« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

朝日が、さす。

朝日が、さす。
朝日が、さす。
朝日が、さす。
11月28日
病み上がりの私と、愛犬達。
朝焼けが、美しい。
酒匂川の、お気に入りの散歩コース。
寒くなって、絶好調のルナと、
私の様子が何時もと同じになったのか、ハイパーパピヨンに戻ったサリーと。

後光が差したボルゾイは、
美しい\(^o^)/

| | コメント (0)

寒さが猫をくっつける。

寒さが猫をくっつける。
憧れの猫団子は、我が家では観られない。
各々、別々に来た子達だからか。
でも、苦節うん年((T_T))
寒さが二匹をくっつけた(^○^)
もともと、何でも受け入れられるバロンだけど、
メイが悪戯するから、落ち着いて寝ていられないのに((T_T))
貴重なツゥーショット!

| | コメント (0)

いつもの場所を盗られて。

いつもの場所を盗られて。
バロンが寝ているのは、風邪で寝込んでいる私の横。
ミミが来てから、娘の部屋で寝ることが多いバロンは、
私達の部屋では、主人の足元が居場所だったけど、
熱の有る人間の横は、暖かいらしく、ベッタリくっついている。
でもそこは、いつもは、メイの場所。
その下で寝ていたメイだが、
バロンに向かってジャンプ!
ビックリしたバロンは、飛び退いたけど、そのまま、また寝た(~o~)
バロンは滅多に怒らない。
でも、これは、怒って良いんじゃあない!?
代わりにママが叱っておいたよ。

| | コメント (0)

声が出なくて、コマンドが言えない( ̄^  ̄)

声が出なくて、コマンドが言えない( ̄^<br />
  ̄)
久し振りに喉を殺られた(>_<)
奥まで炎症しているらしく、声が出ない。
昨日、受診して、薬を飲めば、熱には効くのだが、喉の痛みは増すばかり( ̄^ ̄)
唾を飲み込むのに四苦八苦するようで、ウガイさえも、痛みを凝らえながらするようだ。
こんな風邪、何十年もヒイテナカッタンジャアないかしら( ̄^ ̄)
仕事も代わってもらったが、
困ったのは、
犬達に、コマンドが言えない事。
「待て」は、いつもそうする時だと、手振りだけで何とか理解してくれている。
「来い」は、大好きなものを見せれば、来る。
困るのは、
「良し」。
私の顔を見つめ、指示を待っている。
サリーは、何時もは「良し」と一緒に背中を叩いてやるので、そうしてみたが、
立ち上がりそうに成って思い直し、
「『良し』とは言ってませんよね?」
という顔で、もう一度見直されてしまった( ̄^ ̄)
ウゥーン困った(~o~)
そこで、餌を指差して、ニコニコしながら口を「良し」と動かしてみた。
怪訝な顔をして、恐る恐る餌に顔を近付ける。
もう一度背中を叩いて、ようやく食べ始める。
それでも、いつ「まだ、「良し」じゃあないでしょう!」
と言われるかと、警戒している感じ(>_<)
ルナに至っては、「お座り」
が理解してもらえなくて、お尻を押して、座らせ、
ご飯の時には「チュー」するので、顔を持って来てくれるまでは何とかなるが、「良し」を待っているので、背中を叩いて、もう、その場から離れた。
入り口を閉めるのも合図に成るからだ。
こんな時、プードルなら心を読んでくれるんだろうか?
なんて、フッと思った。
コマンドが入っているのは良いことだけど、耳が聞こえなくなったときの事も考えて、身振りでも、理解出来るようにしておかなければならないかなぁ(^.^)

| | コメント (0)

先回りのお粥。

ルナは、お腹の調子が悪くなるだろうと、先回りしてお粥にした。
今のところ大丈夫。

| | コメント (0)

朝のバタバタ(~o~)

朝のバタバタ(~o~)
朝、散歩から帰って来て、ルナとサリーは庭に居た。
私はレッスン室で、「レクイエムハンドブック」を探していた。
と、サリーの激しく吠える声。
「サリー!ノォー!!」
こんな時、サリーは吠えるだけだが、ルナが便乗すると厄介だ。相手が猫などでなく、散歩中のワンコだったりすると、脅かしてしまう。
慌てて、降りていった。
でも、門にはサリーしかいなくて、ルナは、小屋の前に居る。
「あらっ、ルナ、お利口さん!」
と言いかけて、
「パリパリ…。」
という音に気が付いた。
ウンッ!?
アッ( ̄0 ̄;
「ルゥナァ〜!!ノォー!!」
そう、さっき用意した餌を、まだふやかしてもいないのに、もちろん、上げてもいないのに、夢中で食べていたのだ(>_<)

ルナは、
「はぁ、何でしょうか?」
みたいな顔をして、私に近づく。
食べてる途中でも、何の抵抗もなく私に触らせる事が出来る。
これは、お利口さんなんだが、
餌は、殆んど無くなっていた(~o~)

最近、お腹の調子がすこぶる悪く、薬が欠かせない状態から、やっと便も、形に成ってきたとゆうのに〓
また、下痢ピーに成ったら、どうするの!
それでも、残りの数十粒をお湯でふやかし、薩摩芋とチーズを入れてやったけど、

意味あったかなぁ〜(*_*)

それにしても、美味しそうに、良い音発ててたなぁ。

| | コメント (0)

大接近!

大接近!
少しづつ、距離を縮めてきた、ミミとメイ。
ここまで近付いて、眠る事が出来るように成りました(^.^)
後は、姫…だな(>_<)

| | コメント (0)

とんだ災難!?

とんだ災難!?
昨日、仕事から帰ってきたら、
亀は水槽に入れてもらっていた。

「何かごトンごトンと、音がすると思ったら、サリーが亀を…マッタク、悪戯だぞ!」(お祖母ちゃん談)
「怪我はしてないと思うけどな。甲羅はくわえられないと思うんだよなぁ…。」(お祖父ちゃん談)
つまりこうだ。
私が仕事に出かけて、これ幸いと、サリーは、亀を水槽から引っ張り出し、
おそらく、手足か首をくわえて引きずり回し、あげくの果てに、転がして遊んでいたらしい(>_<)

やっぱり、やったな( ̄^ ̄)
だと、思ったんだよなぁ。
あれだけ言ったから、大丈夫だと思ったんだけど、駄目だったかぁ。

ずっと遊びたくて居たんだもんなぁ。
バロンが来たばかりの頃にも、同んなじ事してたなぁ。
そうかぁ、やったかぁ(~o~)

亀は、きっと思った。
「温かくて良いところに来たなぁ」と思って、マッタリしていたのに、とんでもなかった!
これじゃあ、広い田んぼや下水の方が良かった。
と…。
でも、亀よ。
お前は外来種。
野生に居ては、いけないんだよ。
済まんが、ここで、暮らしてくれ。
サリーからは、守るから。

| | コメント (0)

亀を拾いました(>_<)

亀を拾いました(>_<)
11月12日
県道を歩いてました。
始めは、枯れ葉だと思いました。それから、モグラ!?(いやいや、県道を歩くモグラを見たこと有るんですよ!本当です!)このままでは轢かれると思いました。
娘は、
「エッ!?拾う!?」
と、ビックリしてましたが、
だってぇ、あのままにして、車に轢かれてペッチャンコになっていたら、嫌だもんねぇ。
絶対後悔するわ!
だから、こんな時には迷いません。
捕まえたら、割りと元気に、足をバタバタして、私の手を引っ掻いてくれました。
とりあえず、ルナの水浴び用のタライに入れて、猫から守るため、玄関に入れました。
サリーは遊びたいみたいで、ずっと、番してます。
私を見て、
「ママ、遊びたいよぉ!出してよぉ!」
と、クゥンクゥン啼いてますが、
「サリー、その子は遊べないのよ。」
と、何度言い聞かせたか判らないほどです。
とにかく、離れずに居ます。
そして、次の日に、事件は起こりました(~o~)

| | コメント (0)

眠い眠いバロン(+.+)(-.-)(__)..zzZZ

眠い眠いバロン(+.+)(-.-)(__)..zzZZ
よく、こんな格好で眠れるねぇ〜(^.^)

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »