ」ぁ・・・あなたが一言「ガウゥ~ッ!」って言ってくれれば、

あの子も止めたんだろうに・・・優しすぎたよ・・・。

愛しの「パンダ」・・・。

もちろんその後、

「パンダ」の鼻の穴を点検しましたが、傷は付いていませんでした。

ホッ!

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ