« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

撮って、撮って!

撮って、撮って!
化粧品やお花を買うときにはいつも、こちらのお店です。
ここは、ミミの実家でもあります。
犬も猫も好きな皆さんですが、熱帯魚も大好きだそうで、
大きな子達が、何匹も居ます。
この子達は、。
眺めていると、グレーの子の、細長い口の下を、丸い子が、横に寝そべりながら、クグルという芸を披露してくれます。
そして、こちらを真っ直ぐに見て、「どや顔」の丸い子。
「凄いねぇ!」
って誉めたら、
二匹ならんで、シャッターチャンス!

| | コメント (0)

文!?

文!?
夕べ夜遅く、
「フギャー〜〜!!」
というメイの声。

見ると、
毛を逆立てて、出窓から外に向かって威嚇している(~_~;)
「猫が居るんだな。」
と、覗いてみた。
「文!?」
一瞬、思った!
顔の模様や形がそっくりだ。
急いで、息子を呼んだ!
「文ソックリ!」
「ホントだ!!」
しばし、眺める。
ガラス越しに、三倍位に膨れているメイをヨソに、
二人で感傷に浸る。
窓越しの猫は、メイも私達も恐れることなく、
ズッと覗いている。

もしかして、文の兄弟姉妹で、
「あそこん家に行くと、
大事にしてくれるらしいぞ!」
なんて噂になっていて、
訪ねてきたのかな?
なんて…。

いやいや、これ以上は無理(>_<)

あれから、5ヶ月が過ぎようとしている…。

| | コメント (0)

惨状2

惨状2
惨状2
惨状2
実家にやっと行って来ました。
家自体は、チャンと立っていました。
写真は、
お勝手、私の部屋、床の間、茶の間です。
一番心配していた、ピアノ、液晶テレビ、冷蔵庫は、一人歩きをしていましたが、無事でした。
特にピアノは、2階に有るので、倒れていたら、床を突き抜けているのではないかと思っていたけど、
良かった。
でも、割れた人形ケースや食器が散乱して、とてもとても素足では歩けない状況に、
何処から手をつけたら良いものか、しばし、茫然。
一日目は、とにかく寝る場所を確保しようと、倒れたものを起こし、割れたものを始末しました。
二日目は、割れてヒビのはいったお風呂場のタイルを主人がパテで埋めたり、散乱した本をまとめたり。
(また倒れるかもしれないので、ただ積み重ねた。)
ガスやさんに確かめたら、ガスも大丈夫だとのこと。雨が降っていたけど、
雨漏りも大丈夫みたい。
二日間で、
大分元の位置戻せたと思うけど、まだまだ片付きません。
あらゆる物が動いているようでしたが、中まで全部はは確認できませんでした。

それから、お墓に行き損なったので、次に行かねば!
スーパーにも行ってみましたが、足りない者は電池くらいで、こちらと変わりません。

お隣の方と話もできたし、
何だか安心しました。
でも、瓦屋根は落ちてしまったり、1階が空洞のお宅は傾いたり、
兎に角すごい揺れだったのが、解ります。
これから、どれくらいで直るのか…。

| | コメント (0)

実家に行ってきます。

ご近所の方に、水などを持って行きます。
放射能の心配もされているだろうから。
家はどうなっているだろう。
気が重い。
私の育ったあの家は。

| | コメント (0)

「くるねこ」7巻、出ました!

まずビックリしたのは、
3月11日に起こった震災に対しての、12日に海外から来たと言うメール文が、
差し込んで有ったこと!
それを印刷してから製本して発売したわけで、
その心遣いと、スピードに、
「凄いなぁ〜。」
と…。
日本は、凄いぞ!!
今度の土日で、実家に行きます。
中はグチャグチャだろうけど、
チャンと建っているそうだから、
どうってことないな!
親戚も皆無事だったんだもの、
何とか成るな!
日本は凄いんだぞ!!

| | コメント (0)

あんまりにも酷い(~_~;)

ルナと写真を撮った(^o^)
ルナの頬に、部(^3^)/ってしているところ!
なかなか上手く納められたと思った。
私は、ノーメイクだったけど、
サングラスをしていたから、
大丈夫かなと思った。
でも…、
…酷い(~_~;)
ルナは良い感じで、上手くとれているのに、
私が、酷い(~_~;)
アァ〜…これでは、人様に見せられない…。
残念( ´△`)

| | コメント (0)

メイの我が儘振りも復活(>_<)

メイの我が儘振りも復活(>_<)
バロンが退院して、約二週間が過ぎ、
猫,sにも、日常が戻ったようです。
ただ、メイの我が儘振りも戻り、
バロンにストレスが掛からないかと心配しています。
ベッドの上のブルーのカーデガンは、夜寝る前にバロンがここで寝るようにと、
置いたものです。
朝、
それを座って、
ジッと見詰めているメイに、
「兄ちゃんが寝ているんだから、邪魔しちゃダメよ!」
と念を押して出ましたが、
案の定、
次に部屋に行った時には、
こうなってました(^_^;)
何時ものように、寝ているバロンに噛みつき、
どかしたんだと思います。
動物とは面白いもので、
血の繋がりなどないのに、
長男は長男の様に、
末っ子は末っ子の様に育つものなのですね。
不思議です。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »