« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

サリーとルナと娘と私、夜の散歩

サリーとルナと娘と私、夜の散歩
9月27日(水)
お祖父ちゃんとお祖母ちゃんが、お出かけなので、
サリーも連れて、夜のお散歩。
ルナは夜中でも平気で散歩をするけど、
(あいつを連れていたら、マァ、襲って来る事は無いだろう。)
サリーは夜は散歩しない。
あんな小さな生き物、
車が気がつかないんじゅあないかと思ってさ。
この日は仕方なく夜になってしまったので、
娘にも、一緒に行ってもらった。

月が綺麗な夜に、
愛するもの達と、散歩!
幸せな時間…。

| | コメント (0)

サリーの、新しい遊び!?

サリーの、新しい遊び!?
これは、新種の生き物ではありません!
サリーに、果物等が入っている、
網を被せたんです。
よく、林檎の様にクルクル丸めたりしませんでしたか?
始めはそれで、噛って楽しんでいたんですが、
引っ張りっこがしたいと、持って来たんです。
でも、ビリビリ破ける!

ふと、思い付いたんですよ!
被せたら、面白い!?
「ギァハッハッハッ!」
娘とひとしきり笑った!
必死で取ろうとするサリー!
結構、旨くできる!
「スゴイ!サリー!貴女、警察犬にもなれるわ!上手ねぇ!」
って褒めたら、
「又、やってくれ」と、持って来る。
何度も何度も挑戦!
それにしても、器用だわ!

| | コメント (0)

ルナ、鼻の頭を擦りむく!

ルナ、鼻の頭を擦りむく!
又、何処かに鼻を突っ込んだな!
鼻の先に何か黒いゴミのようなカケラが付いていたので、
取ろうとしたら、
皮が擦りむけていたんだった!
又、狭い何処かに、
鼻を突っ込んだんだ(>_<)
しかも二回も!
これ、黒い部分が無くなってしまったので、
このまま残るよ!
カッコ悪〜い!

| | コメント (0)

ミミに、首輪作ったよ!

ミミに、首輪作ったよ!
ゴムにビーズを通しただけだけど、
イニシャル入れて、
手作りの首輪。
特に嫌がる訳でも無く、
してくれました(^O^)
美しいレディになったミミ。
怪我や事故、病気なんて、
無縁でありますようにm(__)m

| | コメント (0)

仲秋のルナとルナ!

仲秋のルナとルナ!
手前の龍のような影が、
ルナで〜す!
ルナとルナ!

私、父が癌で亡くなったときには、
「皆が健康でありますように。」
と、祈ったんですが、
今の1番の願いは、
「ルナが、事故を起こしませんように!」
です。
「どうぞ、他人様に怪我等させることなく、
天寿を全うさせてあげられますように!」
願わずには、いられないんです(>_<)
お月様、
同じ名前のよしみで、
宜しくお願いしますm(._.)m

| | コメント (0)

実家に、一頭と三匹連れて!

実家に、一頭と三匹連れて!
メイは、初めての長旅!
しかも、事故渋滞で、三時間半の道程を、倍の7時間もかかった!
参ったよ!

車の中では、メイと鼻でご挨拶。
恐くて、キャリーからは出せないけど、
特にルナは、興奮した様子は無い。
メイは、デッカイ犬を観察中!
鼻と鼻でご挨拶も出来ていたけど…ねぇ。

| | コメント (0)

バロンはテーブルの下に。

Dvc00038_2 バロンは、テーブル下が落ち着くよう。

ミミにやっぱり追い掛け回されて、

でも、決して怒らない。

あぁ、布団へのシッコは、

夕べ、しっかりしてくれましたわ(~_~;)

実家でも、布団荒いの私って・・・。

| | コメント (0)

何とか無事に到着!

Dvc00037 メイは早速、ミミのご飯を横取り。

子猫って得よねぇ。

ミミは、ベッド下にこもり、

また、慣れるのに大変そう(~_~)

| | コメント (0)

実家へ。パーキングエリアで休憩。

Dvc00034 大変な渋滞で、やむなく休憩。

猫たちも外の空気をと連れ出す。

リードを着けて、芝生の上を少し歩かせようと思ったが、

バロンは、直ぐにキャリーに非難。

Dvc00036 姫は、興味津々!

冒険モードで、どこまでも歩く。

ちょっと歩腹前進気味だけどね(~_~)

驚いてリードが抜けたとか!

ギョッ!

Dvc00035 メイは、初めてのお外!

車のたび!

ナノに!

さすが子猫!

物怖じしない!

再び車に乗り込んで、出発。

あんまり鳴くのでキャリーの外に出し、

椅子の下にもぐりこんだバロンを、気成なりにしようとほおっておいたら、

シッコされてしまった!

そうだよね、今まで長時間でも車でしなかったので、

気を抜いた!

でも、だから鳴いたんだわ!

ルナは、後ろにバロン。前に姫。

という天国のような環境に、興奮!

抑えるのに、私の腕はマタマタたくましくなったモヨウ!

| | コメント (0)

パピヨンの耳って、こんな?

パピヨンの耳って、こんな?
サリーは確かに血統書付きのパピヨンなんだけど、
肝心のトレードマークの耳が、
今一、今二、今三位か!?数束出てる感じ。
もう、三歳に成りましたからねぇ…。
このまんまだろうなぁ(>_<)
マァね、可愛いから、いいんだけどさぁ(^_^)
身体は大きいしさぁ。
スンゴク、ガッチリしてるし、
本当に、純血種…!?

| | コメント (0)

ルナ、「アム」して!

ルナ、「アム」して!
これは、ジャーキーなので、
人間でも手で割ることが出来るけど、
アキレス腱等はチョット無理(>_<)
そんな時、最近覚えてくれたコマンド、「『アム』して!」。
私がルナの口に入れて、言うと、
カブリと噛んでくれる。
「サリーには、大きすぎるな。」
と思うオヤツも、小さくしてくれる。
ルナの目の前で、サリーにあげても、
特に怒る事は無い。
この前も、一度「良し!」で食べ始めた餌から、チーズをヒトカケラ、もらった。
「ルナ、一つ、頂戴ね。」
って言いながら…。
別に気にしない。
そういえば、目の前で割ったジャーキーのカケラが、
ルナの頭を通り越して飛んで行ったときには、
それを捕まえようと必死に首を振っていたのが、
可笑しかった(^O^)
この子が、いつか、
私に噛み付くことがあるんだろうか…(´・`)

| | コメント (0)

ルナ、噛み付き三日目。

ルナ、噛み付き三日目。
昨日、消毒したときに見たら、
思っていたより、大分良くなって、
腫れも、上のほうの傷の所が少し。
手塚治さんの「火の鳥」の主人公の様になるかな?
と思っていたので、
一安心!
さすが、形成外科の先生!
わざわざ行った甲斐が有るってもんよ!
昨日は受診して、
「ワイヤーも抜いてもらえた。」
とか。
化膿する心配も無いそうで、
とにかく良かった!

当のルナは、
昨日まで、何となく落ち着かなくて、
顔に付いた水滴を、
拭ってあげようと手を出したら、
スット、顔を引いたりしていた。
いつもは、ジット、されるがままなのに。
あの子にとって、手は、恐いんだな。
訓練師さんに言われて、
「鼻を両手で押さえて、褒める!」
手は、オヤツをくれる物。
手は、撫でてくれる物。
手は、遊んでくれる物。
と、随分気をつけたつもりだったけど、
主人や息子には、徹底させることが出来なかった。
これも私達の責任だ。
でも、今朝は、表情も戻り、
いつもの様に甘え、
爪切りもさせてくれたし、
たかった蚊を叩いても、
気にしていなかった。
一安心o(^-^)o

後は、それをどう主人に伝えるか…。
妻の言うことは、
中々素直に聞いてくれないんだなぁ(*_*)

| | コメント (0)

カバン大好き!メイ!

カバン大好き!メイ!
出掛ける時に、バックの上に上着を置いたら、
早速、メイの「バック探り」が、始まった!
しきりに中を探った後、
上着の下から顔を覗かせる。
可愛〜い)^o^(
真っ黒で、何だか判らないけど(>_<)
そういえば、このバック、チャームが付いていたんだけど、
いつの間にか無くなった!
犯人は?
他には居ないな(*_*)

| | コメント (0)

ルナが主人に噛みついた!Part3第3話

Dvc00027 どうして、そんな事になるのか?

昨日は、ただ、餌を食べ始めなかったので、

「どうした?」

って言いながら、顔を覗き込んだだけらしい(>_<)

だから、咬みつかれた時には、思わず、

「何でだよぉ!」

って言ってたって!

私が考えられるのは、

初めて噛みついた時の、

「犬舎の中で追い詰められた。」

記憶が、かなりトラウマになっているんじゃあないかと思う。

トラウマを払しょくするのは大変だ。

しかも、その瞬間は、条件反射的に動いてしまうらしい。

「大変なことをしてしまった!」

と、いつもうろたえるのだから。

私が、今まで噛みつかれたことがないのは、

偶然なのか?

必然なのか?

とにかく、これではいけないので、

訓練士のIさんに相談してみようと思う。

皆さんのボルゾイも、

こんな咬み方をしますか?

今日は暑かったので、水浴び。

ルナは、私の「ギュウ~!(鼻面を手で持って私の口にくっつける事)チュウ~!」に、いつものように大人しくされるがままだった。

「お前も、顔は気をつけろ!」

って、主人が言ったけど、来るのかなぁ~?

なにも違わないように思う・・・けど・・・。

| | コメント (0)

ルナが主人に噛みついた!Part3第2話

手を噛まれた時には、自分で消毒出来た主人も、

さすがに鼻では、どうしようもなかったようで・・・。

義父も、どうしていいか・・・。

義母はウロタエテいた。

こんな時に母は、いや、妻は強いもので、

とにかく消毒しなければと、膝枕をして目をふさいでもらい、

消毒液を垂らしながら、綿棒で、こする!

「痛い?」

「シビレテいるから、痛くない。」

それならばと、バイ菌がありそうな黒い部分をすっかり取ってしまおうと、

傷口を広げながら、こする!

「パパ!これ!無理!縫わないと、無理!」

あまりにも傷口が深く、綿棒の先がズブズブ入って行ってしまうので、

どこが、底だか分からないくらいだ!

これは縫わないと、血が止まらない!

救急病院に、電話をかける。

幸い、形成外科の先生が居て下さって、

助かった。

受付の方も知り合いで、

「犬に、嫌われてるんですか?」

なんて冗談で言ってた。

「いやぁ・・そんな事はないと思うんですがぁ・・・。」

何とか無事処置完了!

それでも、膿んでしまう可能性があるので、

粗くしか縫えない。

「人相が変わっちゃうかなぁ・・・。」

なんて言ってたけど、確かに心配。

事故(?)が起きたのが、7時半ごろ。

病院に向かったのが8時過ぎ。着いたのが、10時半ごろ。

(何しろ3連休の最終日。国道も、東名も大渋滞さ!側道使っても、この時間さ!)

処置に、1時間半。病院出たのが、12時過ぎ。

家に着いたのが1時頃。

主人は、絆創膏で、凄い顔になっているので、

マスクで出勤。

「3回も、飼い犬に噛まれたなんて、恥ずかしくて言えないと言ってた。」

| | コメント (0)

ルナが主人に噛みついた!Part3の第1話!

Dvc00025_2 「2度有ることは3度有る」とは、よく言ったもので、

やってくれましたよ!

3回目です!

しかも今度は、

顔!!!!!

鼻に噛みついたんです!

これが、中々、酷くて・・・。

鼻の上部を、カギ型に肉ごと切り裂いた感じ(>_<)

もう一か所酷いのが、

右の小鼻。

直線状に3センチくらい。

鼻の中まで貫通してしまったのかと思うくらい(>_<)

ボルゾイって、凄いんですよ、力がね。

当たり前だけど・・・。

私、レッスンしていまして、7時半まで。

その間に主人は娘を駅まで、迎えに行ってくれました。

レッスン終了後は、少しピアノを弾いたり、歌ったりするんですが、

昨日は敬老の日で、

お祖父ちゃんとお祖母ちゃんに、ささやかなご馳走を用意していたので、

すぐに母屋に行くつもりで戸締りをしていたら、

神妙な顔をした息子が珍しくレッスン室に入ってきた。

手にはなぜか、主人の財布と、免許証、車のキーが・・・。

「知らないと思うからさぁ・・・。」

「何?」

「親父がさぁ。」

一瞬、車の事故を起こしたのかと思った。

「ルナに、また噛まれた。」

「噛まれた!?何所を?」

「顔。」

「顔!?酷く?」

「酷い。」

そういえば、レッスンをしているときルナに餌をやっている気配がしていた。

また、追い詰めてしまったんだろうか?

イヤッ、そんな声はしなかった。

急いで降りて行く。

ルナの犬舎を覗くと、

オドオドしたボルゾイが、こちらを不安そうに見ている。

入口をあけて、

「来い。」

素直に出てくる。でも、落ち着きがない。

いつもは直ぐに私の前でお座りするのに、

私の周りをぐるぐる回っている。

「ルナ。」

ジャーキーをやると素直に犬舎に入るが、

直ぐに、又出てきていまい。

私の周りを回る。

チーズをやってみる。

身体を優しく撫でる。

少し落ち着きを取り戻したように見える。

その時、犬舎の中に、角材があるのに気がついた。

「まさか、これで叩いたのか!?いやぁ、そんな事はしないだろう。」

試しに、立ち上がっているルナの背中に乗っかるように手を伸ばしながら、

その角材を持ってみる。

それが原因なら、私にも威嚇するか、怯えるか・・・。

特に怖がっている様子無し。

「これは、取るよぉ。」

声を掛けながら、持ち出す。

特に反応なし。

ウゥ~ン・・・。

そうこうしている内に、娘が出てくる。

「ママ、パパを見てやって!」

| | コメント (0)

メイ、とうとう箪笥に飛び乗る!

メイ、とうとう箪笥に飛び乗る!
子引き出しを開けていたら、
興味津々で、やる気満々のメイ。
とうとう、飛び乗りましたよ!
(チョット手伝ったけど。)
それを下から見上げるバロン。
貴方は重くて無理ねぇ。
でも、6.5キロ有ったミルクは、
出来ましたからねぇ。
メイはやることが、ミルクソックリ!

| | コメント (0)

狐を捕獲?

一昨日、
ルナと散歩していたら、
後ろから役場の軽トラックが走って来た。
運転手も助手席に座っている方も、
知らないなぁ。
なんて思いながら見ていたら、
荷台に、檻が積まれているのに気付いた。
興味津々で覗いたら、
なんと、
狐!
しかも、濃いグレー!
眠っているのか、ぐったりしているのか、
動かない。

確かに、ここは田舎で、
狸は居るけど、狐は居ないよなぁ。
しかも、グレー!
外来種か。
あの子、どうしてるかなぁ〜。

| | コメント (0)

ピレネーを見掛けた!

昨日、車での仕事の帰りに、
右折で待ってたら、
すれ違った車の後部座席に、
白い大きな塊が。
ピレネー犬だ!
ちょっと感傷的な気持ちになった。
それにしても、ピレネーが乗るには、
軽自動車は小さいな。
なんて思いながら、よく見たら、
なんと!
デミオだった!
ヤダァ!
ピレネーが乗ると、デミオも軽自動車に見えるんだ!
私も数年前まで、乗っていた車だ。
ルナを乗せてね。
やっぱり、小さく見えたんだろうか。

| | コメント (0)

バロンだって、ビックリしたのよ

バロンだって、ビックリしたのよ
出窓で、姫がバロンに唸ってる!
バロンの困った表情。
よく見ると、
姫の左前足が、
自分のお腹の下を通って、バロンの首輪(金のリボンなんです。)に引っ掛かり、身動きとれない!
「今、取ってあげる。」
パニックの姫は、足を掴まれて、
益々、テンションが高くなり、

抵抗!
「ハイハイ。」
私の右手に噛み付くが、
決して傷は付けない。
バロンは黙ってジットしてる。
それなりにいい子に育った!?
それにしても、
「姫、だから爪切りはしないと!
バロンだってビックリしたんだからね!」

| | コメント (0)

ルナ、又ハマル!

ルナ、又ハマル!
朝の散歩。
いつもの様に、庭で排泄。
「来い!」
のコマンド。
来ない。
何度か呼んだが、
来ない。
こんな時は、吐きたいか、ウンPか…。様子を見に行く。
まさかまた、ハマった。とか…。
やっぱり!
「ハマっちゃいました。出られませ〜ん!」
という表情。
あなた!その位、どうって事無いでしょ!
案の定、近付いたら、出て来た。
アァ〜ン!?

| | コメント (0)

お隣りさんが、遊びに来た!

お隣りさんが、遊びに来た!
二階の廊下を歩いていたら、
ベランダに、猫!
一瞬バロンかと思って、よく見たら、お隣りさんだった。
近付くと、チョコンと座り、
何やら話し掛けて来た。
「ウニャウニャウニャ…。」
ずっと喋ってる!?
「ウ〜ン、解んないなぁ。ご飯なら、お家で貰ってね!アァ、それから、チットはしないでよ!」
何度か言い聞かせてみるが、
喋るのを止めない!
携帯を向けても、動じない!

わが家の子達なら、何を言っているか、
何となく解るんだけどな。
(撫でろ!とか、鰹節よこせ!とか、トイレが汚れてるぞ!とか、餌が無いぞ!とか…。)
よその子は、
解らん!

| | コメント (2)

バッファローに負けた!

バッファローに負けた!
今日は資源ゴミの日。
ゴミ出しして帰って来たら、
玄関のドアに、オモイッキリ指を挟んだ!
悶絶!
飛んでくる愛犬サリー!
片目を開けて、コッソリ見たら、
心配そうに、ソワソワ。
「サリー、心配してくれるの?いい子ねぇ。ここが痛いの(ノ_・。)、舐めて!」
と差し出した手を、ペロペロ舐めてくれる!
ウゥ〜、なんていい子!
感激!
愛情持って、育てた甲斐が有るってもんよ!
…んッ!?…
もしかして、味わってる!?
…アッ!
ゴミ出しの時には、ルナを連れていく私。
今日は雨だったから、止めて…、
でも、期待して立ち上がって見つめられたので、
可愛くなっちゃって、
バッファローのジャーキーを上げて…この手で…。
その匂いが付いてたんだ!
私の危機は、バッファローに負けた!?

| | コメント (0)

バロン!ヤメテー!

バロン!ヤメテー!
バロンの粗相対策に、
最近は、トイレに猫砂、その上に、ペットシーツ。
でも、一回でもしてあったら、
ダメなので、
(私達のベッドがトイレと化する。)
しょっちゅう交換!
朝は特に皆がするし、ウンPも三匹分!
汚れたシーツを取り替えて、
汚れた砂をそこに取る。
来た、来た、牡ども!
折角取ったそれを、前足でかいて、隠そうとする。
イャ!ママがするから、
あなたはいいの!
近頃は、メイも参戦!
ヤメテー!
折角取ったのに!
散らばるゥ!

| | コメント (0)

姫は押さえて食べる!

姫は押さえて食べる!
夕方、私が帰って来ると、
おやつの催促。
三匹で、目を輝かせて、私を見る。
幸せ)^o^(
鰹節を、三つに分けてあげる。
でも、器が二つしか無いので、
姫は蓋を使ってもらう。
だって、バロンとメイじゃあ、
食べようとすると、
自分で押してしまって、
器が逃げて行ってしまうから(>_<)
姫は上手に右前足で押さえながら、綺麗に食べる)^o^(
偶然じゃあ無い!
ちゃんと解っている)^o^(

| | コメント (0)

サリーに追い掛けられて!

サリーに追い掛けられて!
サリーに追い掛けられて、
逃げてきました!
優雅そうに見えますが、
必死の形相!

それにしても、
手足の長い子です。
メイ、推定6ヶ月。
病気も怪我も、
縁が有りませんように。

| | コメント (0)

嵐の後に2 !

嵐の後に2<br />
 !
わが家の直ぐ近くの川です。
優秀でしょ?
まだ、余裕が有る。
これが氾濫したら大変!
それに比べて、
酒勾川は姿を変えてしまった!
自然の力とは!

| | コメント (2)

嵐の夜に。

台風どうでした?

我が家の近くは、

橋が落ち、東名が通行止めになり、鉄道が運休に成り、

道路が大渋滞!

ルナは、外飼いですから、

台風の時には、いつも悩むんですが、

今回は家に入れました。

車庫の屋根が飛んだりして、

怖い思いしているだろうと思って。

最初は反対していた主人も、

さすがにかわいそうに思ったらしい。

「入れるのか?」

なんて聞いてきた。

どのみち、私が付いてるつもりだったので(寝なくても平気、ルナのためなら!)、

誰にも迷惑かけないしさ、

ダメだと言われても、入れるつもりだったけどね。

玄関から廊下を解放し、

シートを敷いて、バリケードをし、

靴を片付け。

何にも、悪戯はしませんでしたけどね。

私は、念のために、毛布を持参して傍で寝ました。

夜中に、ずっとしゃべっていたり(寝言か?)、

バタバタと起きてはガサガサ床をかいたり、

バタンと寝たりする以外は、

まぁまぁ。

ただ、サリーがね、

覗くんですよ。

私が寝ているところを、ジッと見てる。

手招きで、「おいでおいで」をしたら、

入ってきて、一緒に寝るのかと思ったら、

いきなり、私の身体を縦断して去って行った!

何だったんだぁ!?

| | コメント (0)

車でお出かけ、ルナ待機!

Dvc00198_3 なんだか、お化けのようになっていますが、

これからパパをお迎えに行くので、

問のところで待機しているルナです。

車大好きのルナは、

この時だけリードなしでも、

「ヨシ!」

で、車に飛び込んでくれるので、

後部座席の扉をあけ、

何時ものようにコマンドをかけようとしていましたが、

なんだか集中力が欠けているようでした。

「猫でもいるのか、チョット危ないかな?」

と、思っていたことが、的中!

「ヨシ!」

のコマンドを聞いた途端、隣の家の方に向かって走り出した!

「No!!!」

「危ない」と、チャンと構えていた私は、

ルナの背中をムンズとつかんだ!

(私って、凄い!(^○^))

でも、胴輪をつかみ損ねて、

背中の毛を、

思いっきり引っ張ることになった!

「キャァ~~~~~~ン!!!」

(久しぶりに言わせたわ!)

さすがに痛かっただろう。

スゴスゴと私の方に向き直り、

「そっちじゃぁないでしょ!車!Go!」

Dvc00199_2  で、大人しく乗車!

その頃には、大好きな車に乗った事で、

Dvc00200 元どおりのテンションに。

「キャァ~ン!」

と言われた時には、

「やられるかな!?」

と思いましたけどね。

何しろ、この前主人に噛みついたばかりでしたから・・・(>_<)

でも、

「ママに、怒られちゃった・・・ごめんなさい・・・。」

って感じだったなぁ・・・。

犬は、しっかり人を見ていますね。

「降参しているのに、また叱ることはしない。」

この約束を決して破らないこと!

| | コメント (0)

猫は籠がお好き!

猫は籠がお好き!
散らかる雑誌を整理しようと、
籠を買ってきた。
メイは、早速点検。
Dvc00210 バロンは慎重に観察。

包装のビニール袋が不安定で、

踏み切れない!

たっぷり時間をかけて、

やっと、入ってみる。

Dvc00211 メイが、

早速そのバロンを覗く。

性格出てるなぁ〜p(^^)q

| | コメント (0)

パピヨンは、耳が良い!

パピヨンは、耳が良い!
昨日も、サリーとルナを連れて、朝の散歩。
しきりに、後ろを気にするサリー。
振り返っても、
何も無い。
猫も、ゴミ袋も…。
それでも、気にするサリー。
少し歩いたら、
犬が吠える声が聞こえた。後ろから近付く車。
中に、ビーグル犬。
こちらに向かって夢中で吠えてる。

あらまぁ!
あの子の声が、聞こえてたの!?
さすが!パピヨン!
伊達に耳が大きい訳じゃあないのよね!

ちなみにルナは、
その車が、直ぐ脇を通り過ぎるまで気付かなかったし…f^_^;
サイトハウンドですからねぇ。
仕方ないかf^_^;〜アアン!?ンン!?

| | コメント (0)

右前足の付け根に、シコリ発見!

右前足の付け根に、シコリ発見!
直径2センチ位かな。
二週間位前に発見したシコリ。
だからといって、簡単に受診できないルナ。
様子を見て、「大きくなるようなら。」
と思っていた。
ここって、リンパ?
だよねぇf^_^;
昨日から、小さくなり始めたよう。
もう少し、経過観察。

| | コメント (0)

黒猫メイ、ツヤツヤ!

黒猫メイ、ツヤツヤ!
こんなに艶の有る毛並みを見たことが無い!
黒猫ならでは、かな?
メイ、推定5ヶ月!

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »