« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

ルナは、コストコのパンが大好物!

ルナは、コストコのパンが大好物!
会員制のスーパー、コストコをご存知ですか?
アメリカ資本だと思いましたが、大量に購入する事によって、安くなる会員制のスーパーです。
そこに娘が、友人と行くと言うので、パンを買ってきてもらいました。
前に頂いて、皆の評判が良かったので。
特にルナ!
「待て」をかけたのに、一つくわえてからチットに走りました(>_<)
「駄目でしょう(┬┬_┬┬)」
と言う私に、素直に渡してくれましたけどね(>_<)
おやつに最適です!

| | コメント (0)

姫、メイを威嚇(>_<)

姫、メイを威嚇(>_<)
胃カメラ検査から帰ってきたメイをいきなり威嚇!
病院の匂いでもしているのか?
バロンが割って入り、なだめようとしている様子。
でもいっこうに収まらない。
そんな姫を今度は、バロンがたしなめる?
三匹パニック!
傷付ける様ではいけないので、何とかバラバラの部屋に入れて置きたいが、言うこと聞かず(>_<)
暫く様子見。
帰宅したばかりは、メイも興奮状態。それに、麻酔がまだキレないらしくフラフラしている。
隔離しておきたかったのに、隙をついて、私達の部屋に飛び込んでしまった。
姫の怒りは、二日位続き、四日目の昨日は、落ち着いて寝ていた。
良かった)^o^(

| | コメント (0)

バロン、主人の横で寝る。

バロン、主人の横で寝る。
何時もは、主人の足元で寝るバロン。
明日胃カメラ検査を控えて、今夜から絶食のミミが、娘の部屋に隔離されているから、遠慮しなくていいと思ったか、
主人の脇で寝ている。
嬉しそうに、
声を凝らしてミミを指差し、私に教える主人。
「コレ、コレッ!」
弾んだ声。
何故、私の方じゃあ無いの?(−_−メ)?

| | コメント (0)

メイ胃カメラ呑む事にした(:_;)

メイ胃カメラ呑む事にした(:_;)
昨日、ツンとした針状の異物(多分麦の穂)を吐いてから、良くなるのかと思ったが、
「ウクッウクッ…。」
を、まだやるメイ。
受診。
「体重も減ってますねぇ。300㌘位…猫の300㌘は大きいです。何だか気になりますねぇ…胃カメラをやらせてください。」
全身麻酔のリスクは有るが、私もただただ心配して、手遅れになることだけはしたくないので、
お願いした。
同時に血液検査もしてくださるので、安心だし…開腹する訳ではないし、虚勢したときに、全身麻酔は大丈夫だったし…。
と自分に言い聞かせる。
今までの子達が頭をよぎる…。
原因が判らない内に急変して逝ってしまった「ミルク」。
何だか変だと思った時に、血液検査さえしていれば、
おそらくFIPだろうと言う判断しか出来なかった「来夢」。
肺に水が溜まって苦しかったろうに、私の判断が甘かったからだ!
犬も猫も、物言わぬ。
「気が付いた時には、遅かった!もっと早くしてやっていれば!」
という思いは、
もうしたくない!
何でも無いことを祈って…。

| | コメント (0)

エェ〜!!ルナもぅ〜!?

エェ〜!!ルナもぅ〜!?
エェ〜!!ルナもぅ〜!?
犬舎から出て来るときに、
「キャ〜ン!」
と言ったそうだ。
私が帰宅すると、主人が寝転がるルナを心配そうに観ている。
右前足。
間接は痛がらない。
右脇のシコリがなにがしかの作用を及ぼしているのかと心配になる。
でも、特に気にはならない様子。
後ろ脚のように、肉球にヒビでも入ったかと診る。
嫌がって、私の右手をくわえる。
(傷は付きませんが、かなり痛い(ノ_・。)何しろあの口ですから。)
何度も噛まれている主人が、心配する。
大丈夫。私を傷付ける程の事はしない。
いや、覚悟は出来ている。と言うべきか(>_<)
朝晩、お湯で濡らしたビショビショのタオルで温め、肉球をマッサージ。
オイル等で保湿。
昨日は犬用の保湿剤を買ってみた。アンメルツみたいな使いがってで、やりやすい。
段々善くなっているように思うが、受診も考えないといけないか…。
チャント診せるかなぁ…。(-.-;)
段々ピンポインとがが判ってきた。右外側の爪の付け根が痛いらしい。引っ掛けたか。
爪を切ってみた。

| | コメント (0)

今日はサリーだけ!

今日はサリーだけ!
ルナは、主人が連れていったので、今朝はサリーだけのお散歩!
(サリーは、主人とは行きたがらない(>_<))
サリーだけだと、何時もは近付けない擦れ違うワンコ達にもご挨拶(^O^)/
こんなに近くで見るのは、初めての子達!
みんないい子だなぁ〜(^O^)/
サリーの耳も赤みが無くなったよう。
メイと一緒にもう一度、受診します。

| | コメント (0)

メイは、まだスッキリしないみたい(>_<)

メイは、まだスッキリしないみたい(>_<)
昨日はまた、吐き気が強くなったようで、ズット変な顔をしている。
時折もどうそうとするけれど、駄目(>_<)
始めの頃よりはいいけど…。
受診したほうがよさそうだ。

| | コメント (0)

初鶯!

初鶯!
昨日、酒勾川の土手の辺りで、鶯が鳴いていた。
初鶯!
まだまだ練習中の初々しいリズム(^O^)
菜の花が咲き、木蓮も盛りの季節。
今年も、庭に遊びにおいで(^O^)

| | コメント (0)

メイ、落ち着いて来ました)^o^(

メイ、落ち着いて来ました)^o^(
メイ、落ち着いて来ました)^o^(
まだ、食べながら、
「ウッ…。」
なんてやっていますが、
大分良くなったかな。
昨日も注射をうっていただきましたから。
ちなみに体重は、4.06キログラム。
大きくなりました。
もう、2歳に成りますからねぇ(^O^)/
心配して近付く姫に猫パンチしたり、箪笥の上の巣にも行くようになったし…。
大丈夫かな。
今回の事で判ったことの一つに、
「メイが手を出さなければ、バロンと一緒に寝れる。」
「メイが手を出さなければ、姫も側に居たい。」
でした(>_<)
メイが枕にしているのが、バロンのお尻で〜す(^O^)
滅多に見られない憧れの、
「ツゥーショット!」
鼠についても、聞きました。
猫も、鼠から感染する病気が有るそうです。
感心してばかりもいられないf^_^;

| | コメント (0)

ハンター、メイ!

ハンター、メイ!
夜、食品棚の中をしきりに気にしていたようです。
そして、本能が目覚めた!?
「ハンター、メイ、鼠を捕る!」
何かを転がして遊んでいる位にしか思っていなかった娘と、
あんまり夢中になっているので、覗き込んだ私は、
「ギャー!」
まだ、息が有りましたが、あとは主人に任せました(>_<)

それにしても、こんな時には、姫だけが役に立つと思っていたけれど、中々やるよねぇ〜。
鼠さん、ゴメンナサイm(__)m
決して嫌いでは有りません…人間のエゴと言われたら、帰す言葉も有りませんが…φ(.. )

| | コメント (0)

雨が中々あがらないので。

雨が中々あがらないので。
庭で遊んでやることにしました。
引っ張りっこ!
犬は大好きですよね(^O^)/
でもルナは直ぐに歯茎から血が出るんです(>_<)
それでもテンション高く、暫く相手してくれましたよ!

| | コメント (0)

我が家のチンチラは2,5キログラム!

我が家のチンチラは2,5キログラム!
猫種的に大きい子は除いて、基本的に長毛種は、軽いのか、
我が家の、チンチラシルバー「姫」も2,5キログラム程度(来夢も小さかったけど…(;_;))しかない。
これは、病気になったりしたら、心配な数字。あっという間に先生に言われた危険値2キログラムを切るので、とにかく、何でも食べられるようにしておかなければと、心掛けている。のだが…。
「くるねこ大和」さんのご実家の長毛種の子は、ナント1,9キログラムだそうで、「最小かつ最強!」だと、書かれている(^O^)/
それでも、大丈夫なんだ(^O^)/
と、何だか安心した)^o^(

| | コメント (0)

ボルゾイは指人形がお好き(>_<)

ボルゾイは指人形がお好き(>_<)
これは、指人形です。
そうは見えないかもしれませんが、そうなんです!
緑の濃い部分は、裏地だったんです。
何度か修繕しましたが、諦めましたf^_^;
始めは、人間が手にハメテ、遊んでやるという、普通の使い方で遊んでいましたが、
ボルゾイはこれをくわえて、
ブルン!ブルン!振り回すのが、堪らなく楽しいらしいのです。

危険です(>_<)

そして、長〜い足で押さえ込み、長〜い口でくわえ、ビリビリと引っ張ります。
この子が形を留めているのは、あと少しでしょう。
まだ、モッタ方です( ̄▽ ̄;)

| | コメント (0)

ルナ、投げ餅にかぶりつく( ノ><)ノ

ルナ、投げ餅にかぶりつく(<br />
 ノ><)ノ
実家から帰る車中、事件勃発!
葬儀の最後に行う「投げ餅、投げ銭」(上棟式や高齢の方が亡くなった場合などに、行う風習で、家族側が投げ、皆で拾うんです。)
で拾った餅を、後ろの座席から見付けたらしく、
何だかクチャ、クチャとやっていたんです(>_<)

私は、ルナには、「アウト」を教えてあります。
危険な物を口にした時には、チャント渡してくれるようでなければ、困るから。
ケンタッキーの骨をくわえて嬉しそうに跳びはねていた時も、馬の踝の骨をサリー用にかみ砕いて欲しかった時も、
大好きなオモチャも、素直に渡してくれる。
そんな子なのに、
口を開かないf^_^;
確かに、米が大好きな子なので、気持ちは解りますが、
直径7㌢程も有る丸餅。
いくらボルゾイの口でも、脇からはみ出すほどの大きさです。
そのまま飲み込んだりしたら…腸捻転をお越しでもしたら…と、気持ちは焦る。
はみ出した部分をちぎってみたり、「小さくしてあげるから、寄越しなさい!」
等と、宥めたり、すかしたり…(゜▽゜)
ソウダッ!
パンが有った!
クリームパンの良い匂いでつり、離させよう!
「ほぅら、美味しいよぉ〜!交換しようよ〜!それ、頂戴!」

考えるボルゾイ!?
ルナの判断は、ナント!
「餅をくわえたまま、空いている口の先の方で、クリームパンもくわえる!」
だった(゜o゜)\(-_-)
エ!?エェ〜!!!
それじゃあ益々危険度が増す!

又、クチャクチャとやりはじめたルナ、
「とにかくかみ砕いてくれればいいか。」
と、諦めたf^_^;

私の自由が利けば、口をこじ開けててでも取り上げたのにィ!
助手席に座って、膝にサリーを抱いていた私は、上半身だけを捻り後部席のルナに向かって、右手で口の餅を掴み、左手でパンを鼻先に差し出し、その左肘では、不安定になり、あたふたするサリーの身体を私の身体に抱え込むようにブロックしているので、
万が一の時に、対処が出来ない!
クッ、悔し〜い(゜▽゜)
被っていたビニールも器用に外し、大好きな餅を味わったボルゾイは、次の日も、お腹にも来る事なく、
夜中も様子を見に行った私の心配は、空振りに終わった。
良かった…(┬┬_┬┬)

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »