« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

テーブルに乗るのが何故か許されている!?

テーブルに乗るのが何故か許されている!?
我が家は、猫にもテーブルに乗る事は許さない!
だから、誰も乗らない!
筈なんだけど、
何故か、メイは許されている。
テーブルにと言うより、新聞に、だけどね。
甘いのは、他ならぬ、主人。
メイは、
ここに乗れば、お尻をトントンしてくれると思ってる。
らしい。

| | コメント (0)

ゴミに出しちゃうぞ(~o~)

ゴミに出しちゃうぞ(~o~)
入ると思ったんだぁ(~o~)
ゴミ袋。
ゴミに出しちゃうぞ!

| | コメント (0)

外への憧れ!?

外への憧れ!?
猫は、外をよく眺めている。
外への憧れの様に見える。
ただ、完全室内飼いの我が家では、外は危険のオンパレード!
ここから外に出た前科の有るミミは、目が離せない!
ちなみに、姫もメイも、前科持ち(>_<)

| | コメント (0)

最近バロンは息子と寝る。

最近バロンは息子と寝る。
朝、わたしが起きたときに、
「バロン、チット。」
と声を掛けると、目が覚めるらしく、着替えてから、もう一度声を掛けると、返事をしながら出てきて、トイレに行く。
済ましたら、又息子の部屋へ。
最近バロンは、息子と寝ている。
私たちと寝るときには、メイに占領される場所も、
兄ちゃんとなら、ユックリ満喫!
気持ち良さそうだ(^O^)

| | コメント (0)

爪出てるし…(^ ○^)

爪出てるし…(^<br />
 ○^)
チラッと見えた時には、ウンチかと思った(>_<)
メイは爪を出して寝る。
普段はしまっておくはずじゃあないのかしらねぇ…。
猫は…。

| | コメント (0)

目眩の原因は!?

1月16日(月)
あんまり目眩が続くので、
耳鼻科を受診した。
このまま、ズッと薬を飲み続けるのか?
ズッとスッキリしないままなのかと、不安に成っていた。
聞こえの検査と、昔の漫画に出てくるガリ勉がしているような瓶底メガネをして、頭を振り、目が揺れるかの検査をした。
異常なし。
診断は、ナンと!

「肩凝りは?」
「有ります。」
「当初は確かに、頭位ナンタラカンタラ…だったのですが、今は目眩の性質が違ってきていると思う。
目眩が怖くて…、」
「怖いんです。」
「首から上を動かさなかった事で、凝り固まってしまって起きる、肩凝り性に代わってきたと思うよ。」
「はぁ…!?」
「車を運転しているときには、路肩などに止めて落ち着くまで待つ必要が有るけど、そうでないなら、クラッとしたら、その時にした動きを繰り返してみて、そうすれば、その動きに慣れるから。騙されたと思ってやってみて。
それから、肩をホグス運動ね!
薬ももう呑まなくて良いと思うよ。」
「ヘェ…(~o~)〜〜〜〜〜。」

アァ〜、あの不安は何だったのだろうか…
つまり、大事にし過ぎて、自分で、はまっていったって事!?
なんとアホらしい!

帰りの車の中で、可笑しくて、可笑しくて!
家族に話したら、娘は、大爆笑。
息子は、
「だから、身体を動かせって言ったろう!?」
と、アドバイスに言い返した私に呆れ、
主人は、苦笑していた。

その日から、怖がらずに動けている。
モチロン、クラッと来たら、頭を何度も振ることを怠らない(^∧^)
やり過ぎて、初日は疲れた(>_<)
でも、2日目には、スッキリしてきましたよ!
耳鼻科に行って良かったね(^-^)/
ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ…(>_<)
長い散歩も怖くて、ルナにはフラついて、何度も倒れかかったりして、支えて貰った。
小さい犬だったら、私は倒れていたかもしれなかった!
アリガト( v^-゜)♪
皆に迷惑掛けました。
ゴメンデスm(__)m

| | コメント (1)

初期の白内障。

初期の白内障。
1月8日(日)
主人に言われて、掛かり付けの医者にサリーを連れて行きました。
じっくり診て頂き、初期の白内障であるとの事でした。
それに、7歳のサリーは、遺伝子でも調べなければ、遺伝と云うのは難しいと。
納得しました。
小型犬について、私は知識が有りません。
あまり興味を持って情報を得ようとしたことが無いのです。
ルナは、ボルゾイと見れば、雑誌も本も買い、義妹も気にしてくれているので、
割りと情報は集めましたが…(>_<)
猫はアダルトが、1歳から10歳と書いてあります。
小型犬もそれが目安だとすれば、
7歳でも、遺伝と言えるのか?
白内障の出来方が独特なのか?
等と、まぁ、考えた!考えた!
全くバカみたいでした(>_<)
掛かり付けの医者に診ていただいて、
納得しました。
「そうだよねぇ」
って感じ。
耳の掃除もトリミングでしてくれたのに、
ボロボロ出るし、
参ったよ(^3^)/
サリーも、一日に何度も目玉を見詰められるという生活から解放されて、
良かったね(>_<)

| | コメント (0)

声楽コンクールの受賞者によるコンサート

今日は、声楽コンクールの受賞者によるコンサートに行って来ました。
愛好者部門もあり、楽しめました。
オーケストラをバッグに唱えるなんて、羨ましいです。
でも、合わなくて力が入ったぁ(~_~;)
娘がお世話に成っている先生のお嬢さんは、ダントツでした!
将来が楽しみです!
数年後にはニューイヤー!?
その時には絶対見に行く!

| | コメント (0)

カットは可愛く出来ました。

カットは可愛く出来ました。
サリーのカットは可愛く出来ました。
お尻が魅力的!
「ウンチもオシッコもミルクも付かないように。
足の飾り毛はいらない。
尻尾も短く。
寒くなければ良いです。」
で、こうなりました。
辛うじてチョロチョロと有った耳毛は、
残して欲しかったけど…(>_<)
パピヨンだから…又、伸びるから良いけど…(~_~;)

| | コメント (0)

ショック!!!

今日、サリーのトリミングをして頂いた。
冬だから、手入れしやすいように。
それはいいんだけれど。
行った先は、最近出来た動物病院。
掛かり付けの先生より近くて、
何かの時には、診ていただきたいとの思いも有って。
その何かが、見つかってしまった!
左目の白内障!?
だって、ついこの間、
右目が傷付いて、掛かり付けの先生に診ていただいたばかりだ!
しかも、進んでる?!
遺伝性!?
痛みが起きる可能性!?
網膜剥離の可能性!?
何!?
それ!?
どう言うこと!?


もう、ショックで!!
義父と相談して、見付けてくださった先生にお願いしてみることにした。
犬だから、失明より、痛みが怖い。
定期的に診ていただくにしても、近い方がいいし…。
とにかく今は、
悔しい(^∧^)

| | コメント (0)

ルナ、あむして!

ルナ、あむして!
ルナ、あむして!
12月
今年も、妹が犬達におやつセットをくれました!
大好きな骨!
でも、サリーにも上げたい私は、
少しだけ割ってあげるのですが、
何しろ骨ですから、
中々人間の手などでは無理な話で、
目の前にいる強力な顎を持った奴に、頼むことにしています。
それも、大分前に始めた事なので、
ルナも要領を飲み込んでくれるようになり、
大好きな骨を前にして、
何を言われたのか理解できず、
いきなりガブッと噛みきって、食べてしまうことも無くなりました。
チャンと私を見ながら考え、少しずつ力を入れて離してくれます。

賢いねぇ〜、
有賀とねぇ(^○^)

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »