カテゴリー「ペット」の134件の記事

ルナ、小麦粉食べる!

     その日は、雨でした。

もう、今年8歳になるルナは、雨の日には無理に散歩しなくなりました。

庭に放して、遊んでやったり、ブラッシングしてやったり・・・。

その日も、私が、ゴミを捨てに行っている間、

庭で遊んでいました。

門まで、嬉しそうに私を出迎えてくれたルナの顔を見て、

私は仰天しました!

鼻先が、真っ白だったんです!

「何だ!!!!???」

ルナの口先を両手で押さえて、匂いを嗅ぎました!

無臭!?????

鼻先をぬぐってもう一度嗅ぎました!

判らない????

庭にある可能性の粉状のもの・・・。

石灰?・・・いや、無いな・・・コンクリート!?

ギョッとしました。

口の中、胃の中で固まってしまったら、どうしよう!!!!!!

「ルナ!お水!!!!」

水道に呼んで、口の中口の周り、鼻を洗うように拭いました。

ルナは、嫌がって刃を当てようとしたけれど、そんなこと言っている場合じゃァない!

「誰がやったの!!!????」

その剣幕に押されて、仕方なくやらせてくれました。

後は・・・。

「水を飲め!!!」

なんだか判らないけれど、薄めなければと思いました。

これで駄目なら、胃洗浄か・・・コンクリートなら手術か・・・覚悟しなければbearing

だって、口の中で唾液と混ざったその物質は、張り付くらしく、

前足で何とかぬぐおうとしたりしている。

エェ~~!!!???

Dvc00124_2Dvc00123_3Dvc00122

| | コメント (0)

サリー、ねずみ捕りに、かかるf ^_^;

出先に、義父から電話がかかってきた。
サリー、ねずみ捕りに、かかるf<br />
 ^_^;お勝手に仕掛けたねずみ捕りで、「サリーが捕れた!」
と(ノ゜O゜)ノ
急いで帰ると、
ゲージの中で神妙なパピヨン。
(良かった。ねずみ捕りは剥がせたんだ。切らずに済んだ。)
と思った。
でも、家のあちこちに粘着剤が付いている。
(これをとるには…バター…マーガリン…馴染ませるなら、オリーブオイルはどうだろう…扱いやすいし…。)

とにかく早く何とかせねばと、脳みそフル回転!
床の粘着剤を試しにオリーブオイルで拭いてみる。
(落ちた〜!良し!)

まず、サリーをゲージから出さねば・・・。

でも、気の強いサリーのこと、しかもネズミ取りシートを引き剥がされて、いやな思いをしたであろう直後・・・大人しく出てくるかな?これ以上、嫌な思いもさせたくない・・・。

ちょっと見では、確認できないが、

身体には、粘着剤も付いているだろう。

シートごと引っ張るか・・・。

シートに手を掛けてみる。

「サリー、シートを引っ張るよ・・・。大丈夫だからね。」

と優しく声を掛けた。

と・・・。

「ママァ~・・・助けて・・・。」

とでも言いたげに、すごすごとゲージから出てきて、抱っこをせがむ。

(可愛~い!)

よっぽど、怖い思いをしたんだろう。

チーズ目当てで、踏み入れたら自分の身体程も有るプラスチック製のシートに捕まり、いつまでも付いて来る(;O;)

怖かっただろう・・・。

「ママがちゃんと綺麗にしてあげるからね。」

粘着剤は、左前脚から左脇、そして胸、右前脚・・・。

チーズを見つけて、左足で踏み入れたらくっ付いて、左に倒れ、右前脚で、突っ張ったんだな。安に想像できる。

お風呂に連れていく。大人しい。

それから、オリーブオイルをたっぷり付けて、トリートメントをするような手つきで、被毛に馴染ませては優しく引くようにする。

何度も、何度も・・・。

サリーは、気になるのか、オリーブオイルを舐める。

(「こりゃぁ、今度はお腹を壊すかな?」案の定、数日後に、あっちこっち大変なことになった(*_*;)

でも、思ったより、上手く取れる。

(良かった(*^。^*))

それでも、いつものシャンプーよりは、何度も洗いなおさないと・・・。

粘着剤が取れても、今度はオリーブオイルを落とさないと・・・。

洗い終えて、ドライヤーで乾かしたころには、私もサリーも、クタクタ・・・。

私も、迂闊だった。

出掛ける時に、サリーは入れないように、念を押せばよかった。

ごめんね、サリー。

| | コメント (0)

姫脱走!5

食欲も有り、だいぶ落ち着いてきて、

「これで懲りてくれればいいがなぁ・・・。」

なんて言っていたのに・・・。

夕方、仕事をしていた時に、

なんだか随分尻尾の付け根の辺りを舐めるなぁ~・・・・と思い、

ハッっとしました。

赤い血が見えたんです!

Dvc00166 慌てて抱き上げ、見てみると、明らかに、深い傷を見つけました。

肛門!?イエッ、直ぐ横です!

しまったぁ!

私の馬鹿者!気付いてあげられなかった!

バロンに足を触られて「ビクッ」っとしていたのは、

痛かったからだッたんだ!

時計を見ると、4時。

かかりつけのお医者様の診療時間は終わっています。

注意深く見ていると、特に歩行に支障は無いようです。

痛がっている様子も見受けられない。

そちら側を下に寝ていることもある。

出血も、大量ではありません。

(猫は強い。)

これから、救急病院に連れていくより、明日まで待って、掛かりつけに行こうと思いました。

ただ心配なのは、きちんと傷の具合を確認できないことです。

触ると痛がるので、娘に抱いてもらい見ようとしましたが、うまくいきません。

とにかく無理せず、先生に任せようと思いました。

そして、今日、受信。

長い毛を掻き分けたら、かなり深い傷でした。

痛々しく、悲しく、悔しくて・・・。

「脱走したの?」(先生)

「エェ・・・網戸を自分で開けたみたいで・・・気を抜きました・・・。」

そう、私が、あの時サッシをしっかり閉めていたら、

こんな目に合わすことは無かった・・・。

ごめんね<m(__)m>

肛門の近くは、縫うと排便に影響があるかもしれないということで、様子を見たほうが良いそうです。

その朝、排便も出来ていたので、化膿止めの注射をしていただいて、薬を貰い、様子を見ることになりました。

(「姫」の治癒力に期待!)

「噛まれましたね。あまり舐めるようなら、カラーですね。」

との事でした。

後は、感染症の心配

「潜伏期間の事も有るので、検査は半年後くらいでないと・・・。」

半年かぁ・・・長いなぁ・・・。

今は、私の鏡台の椅子の下に眠っています。

ここは、逃げ込むようなことが有る時に身を潜める場所です。

少なからず、心にも傷を負ったようです。

その近所の雄猫は、毎日のようにこの2階に上がって来ます。

マーキングをし、ベランダでくつろいでいたりします。

彼にとっては、ここも縄張りなのでしょう。

私は、「来ることはかまわないけど、マーキングは困るなぁ・・・。」

程度に思っていました。

でも、それは段々頻繁になり、

その度に、我が家の三匹は毛を逆立て、興奮して、メイとバロンは喧嘩をしたりするようになってしまいました。

我が家の子達にとっても、まさに縄張りなのです

実際、メイがバロンを引掻いて傷を付けた事も有り、直ぐに三匹を別々にしなければならず、私が居ない時に傷つけあったりしたらと、最近はカーテンも開けられません

「せめて、虚勢だけでもして頂けないかなぁ・・・。」

と、願っています。

(野良猫なら、自分で連れて行ってしまう事も出来るのに・・・。そうも行かないし・・・。)

そして、「姫」の傷が何ていうことなく治ってしまって。

感染症も貰ってきていませんように。

祈るばかりです。

| | コメント (0)

姫脱走!4

出窓の直ぐ下の一階の屋根の上で、大変緊迫した猫の叫び声がし始めて、再び飛び起きた!

出窓から飛び出さんばかりの勢いで外を見る!

「姫」だ!

帰ってこれたんだ!

でも、数十センチ前にはあの子が、姫の三倍はあろうかというあの子が、

壁際に「姫」を追い詰めている!

小さく丸くなり、体中の毛を逆立てた「姫」は、必死で身を守ろうと抗戦状態!

悲痛な声!!!

「パパ!姫!大変!大変!」

この声で、主人と、そして心配で一晩中起きてくれていた息子が(頼もしい!!!アリガト)ベランダ側から飛び出してきた!

そして、やっと「姫」を保護したときには、主人は指と唇を噛まれていた。

もう、雨が降り出して、屋根は滑り、危ない状態のところでよくやってくれました。

とにかく、「姫」を受け取り、興奮する愛猫を落ち着かせるようと、大好きな鰹節をやる。

何しろ生まれて初めての外出、怖い思いをし、どこかに潜んでいたに違いない。

Dvc00157相当お腹も空いていたんだろう、夢中で食べた。

Dvc00158  そして、ゴロンと横になる。

また、食べる。

を繰り返した。

かなりピリピリしているだろうと、バロンやメイとは一緒にしないようにしたが、

Dvc00159 大丈夫のようだった。

何時も一緒にいる子達という認識はしっかり有るものらしい。

ただ、匂いをかがれて、かなりビクビクしてはいたが・・・。

いえ、本当はそのせいではなかったのに、私は、この時まだ気が付いてあげられなかった。

落ち着くのを待って、身体を拭いて、

点検。

Dvc00161 「怪我は左耳の付け根に小さな引っかき傷だけ。」

と思っていたのに・・・。

| | コメント (0)

姫脱走!3

目を閉じては居たが、眠れずにいた。
時間はそんなに経っていなかった。明らかにわが家の子達ではない気配で目を開けると、バロンの二倍、姫の三倍は有ろうかという程の陰が出窓に上がり込んでいるのが見えて、飛び起きた!
その陰も直ぐに逃げる!
あの子だ!
やはり窓は編み戸だけでも閉めることにして…間もなく!

| | コメント (0)

「姫」「バロン」脱走!Ⅰ

昨日の夕方。

私と娘は夕飯の支度をしていて、主人は「ルナ」の散歩に行っていて、部屋は無人。網戸の状態。

散歩から帰ってきた主人が、「脱走した!」

と大声でみんなを呼んで、それから大騒ぎ!

脱走犯「バロン」は、屋根の上で確保!

その時、主人の右手を思い切り引っかいた!

脱走犯「姫」は、私が見たときには、隣の庭を闘争中!

呼んだけど・・・。

下に降りて追跡。

猫がたくさんのお宅の庭を縦断したところで見失う!

それから、母も加わり(お義母さんアリガト<m(__)m>)暗くなるまで探したけど、気配をまるで感じなくなってしまった。

どこかに潜んでいるのだろう。こんな時、訓練した犬とは違い、探せば探すほど隠れるのが猫だ。

いったん中断して夕食をとり、(マッタク食欲無いけど・・・。)

再び捜索開始。

でも、見つかるのは他の子ばかり。

「とにかく部屋で待とう!」

そのほうが良い。お腹が空けば帰ってくるだろう。

「明日、ポスターを作ろう。」

と早々部屋に上がる。

夜中2時ごろ。

軽い体重の子を思わせる足音。窓から一階の屋根を見つめる「バロン」と「メイ」。

そっと覗く・・・。子猫!?鯖虎白のきれいな子。

鰹節を置いておいたので、食べに来たのね。

でも、「姫」じゃ無い・・・。

それからは心配が一杯になって、マッタク寝られない。

「どこかにハマッテシマッテ、抜けられずに泣いているんじゃァ無いのか。他の子と喧嘩して怪我したんじゃァ無いのか。屋根伝いに降りたものの、上がれないんじゃァ無いのか。追いかけられて、家が解らなくなったんじゃァ無いのか。車に・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

もう、耳をそばだてて、少しでも音がすれば見に行った。

しばらくして、大きな猫の足音がした。隣の子だ。

「バロン」と「メイ」に緊張が走り、何時もの様に、窓越しの大喧嘩!

急いで「メイ」を娘の部屋に非難。

Dvc00157

| | コメント (0)

実家に、一頭と三匹連れて!

実家に、一頭と三匹連れて!
メイは、初めての長旅!
しかも、事故渋滞で、三時間半の道程を、倍の7時間もかかった!
参ったよ!

車の中では、メイと鼻でご挨拶。
恐くて、キャリーからは出せないけど、
特にルナは、興奮した様子は無い。
メイは、デッカイ犬を観察中!
鼻と鼻でご挨拶も出来ていたけど…ねぇ。

| | コメント (0)

何とか無事に到着!

Dvc00037 メイは早速、ミミのご飯を横取り。

子猫って得よねぇ。

ミミは、ベッド下にこもり、

また、慣れるのに大変そう(~_~)

| | コメント (0)

実家へ。パーキングエリアで休憩。

Dvc00034 大変な渋滞で、やむなく休憩。

猫たちも外の空気をと連れ出す。

リードを着けて、芝生の上を少し歩かせようと思ったが、

バロンは、直ぐにキャリーに非難。

Dvc00036 姫は、興味津々!

冒険モードで、どこまでも歩く。

ちょっと歩腹前進気味だけどね(~_~)

驚いてリードが抜けたとか!

ギョッ!

Dvc00035 メイは、初めてのお外!

車のたび!

ナノに!

さすが子猫!

物怖じしない!

再び車に乗り込んで、出発。

あんまり鳴くのでキャリーの外に出し、

椅子の下にもぐりこんだバロンを、気成なりにしようとほおっておいたら、

シッコされてしまった!

そうだよね、今まで長時間でも車でしなかったので、

気を抜いた!

でも、だから鳴いたんだわ!

ルナは、後ろにバロン。前に姫。

という天国のような環境に、興奮!

抑えるのに、私の腕はマタマタたくましくなったモヨウ!

| | コメント (0)

メイが、私の腕枕で…し、幸せ〜

メイが、私の腕枕で…し、幸せ〜
メイが、私の腕を枕に寝てるんですよ!
し、し、…シ・ア・ワ・セ…(^=^)/
久し振りのこの感触!

来夢は、直ぐに膝に乗って来たし、寝る時には、必ずくっついてた。
冬は抱いて寝て、寝返り打っても、抱えられたまま。夏なんか、私の頭を抱える様にして寝るので、汗びっしょりになったりした。

主人が歯磨きをし始めると、
その振動が心地良いらしく、
お腹に乗ってくつろぎ始める。

その来夢が逝ってしまってから、
一年と八ヵ月振り!
感激!!!

やっぱり、手で「フン捕まえる様にして」ご飯をあげて育てたから、
人間の手に対して、警戒心が、無いんだわねぇ〜。

それとも、バロンと姫が、クールなの?
(バロンは、さりげな〜く足元に居たりするけどさ。)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧