« 姫脱走!4 | トップページ | 歯を抜いたよぉ〜(>_<) »

姫脱走!5

食欲も有り、だいぶ落ち着いてきて、

「これで懲りてくれればいいがなぁ・・・。」

なんて言っていたのに・・・。

夕方、仕事をしていた時に、

なんだか随分尻尾の付け根の辺りを舐めるなぁ~・・・・と思い、

ハッっとしました。

赤い血が見えたんです!

Dvc00166 慌てて抱き上げ、見てみると、明らかに、深い傷を見つけました。

肛門!?イエッ、直ぐ横です!

しまったぁ!

私の馬鹿者!気付いてあげられなかった!

バロンに足を触られて「ビクッ」っとしていたのは、

痛かったからだッたんだ!

時計を見ると、4時。

かかりつけのお医者様の診療時間は終わっています。

注意深く見ていると、特に歩行に支障は無いようです。

痛がっている様子も見受けられない。

そちら側を下に寝ていることもある。

出血も、大量ではありません。

(猫は強い。)

これから、救急病院に連れていくより、明日まで待って、掛かりつけに行こうと思いました。

ただ心配なのは、きちんと傷の具合を確認できないことです。

触ると痛がるので、娘に抱いてもらい見ようとしましたが、うまくいきません。

とにかく無理せず、先生に任せようと思いました。

そして、今日、受信。

長い毛を掻き分けたら、かなり深い傷でした。

痛々しく、悲しく、悔しくて・・・。

「脱走したの?」(先生)

「エェ・・・網戸を自分で開けたみたいで・・・気を抜きました・・・。」

そう、私が、あの時サッシをしっかり閉めていたら、

こんな目に合わすことは無かった・・・。

ごめんね<m(__)m>

肛門の近くは、縫うと排便に影響があるかもしれないということで、様子を見たほうが良いそうです。

その朝、排便も出来ていたので、化膿止めの注射をしていただいて、薬を貰い、様子を見ることになりました。

(「姫」の治癒力に期待!)

「噛まれましたね。あまり舐めるようなら、カラーですね。」

との事でした。

後は、感染症の心配

「潜伏期間の事も有るので、検査は半年後くらいでないと・・・。」

半年かぁ・・・長いなぁ・・・。

今は、私の鏡台の椅子の下に眠っています。

ここは、逃げ込むようなことが有る時に身を潜める場所です。

少なからず、心にも傷を負ったようです。

その近所の雄猫は、毎日のようにこの2階に上がって来ます。

マーキングをし、ベランダでくつろいでいたりします。

彼にとっては、ここも縄張りなのでしょう。

私は、「来ることはかまわないけど、マーキングは困るなぁ・・・。」

程度に思っていました。

でも、それは段々頻繁になり、

その度に、我が家の三匹は毛を逆立て、興奮して、メイとバロンは喧嘩をしたりするようになってしまいました。

我が家の子達にとっても、まさに縄張りなのです

実際、メイがバロンを引掻いて傷を付けた事も有り、直ぐに三匹を別々にしなければならず、私が居ない時に傷つけあったりしたらと、最近はカーテンも開けられません

「せめて、虚勢だけでもして頂けないかなぁ・・・。」

と、願っています。

(野良猫なら、自分で連れて行ってしまう事も出来るのに・・・。そうも行かないし・・・。)

そして、「姫」の傷が何ていうことなく治ってしまって。

感染症も貰ってきていませんように。

祈るばかりです。

|

« 姫脱走!4 | トップページ | 歯を抜いたよぉ〜(>_<) »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姫脱走!4 | トップページ | 歯を抜いたよぉ〜(>_<) »