« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

沼津港に行ってきました。

沼津港に行ってきました。
4月30日
深海水族館が目的だったけど、
海産物も勿論!美味しかったし、安かった!
水族館は、シーラカンスが目玉で、息子が行きたがっていて、
規模は小さかったけど、
興味深かった!
シーラカンスの大きな縫いぐるみが非売品で残念だったけど、
新東名で一時間あまり。
以外と近くて、良いかも!

| | コメント (0)

真ぁ〜ん丸(^-^)/

真ぁ〜ん丸(^-^)/
我が家に来たとき推定2ヶ月。
ガリガリで、生気が無かったから、思い付かなかったけど、
今名前を付けるとしたら、
絶対に、
「ムーン」
なんだけとなぁ〜(^-^)/

| | コメント (0)

メイチャン、バカ尿(>_<)

メイチャン、バカ尿(>_<)
メイは、バカ尿をするので、自由にさせてもらえなくなった。
多分、ミミの臭いのするところは放っておけないんだろう。
カーテンにクローゼットの扉。
ドレスにもお構い無し(~_~;)
それから洗濯機に向かっても、やってくれる(>_<)
でも、閉じ込めておくのは可愛そうなので、洗濯物をを取り出す間、外を眺めるように連れて来た。
何だか寂しそうに見える…。

この後、取り出した洗濯物の上に乗ってバランスを崩し、爪を立てて私にしがみつき、左腕に軽傷を負わせたけどね(>_<)

| | コメント (0)

もう、良い歳なんだよねぇ〜。

もう、良い歳なんだよねぇ〜。
ルナは、今年10歳になる。
サリーは8歳。
良い歳になるのよねぇ〜。
朝、主人と息子を車で送って帰ってくると、
ルナは、
何時もは犬舎から出てきて、待っているのに、
まるで気配がなくて、静かな時など、
そっと覗きに行ったりする。
「大丈夫。
お腹が動いてる。」
サリーも、夜の長い散歩は、疲れるらしく、
最近は、遅れぎみ。
ルナより体力が有ると思っていたけど…。
帰ってくると、爆睡!
皆で代わる代わる確かめに行く。
「大丈夫。息してる。」

いつも思う。
最初の数年は長く感じるけど、五歳を過ぎた辺りから、時間はスピードを上げるようだ。
大切に。
大切に。

| | コメント (0)

衣替えをしていたら(^ ○^)

衣替えをしていたら(^<br />
 ○^)
衣替えをしていたら、
奇跡のショットが撮れた\(^o^)/

| | コメント (0)

地域の集会所の桜。

地域の集会所の桜。
地域の集会所の桜。
満開の桜をバックに一枚。
ルナは苦労しないけれど、サリーは抱っこしないとか一緒に写せない(>_<)
でも、カメラを向けると、渋いかお(>_<)
何でぇ〜(~o~)

| | コメント (0)

昨日は、桜祭りのメインイベントの日でした。

昨日は、桜祭りのメインイベントの日でした。
八分咲きでした。
綺麗でしょ!
ステージでも、歌わせていただきましたが、突然、キーボードの音が出なくなって、急きょ、「ふるさと」をアカペラで歌わせていただきました。
その間に、何とか復活した鍵盤楽器で、無事演奏出来ました(^○^)
私のソロは、「さくらら横ちょう」。
何度も歌った曲ですが、咲き誇る桜の中での演奏は、何とも素敵です。
お天気も良かったし、寒くも無かったし、お花見日和でした(^○^)

| | コメント (0)

介護認定の為の面接を受けました。

4月2日(月)
母が、介護認定の為の面接を受けました。
腕を上げたり足を上げたり、立ち上がったり、誕生日を聞かれたり、日常生活の事を聞かれたり…。
足も上がるし、手も上がる。指も動く来れど、立ってられない。
足が前に出ないので転ぶ。
ただ、筋肉が弱いからなのか?
頑張って動いているのに。
認定の時には、頑張ってしまうらしい。
兎に角く、早く訓練を始めたい!

| | コメント (0)

防水シーツがお気に入り。

防水シーツがお気に入り。
姫は、最近ここに居る。
お陰で、バロンの粗相が減ったかも(^-^)/

| | コメント (0)

昨日はお風呂も入ってくれた。

一昨日、泊まりに来て、昨日はお風呂も入ってくれた。
もともと、お風呂は好きだったが、
ヘルパーさんの手を煩わせるのが心苦しいらしく、入れなかったらしい。
「気持ちい〜い!」
を連発。
こんな事でこんなにも喜んでくれるのに、満足行く事をしてやれない事に、
胸が痛む。

兎に角一人では身体を保つことが出来ないので、
常に付いていてあげないと駄目な状態。
何とか転ばせる事無く、完了。

また、来週ね。
次の施設を母も連れて見学に行くことにした。
一つずつクリアしていこうと、母に言いながら、自分にも言い聞かせまている。

| | コメント (0)

毎日が気が重い…。

私達の結婚記念日は、4月7日。
今年は、土曜日なので、主人は休みを取ってくれた。
嬉しいことだが、
私は母のことで、気が重くて、
何処に行きたいか聞かれても、
頭がガァ〜ンとして、考えられない。
私だけ遊びに行くなんて、申し訳ないし、
でも、それを主人に押し付けられない。
早く、次の所が決まってくれないと、
母の所に行くのも、気が重い。
嫌味を言うヘルパーが居て、
それは、母にも聞こえてしまっているのだ。
こんな思いをしなければいけないのか?
お年寄りを敬う気持ちなど、無いのだろうか?
我が家に外泊させても…。
また、ホームに戻るときには、可愛そうでならない。
本人も、何とか言い訳して、帰され無いようにと…。
早く、早く、先日見学させていただいた施設に、入れていただきたい。
明るくて、スタッフが皆さん気持ち良くて…。

母は、あんなに一生懸命私達を育ててくれて、
歳をとったらこれじゃあ、
何なんだろう!!!!!
私達も他人事では無い!
さっさと死んでしまった方が、幸せなんじゃあないだろうか?
とさえ思ってしまう。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »