« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

ママ、ママ…。

ママ、ママ…。
私、サリーをだっこしてまして、顔を近づけるルナと二匹を一緒に撮りたいと思ったんですが、
サリーは完全にルナに隠れてしまったf^_^;
「アリャ!」
と思ったけど、
ルナの表情があまりにも豊かなので…。

ママを愛してるのネェ〜!

| | コメント (0)

寝顔が、恐い( ¨;)

寝顔が、恐い(<br />
 ¨;)
普通、寝顔って可愛いですよね!
でも、メイのこの寝顔。
歯をむいて、舌出して…。
恐い…( ̄▽ ̄;)

| | コメント (0)

カーテンの間がお気に入り!

カーテンの間がお気に入り!
最近は姿が見えないと、カーテンの間に居ることが多くなった。
覗く私を見付けて立ち上がる姿が、あんまり可愛いので、パチリ!
それにしても、ボロボロのカーテンf^_^;
犯人は、メイだけどね(:_;)
そろそろ替えてもいいかなぁ〜。

| | コメント (0)

日差しが暑い!?

日差しが暑い!?
ルナの散歩が行けないので、庭で遊んでやる。
ただ離しただけじゃ、側を離れなくて、少しも運動に成らないので、オモチャを投げてやる。
「ダダダァー!」
っと走り回り、犬舎の方に行ってしまう!?
呼んでも、少し手前までしか来ない?

…アァ!日陰から出たくないんだ!
日差しが強くなったねぇ(^_^)

| | コメント (0)

抜糸しました(^O^)/

一週間たち、抜糸しました(^O^)/
まだ、腫れてるけど、お水も使えるよぉ〜!
傷も、マァマァ綺麗な方よねぇ。
お医者様に、
「まだ〜握れないんですよぉ〜。」
って言ったら、
「そんなに動かしちゃダメだよ!」
と、強くおっしゃった後、苦笑されてましたf^_^;

ちなみに、夕べは主人が早めに帰って来てくれたので、ルナの散歩に一緒に行きました。

可愛いルナ。
ママ、早くリードが引けるようになるね(^人^)

| | コメント (0)

サリーのケーキ!

サリーのケーキ!
妹が、サリーのお祝いにケーキとクッキーを持って来てくれました(^O^)/
これは、サリーもルナも大好き(^O^)/
大きさからいって、ルナがほとんど食べさせて頂きまぁす\^o^/
アリガト〜!

| | コメント (0)

心配してくれるなら、触らないで!

心配してくれるなら、触らないで!
散歩に行けなくなって、夜は主人や息子に頼めるが、朝は皆忙しいので、庭で遊んでやる。
撫でるときにも、左手をかばいながら。
ルナは、解っているのか、包帯巻いた手が珍しいのか、ワザワザ鼻先で突いてくる(>_<)
「痛いよ!止めて!」
と、なるべくルナから離すけど、飛び上がっても触りたいらしいf^_^;
誰のせい!?

| | コメント (0)

サリー、四歳\^o ^/

サリー、四歳\^o<br />
 ^/
5月26日
サリーも四歳に成りました(^O^)/
先日の予防注射の時には、5.16㌔あって、相変わらずデカパピだけど、
元気ぃ〜\^o^/
いつも一生懸命の可愛いサリー!
オメデトウ\^o^/

| | コメント (0)

バロンに怒られる(;_;)

左手が鬱血してしまうので、なるべく心臓より高くとは思うが、それでも怠い時には、高く挙げる。「ハァイ!」って感じ。
すると、バロンが私の横に来て、
「フギャァ〜〜〜!」
「何やってるノォ!?」
って感じに聞こえるf^_^;
ママさぁ、手が怠いのよぉ〜、いいじゃないのさ、挙げたってぇ!

| | コメント (0)

大分、楽になりました(^O^)/

三日目になり、大分楽になりました(^O^)/
全く力が入らなかったのが、何とかヨーグルト位なら持てるようになりました(^O^)
車の運転が出来ないのが、とっても不便だけど(-.-;)、
チョット安心。

| | コメント (0)

ルナに「今頃心配しても、しょうがないでしょ!」

噛まれた時の状況は、よく解らない(>_<)
何しろ転がされてしまったので、私は噛まれた瞬間に、ルナであることを確認しただけだ。
今日、医者に行ったら、看護師さんも自分の犬を守ろうとして、ナント猟犬との間に入ったらしい(>_<)
結果は…、
「足の踝に噛み付かれ、放してもらえず、飼い主が来るまで耐えた!」
そうです。
ヒェ〜!怖かっただろうなぁ〜。
「噛まれた時、放さないでしょう!?」
イヤッ、直ぐに放してくれたなァ〜。
私も何か叫んだので、多分その瞬間に、私だった事に気が付いたんだろう。
何て言ったんだろう…?

その場に居た娘に聞いてみた。
「『ノォ!!!』
って言ってた。
(チャント、コマンドを言っていたらしい。私、エライ!?)
それから〜、お座りして、シュンと心配そうにママを見上げるルナに向かって、
『今頃心配しても、しょうがないでしょ!』
って言ってた。」
アァ〜ッ…そう…そんなこと言ってた〜。
「心配してたのに、ルナ可愛そう!」
だって〜!

娘よ!
私はァ〜(?_?)

| | コメント (0)

イヤァ〜、不自由だわ〜f^_^;

夕べは痛み止めを飲んで、冷やして寝たので、
グッスリ。
朝目覚めて、まともに起きられるかと、身体中を確認してからそっと起き上がってみたが、
フラフラもなく、何でも無い(^O^)
私って、頑丈だワァ〜!
ただ、やはり左手が腫れて力が入れられないので、
右手だけでのルナの散歩は、心配だった。
昨日のような事態には、到底対処できないので、なるべく人が居ない田んぼ道を歩いた。
「猫なんか飛び出して来ませんように」と、祈りながら…。
ルナは、私に噛み付いてしまったことが解っているのか、
私の腰に、ピッタリ着いて、アイコンタクトバッチリで歩く。
「グゥ〜。」
の連発!
でもやはり、黒柴が吠えて来た時には、意識が行く。「だからお前はダメなんだ!」
と、思わず叱る!
ピタッと座り、従順なルナ。
可愛い愛犬よ、お前もショックだったのか…。

| | コメント (0)

とうとうルナにヤラレタ!五月は最悪!

暫く座り込んでいたら、チャント見えるようになったので、
又歩き出した。
…やっぱり、ダメ〜!
頭は打ってなかった筈…なのに…。
やっとのおもいで家にたどり着き、ルナは「ハウス。」でとにかく犬舎に。
息子をたたき起こし、医者へ。
「膿んじゃうからねぇ、縫いたくないんだけどねぇ〜。これは縫わないとね〜。」
家で一応消毒した時に、かなりエグラレテいたのが、数ヶ所(全部で七、八ヶ所)。
その内、手首のそれは5㌢程有り、私もそうしなければならないと思っていたし、血が止まらないのも困るので、お願いしました。

今の医学は素晴らしいですね!
麻酔は直ぐに効き、処置していただき、
その頃には、大分落ち着きました…。

ルナは…………。
シュンとしてますよ。大変な事をしてしまった事が、解ってる。
「ママは大丈夫よ…(頭を垂れるボルゾイ。)大丈夫だから。」

麻酔が切れて、痛み止めを飲んだけど、
何とか大丈夫かなo(^-^)o不便だけどね(>_<)
私、今思っています。
「この傷が、何時か私の宝になるだろう。
ミルクが着けた右手の傷が、今そうであるように…。」
と………。

| | コメント (0)

とうとう、ルナにやられた!最悪の五月!?Part2

ルナは私の手を傷つけている事は、意識が無かっただろう。
次の瞬間の、
「ルナァ!ノォッ!」
(何時もより、高い声の自分に、チョットビックリ!でも通じたらしいf^_^;)の声を聞くまでは…。
シュンとするルナに、もう一言言おうとして、自分の身体が普通でない事を感じた。
左手は血が流れ、フラフラで立ってられない!
噛み付かれた時には、そんなたいした衝撃には思わなかったが…。
目の前の塀に捕まり、
「ウゥ〜ッ…。」
っと思わず唸ってしまった。
その間も、横を通る人達に、ルナが行ってしまったりしない様に、引こうと思ったが、
左手がきかない!
参ったぞ!
ハッとして、
シェルティの飼い主さんに、
「大丈夫ですか!?」
自分の事で精一杯で、気が付くのが遅くなった(>_<)
「大丈夫みたいです…。」シェルティを見て下さりながら、おっしゃって下さって、ひとまずホッとしたp(^^)q
心配する娘をとにかく仕事に行かせ、
ルナを連れて帰らなければと歩き出したが、
目の前がまともに見えない。
真っ暗にはならないが、網が掛かっている感じ。
これはマズイと、道端に座り込んだ。
ルナに「お座り。」のコマンドを掛け、
まだ家に居る息子に電話をした。
出ない…何度もかけたが…出ない…。
キィーーー。
これは、自分で何とかしなければ!
だけどフラフラして、思い通りにならない身体。
ともかく少し休もう。
でも、血は流れる、尋常じゃない私。
噛み付かれた時にもそうだったけれど、
皆さん心配してくださって、感謝。
ただルナ連れでは、助けて下されない(;_;)

| | コメント (0)

とうとう、ルナにヤラレタ!最悪の五月!?Part1

五月になった途端に、インフルエンザにかかり、
やっと喉の調子が゛戻ってきたと思っていた頃の19日(月)には、携帯を水没させたo(><)o
今月は厄月かぁ?
と思いはじめた今日この頃…。

そして今朝。
出合い頭の接触事故!
イェ、幸い車では有りません。
ルナです。
いつもは気をつける小さい路地の曲がり角。
先に覗いてから出ていたのに、
娘を駅まで送りながらなので、気を抜いた(>_<)
なんとシェルティとバッタリ!
黙ってられないルナ!
その後は、身体ごと持って行かれて、頭から転がるように転び、
気がついたら、ルナの下に居た(ノ><)ノ

何故そんな態勢になったのか解らないが、伸ばした左手はルナの口に…。
「ガゥッ、ガゥッ!」
仰向けの私は、自分の左手に、愛犬が噛み付いているのを下から見上げて、
「噛んでいるのは、ルナだぁ…。」
と変に冷静に確認していた。だって、シェルティだったら飼い主さんに申し訳ないから…。
ルナであれば、迷惑かけずに済む。
そう、自分の愛犬であったことにホッとしたのかもしれない。

| | コメント (0)

知らぬ間に、草ボウボウ(:_;)

知らぬ間に、草ボウボウ(:_;)
知らぬ間に、草ボウボウ(:_;)
国道沿いのサイクリングコースは、人も犬U^ェ^Uにもあまり会うことが無いので、絶好の散歩コースだ。
でも、久し振りに行ってみたら、
草ボウボウ〜。
ルナはまだいいけど、サリーは隠れてしまうほどの高さf^_^;
早く草刈りをしてくれぃ〜(^^)\(゜゜)

| | コメント (0)

ボルゾイ「ルナ」、通行人に八つ当たり(:_;)

ボルゾイ「ルナ」、通行人に八つ当たり(:_;)
夕べの散歩は、友人に届ける物が有ったので、
そちらの方へ。
電話をしたら、道路まで出てきてくれた。
その時間は娘の帰宅電車とも重なり、
他の乗客も居るだろうと、口輪をさせたが、
最近使ってなかったので、嫌そうだった。
加えて路地から、吠えながらコーギー登場!
ルナの機嫌は悪くなる一方f^_^;
バタバタ跳びはねようとするのを、抑えに入る私!
その時、直ぐ横を、中年の女性が横切った!
「ウォ!」
そんなに敵意を持った吠え方じゃあ無かったけれど、
超大型犬に吠えられて、かなり驚かれてたf^_^;
「ゴメンナサイ!」
なんてやり取りをしていたら、
友人が、コーギーを追い越すようにこっちに向かって小走りで近付く。
「ワンッワンッワンッ!」今度は、コーギーが友人に向かって吠える!
同じシチュエーションだけど、
大分違うなぁ〜(´Д`)

追伸:興奮している犬(特にルナ。)の側を通る時には、ご用心をお願いします(。。;)

| | コメント (0)

サリーは、ストーカー!?

サリーは、ストーカー!?
私がキッチンに立つと、お野菜を貰えることを期待して、
足元にスタンバイ。
でも〜今日のメニューは天麩羅。
揚げ物の時には締め出されてしまうので、
恨めしそうに監視(´〜`;)

| | コメント (0)

虫食い!?

虫食い!?
虫食い!?
「茄子苗」です。
虫食い?
イエ、
「ルナ食い。」
です。
お祖母ちゃんが「ルナ避け」に、ビニールを巻きました。
でも、
上から頭を突っ込んで食べてます(>_<)
私に見付かると叱られるので、
跳び上がって逃げます( ̄▽ ̄;)
そんなに美味しいのでしょうか…?

| | コメント (0)

夜の散歩で猫に遭遇!

夜の散歩で猫に遭遇!
夜の散歩で気をつけなければいけない事の一つに、
「猫との遭遇」がある。
昼間なら私も見付けやすいが、
夜はさすがに夜行性の犬にはかなわない(-.-;)
田舎は暗いのだ!
それでも、いつも居そうな場所は要チェック!
「ガツン!」と身体ごと持って行かれないための防衛策はただ一つ!
先に見付けて、「待て!」のコマンドをかけておく事!
夕べも数㍍先を、三匹の猫が運動会!
「何か動いた!?」
と、先に見付けたのは私(ヨシッ!)
「待て!」
で、我慢するボルゾイ!
ケッケッケッ…!
今日はママの勝ち( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0)

両手(?)に花!?

今朝目が覚めたら、お又にバロン。
「寒いんだぁ〜。」
なんて思っていたら、メイが頭の所に来て布団に入りたそうなそぶり。
毛布との間に空間を作ってやると、早速潜り込んで来て、腕枕で寝る〜!
起きなきゃあいけないのに、困ったぞ!
ウゥ〜ン…あと5分(#^.^#)

| | コメント (0)

お隣り猫に、バロン威嚇!

お隣り猫に、バロン威嚇!
「ドスン!」
と音がして、お隣り猫登場!
三匹注目!
メイは、鳥を見付けた時のような、甘いとも聞こえる声を出す。
それを聞いたバロン、
空かさず一番前に出て、
「シャー!!!」

お隣猫、退散!
オォー!
やる時は、ヤルネェ!(^^)!

| | コメント (0)

日向ぼっこ!気持ちい〜い(^O^)/

日向ぼっこ!気持ちい〜い(^O^)/
飼い主が花粉症のせいで、春はベランダに出られないバロン達。
久し振りに日向ぼっこ!
気持ち良さそう〜\^o^/

| | コメント (0)

ルナに心配されて…(^_-)- ☆

ルナに心配されて…(^_-)-<br />
 ☆
インフルエンザも、人との接触を禁止された、五日目になり、何とか楽になりました(^O^)/
それでも、その間も犬達の散歩は欠かせず、
中でも、体調の良い者が行ってました。
ただ朝は、誰も起きないので、私の役目でしたけれどねf^_^;

ボルゾイ「ルナ」は、デリケート。
私の体調を感じて、お腹を壊す。
でも最近は大分影響を受けない様になった。
その代わり、心配する(>_<)
歩き出した私の腰の辺りを、遮るように頭を前に出し、見上げる。
普段はそんな事をしない。
「ママ、散歩止めよう!?」
とでも言っているように。
「大丈夫だよ。ありがとね。」
って言い聞かせると、また歩き出す。
明らかに力の無い私は、直ぐに見破られ、
またルナに止められる。
「アリガトネ。でも大丈夫。あの橋までね。」

犬U^ェ^Uとは、なんと愛しい存在か!
ママは幸福者よ(^_-)-☆

| | コメント (0)

5月にインフルエンザ。

5月にインフルエンザ。
連休だというのに、インフルエンザにかかってしまった(:_;)
息子から私、娘、主人の順で、公平に発病した。
Aホンコン型。
父と母にはうつらないように、細心の注意を払う。
五日間は人との接触を控えること!
大人しくしていなければ!

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »