« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ボルゾイ「ルナ」、また、猫に引っ掻かれる(>_<)

ボルゾイ「ルナ」、また、猫に引っ掻かれる(>_<)
夜でしたので、見にくいですが、ルナの長〜い鼻です。
引っ掻かれて、血が出てます。
結構、深かったf^_^;
散歩から帰ったら、よりによって、庭に猫(ノ><)ノ
逃げるまで待っていてあげたのに、まだ居たらしく、ルナの威嚇にもメゲズ、応戦!
狭い場所に首を突っ込んだボルゾイの不利な立場を全く理解しないルナは、
又また、鼻から出血!
懲りないねぇ〜f^_^;
「目を遣られたら、どうすんの(−△−#)!」

| | コメント (0)

超大型犬は、蝸牛を、食べますよねぇ〜(T_T)

超大型犬は、蝸牛を、食べますよねぇ〜(T_T)
超大型犬は、蝸牛を、食べますよねぇ〜(T_T)
私は、信じていたんです。
ウン十年前にカルピス劇場で放映された、「アルプスの少女ハイジ」。
お祖父さんの犬「ヨーゼフ」。
確かに彼は、セントハーナード。
超大型犬!
何時も、蝸牛を食べていた。
美味しそうに。
憧れの犬「セントバーナード」!
「大きな犬は蝸牛を食べる。」
イタイケな私は、信じましたよ!
そして、ナント!
私も飼うことになった超大型犬!
種類こそ違えど、試してみなければ!

もう、22年も前にやってみた事を、思い出した。
道路に這っていた蝸牛を葉っぱに逃がし…イヤ、その前に、もう一度試してみたくなった。
ルナを呼んで、
「ホレッ!」
興味無し…。
シツコクしたら、臭いは嗅いだ。
…嫌な顔された…(-.-;)
アァ〜…そう…ヤッパリ…ネ…。( ̄▽ ̄;)

| | コメント (0)

夜の散歩も、暑いねぇf^_^;

夜の散歩も、暑いねぇf^_^;
梅雨が明けて、暑くなりました。
今まで涼しかった夜の散歩も、蒸し暑さで、ルナはバテ気味。
扇風機が欠かせません。

| | コメント (0)

サリーと高萩へ(^O^)/

サリーと高萩へ(^O^)/
今回は乗車人数が多いので、
サリーだけ連れて、来ました。
小さいので、楽チンだわぁ〜。
パーキングエリアのドックランでも、危険性が無いので、気が楽ぅ〜(^O^)
小さな子が近寄っても、安心だからね。
むやみに吠えたりしないし、
いい子でしたぁ〜(^O^)/

| | コメント (0)

カンナが咲きました(^O^)/

カンナが咲きました(^O^)/
花は淡い方が好きだったのですが、カンナは別!
小さい頃に呼んだ物語に出て来た花。
色は朱に近い赤でなければならない。
わざわざ、株分けしていただいた。
雨露に濡れて、
美しい。

| | コメント (0)

トマト、なったよぉ〜!

トマト、なったよぉ〜!
主人が初めてプランターで育てたトマト!
こんなに立派になりました!
キレイねぇ〜!

| | コメント (0)

久しぶり〜(^O^)/ ルナとサリーと散歩!

久しぶり〜(^O^)/<br />
 ルナとサリーと散歩!
久しぶり〜(^O^)/<br />
 ルナとサリーと散歩!
昨夜、帰って来ました。
ルナ、サリー、バロン、姫、メイ、ミミにご挨拶。
ウゥ〜〜、淋しかったよぉ〜!
今朝は二匹とお散歩。
大歓迎!
これ!これよぉ〜!

| | コメント (0)

母が育てた花達。

母が育てた花達。
店先や家の周りで、母が育てている花達。
カラーは、私達からのプレゼント。
毎年咲かせてくれている。
「今年は、二つ咲いたのよ!」
声を弾ませて、報告が来た。
暫く水やりが出来ないが、
梅雨時で良かった。

| | コメント (0)

入院4日目。不安感続く(>_<)

今朝7時過ぎに、母から電話〓がかかって来ました。
7時過ぎるまで、かけるのを我慢していたのだと思いました。寝ているかもしれない私を気遣って。
「今日、帰るんじゃあないよね?37度の熱が有った時に手術したのよ。今朝、37度8分の熱が有るのよ。それを、あんたから言ってくれない?先生には会えないし…。」
熱は看護師が計って行ったのだし、それらの判断は病院側に委ねるしかないのだと思いますが、
母の不安感は大きく、その辺りのケアもしていただけないとなぁ。
と思いました。
「土曜日まで居るから大丈夫。チャント言っとくから。熱はあれだけの手術をしたんだから出るよ。大丈夫だよ。」
「うん…。」
それで、ある程度納得してくれる母。
「お熱出てるけど、何々のせいだから、この位は大丈夫だよぉ。」とか、
「先生に相談してみるねぇ。」
とか、看護師も言いようが有ると思うんだけどね(-_-)
何だか事務的で…。
外来のスタッフは皆感じが良かったのに…だからここに決めたのに…。
耳も遠くなっている高齢な方が多いのにネェ(┬┬_┬┬)

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »