« アッ…??(゜ Q。)?? | トップページ | 姫、脱走!2 »

「姫」「バロン」脱走!Ⅰ

昨日の夕方。

私と娘は夕飯の支度をしていて、主人は「ルナ」の散歩に行っていて、部屋は無人。網戸の状態。

散歩から帰ってきた主人が、「脱走した!」

と大声でみんなを呼んで、それから大騒ぎ!

脱走犯「バロン」は、屋根の上で確保!

その時、主人の右手を思い切り引っかいた!

脱走犯「姫」は、私が見たときには、隣の庭を闘争中!

呼んだけど・・・。

下に降りて追跡。

猫がたくさんのお宅の庭を縦断したところで見失う!

それから、母も加わり(お義母さんアリガト<m(__)m>)暗くなるまで探したけど、気配をまるで感じなくなってしまった。

どこかに潜んでいるのだろう。こんな時、訓練した犬とは違い、探せば探すほど隠れるのが猫だ。

いったん中断して夕食をとり、(マッタク食欲無いけど・・・。)

再び捜索開始。

でも、見つかるのは他の子ばかり。

「とにかく部屋で待とう!」

そのほうが良い。お腹が空けば帰ってくるだろう。

「明日、ポスターを作ろう。」

と早々部屋に上がる。

夜中2時ごろ。

軽い体重の子を思わせる足音。窓から一階の屋根を見つめる「バロン」と「メイ」。

そっと覗く・・・。子猫!?鯖虎白のきれいな子。

鰹節を置いておいたので、食べに来たのね。

でも、「姫」じゃ無い・・・。

それからは心配が一杯になって、マッタク寝られない。

「どこかにハマッテシマッテ、抜けられずに泣いているんじゃァ無いのか。他の子と喧嘩して怪我したんじゃァ無いのか。屋根伝いに降りたものの、上がれないんじゃァ無いのか。追いかけられて、家が解らなくなったんじゃァ無いのか。車に・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

もう、耳をそばだてて、少しでも音がすれば見に行った。

しばらくして、大きな猫の足音がした。隣の子だ。

「バロン」と「メイ」に緊張が走り、何時もの様に、窓越しの大喧嘩!

急いで「メイ」を娘の部屋に非難。

Dvc00157

|

« アッ…??(゜ Q。)?? | トップページ | 姫、脱走!2 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アッ…??(゜ Q。)?? | トップページ | 姫、脱走!2 »