« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

サリーに腱をあげる。

サリーに腱をあげる。
お利口さんでしょ?
「待て」のコマンドが入っているので、
顔を反らすようにして、
「ちゃんと待ってますぅ!」をアピール!

でも、これはルナが噛み切り、ヨダレの付いた骨。
「チョット嫌がるかな?」て思った。
案の定、
「良し!」
のコマンドが入っても、匂いを嗅いでる。
…でも、呆気なくパクリ!
先日、らん丸達が遊びに来たとき、サリーも入れた三匹に、オヤツを上げていたときには、
らん丸のヨダレが付いたの物は、
かなり匂いを嗅いでいたのに…。
同じ群の中の犬だということを、
認識しているのかな?

| | コメント (0)

猫の好物は。

Dvc00124 3匹の大好物は、鰹節!

姫なんて、

「姫!鰹節!」

と呼ぶと、飛んで来ますからね!

犬より、「来い」が解ってますよ。

メイも速いですよ!

2匹で奪い合うように食べてる。

バロンはというと、

ジッと観察。

匂いを嗅ぎ、

舐めてみる。

ママが持っていなきゃぁ食べない。

もう一度匂いを・・・。

アァ・・・そんな事している内に、無くなっちゃうのよねぇ!

仕方がないので、姫とメイが満足して行ってしまった後に、

バロンのためにもう一度おやつの時間。

実は、私の前に来て、

「おやつをくれぇ!」

って、長泣きして要求したのは、バロンなんですけどねぇ。

野良じゃぁ、生きていけなかったわねぇ。

| | コメント (0)

ルナが、好きな骨を発見!

ルナが、好きな骨を発見!
子犬の頃は、食べ物に殆ど執着せず、
訓練の時にも、オヤツでは釣れず、苦労したけど、
最近は、ご飯の時間を楽しみにしている位、
食べるという行為が楽しみになったみたい。
先日、妹が遊びに来た時に、
沢山おやつが入っている袋をくれた。
これが、ナカナカ評判が良くて、
ルナもサリーも、喜んで食べてくれる。
中でもこれは、ルナが、おやつがしまって有る場所に、
ワザワザ首を突っ込んででも欲しかったらしい骨!

でも、そんなに美味しいなら、サリーにも上げてみようと思い、
20㌢程のそれを、
折ろうとしたけれど、
ビクともしない。
ルナなんて、まるでフ菓子でも噛むように、簡単にかみ砕くのに…。
ソウダ!
ルナに噛み切って貰おうっと!
「ルナ、これ、カブッって。」
調度、腱の部分だけを口の中に入れて、言ってみた。
「ヨシ」
と言われた訳では無いので、
困って、上目使いに私を見るルナ。
「ガブッって、ガブッって。」
骨を持った手を、上下させてみる私。
すると、何となく解ってくれたようで、
グッと噛んでくれた。
ウワァ!ウマクイッタワ!ルナは噛みちぎった方の骨を持って犬舎に入ろうとする。
「イヤイヤ、それは頂戴。」
と手を差し出したら、手のひらに、コロンと転がしてくれた。
続く

| | コメント (0)

吸血鬼狩りの映画にポメラニアン

私、ポメが好きです。
あのモコモコのお尻が可愛〜い!
パンダのお友達で居てくれたシュン君は、
賢くて、可愛くて!
最近越して来た元気君も、ナカナカ素敵!

「ブレイド」でしたっけ?
吸血鬼狩りの映画。
それに、ポメが出てて、
始めはあの子も餌食になるのかと心配していたのに、
戦いが始まったら、
口が左右に割れて、
主人公側を襲ってた。
そして呆気なく、高いビルの破れた窓から落下して行った…。

ワイマラナーを二頭従えて…。
エェ〜〜〜。
主人公側が憎らしくなった私でした!

| | コメント (0)

菜々子来る!お初!

菜々子来る!お初!
7月21日(土)
大分ブレテますが、
勘弁!
二匹を一緒に撮るのは至難の技!

ヒトシキリ騒いだ後、
菜々子は、お祖母ちゃんの膝の上で夢の中。
可愛〜い!

| | コメント (0)

ルナ、又猫を追い詰める!

ルナ、又猫を追い詰める!
携帯で撮ったので、遠くてゴメンナサイ(>_<)
真ん中の枝の辺りに、茶虎の猫が居るんです。
そして、この木の下には、ルナ!
ここまで、追い詰めたんです。
だけどいくら頑張っても、ルナには、木登りは無理!
ただ庭を通り道にしているだけなんだと思うんですが、ほっとけないんだなぁ。
又、引っ掻かれるよ!

| | コメント (0)

ルナ、珍客さんに、また引っ掻かれる!

Dvc00094 分かりますか?

猫が居るでしょう?

我が家の猫ではありません。

良く怪我をして、私をヤキモキさせている、あの子だと思うんです。

もう、1週間になるでしょうか、

この場所がお気に入りらしく、

寝倉にしているようです。

病気か怪我かと心配して、

ご飯をあげたりしましたが、

昼間は居ないことも有るので、

そうでもなさそう。

ただ、ここはねぇ・・・まずいですよ。

父の車の車庫の横の物置なんですけどねぇ、

細いボルゾイは、入って行けるんだなぁ。

もう、何度威嚇したことか!

でも、唸っているばかりで逃げない。

ここに頭を突っ込んだら、ルナは不利ですよ。

やられるに決まっている。

もう、経験済みなのに、

ほっとけない。

何度も「ダメ!」だと、言い聞かせているので、

「ダメなのは分かっているけど、見つからないようにそっと近づこう・・・。」

って感じかな。

「バック!」で、チャンと下がるので、

何とかなっていたのに、

今日はまた別の場所にいた!

もちろん、威嚇!

そして、案の定、やられた(>_<)

Dvc00097_1 ちょうど白い部分に、

ポツンポツンと2か所、爪の跡。

痛いだろうに、

懲りないやつだ!

念のため消毒。

お座りさせたら、消毒液の容器に気付いてしまった。

私が他を向いている間に、

そっと確認してた。

「こっこっこれはぁ!!!」

と思ったかどうか分からないけど、

綿棒を持った私に気付いて、

くるりと180度回転!

そっぽを向いてしまった!

「アリャ!」

こんなことしたのは初めて!

訓練では、

「コマンドをかけられたら、解除されるまで動いてはいけない。」

と教えるので、回りで飛び跳ねても、ジッとしていられる筈なのに!

よっぽど、嫌な思い出ばかりが詰まっているんだろう。消毒液にはさ。

まぁね、無理も無いけどね。

痛い時に使うものだもんなぁ・・・。

そんな事はしっかり覚えているんだよ!ねっ!

綿棒に液をしみこませて、ギュウギュウこする。

バイ菌いっぱい付いているだろうからね。

それは、大人しくやらせるんだけどねぇ・・・。

| | コメント (4)

楽しい、楽しい、夜の散歩!

Dvc00096_2 ここは、何時もの散歩コース。

夜は殆ど人通りが無いので、本当は危ないのだろうけど、

ルナとなら、まず大丈夫だろうと、

今夜も、二人っきりのデート!

不思議なことに、この道に来るとテンションの高くなる「ルナ」

お前が楽しいと、

ママも楽しい!

(でも、一度変な人にずっと付いて来られた事が有ったので、皆さんは気をつけて下さい。)

| | コメント (0)

ルナ、熱射病!?

ルナ、熱射病!?
おそらく、台風の後、急に蒸し暑くなったところで、自転車散歩をして、
自分の体温の調節が出来なくなったんでしょう。
「ルナの呼吸がおかしい…。」
と、主人。

行ってみると、タライで足を冷やし頭は水の中に入れたらしく、地肌の色が見えて精悍(?)に見えるけれど、物凄く荒い呼吸のルナが居た。

これは、熱射病だな!

水は大分飲んだということだったので、後は冷やしてやるか。

今までは、背中や首に水をかけて冷やしてやっていたけれど、先日カビに悩まされたばかりなので、それもはばかられ・・・。

思いついたのが、よく食品についてくる、凍らせたジェル。

Dvc00092小さいのではちっとも役に立たないようなので、大きめのを3個、首と、前足の間、股間にあてた。

しばらく抑えながら体を撫でてやっていたら、だいぶ落ち着いてきたので、ジェルの場所を変えてやろうとした。

なんと!くっついてしまった!毛にしっかりとへばりついてる。

アチャァ!

結局水をかけて剝した。

こんな事なら、始めから水をかけてやればよかった!

Dvc00093_1

その後、氷をたくさんプレゼント。

この子は、かじることはしないが、

(何故だろう(?_?))

ずっと舐めてた。

「そうか、美味しいか!」

だけど、こんなんで、真夏になったらどうするんだ!?

お前は!!!

| | コメント (0)

姉ちゃん、遊んでぇ!

姉ちゃん、遊んでぇ!
いつもクールな姫に、せがむメイ。
冷静に見下ろす。

しつこいと猫パンチ!
お陰で、噛み具合を覚えてくれた。

あと、吐くときもトイレでするように教えてくれる!?
「なんでアタシが!?」(姫)

| | コメント (0)

クウちゃんが立った!!!

クウちゃんが立った!!!
最近、発表会の打ち合わせで、
よくMちゃん宅へ行きます。
そして、クウちゃんが起きていれば撫でてあげるの。
私の命を分けて上げるつもりで。
「家の子達の分は残しておいてね。」
痩せてしまった身体の間接を、「柔らかくなれ!」と、願いながら。

この日は、
「朝から二回も立ち上がった!」
と、Mちゃん。
私が居る間にも、何度も立ってくれた!
そしたら、ビスケットのオヤツ。
夢中で食べる。
すごい食欲!
これなら大丈夫!

疲れたら、静かに横になる。
不自由な身体を解っているのね。
ゆっくり、慎重に。

クウちゃんを撫でる私の後ろから、
タイスの瞑想曲が流れる。
アァ、こんな静かな優しい時間が、
ズットこの子に流れますように。
祈らずには、いられない。

| | コメント (2)

姉ちゃん、僕(!?)と遊んで!

姉ちゃん、僕(!?)と遊んで!
メイは遊んで欲しいんだと思います。
でも、姫は、うっとおしいんだと思います。
しつこいからね。
後ろ姿に滲んでるもん。
「姉ちゃん、遊んでぇ〜」
「嫌よ!」
(>_<)

| | コメント (0)

メイ…もしかして…雄!?

メイ…もしかして…雄!?
相変わらずヤンチャ振りを存分に発揮しているメイ。カーテン登りも、オチャノコサイサイ!
「全くお転婆なやつだ、」
と、眺めていたら、
お又の辺りに、あれらしきモノを発見…。
…でも…先生が…雌だって…。
バロンと比べてみる。
…同じ様に見える。
触ってみる。
丸いモノ二つ…!?

エェ〜〜!!!

ジャア、「メイ」じゃあ、ダメじゃん!

| | コメント (0)

メイ、メデタク、わが家の子に!

メイ、メデタク、わが家の子に!
先日、実家の母から電話が有って、
「最近、愛猫を亡くされて、メイを貰って頂けるかもしれない方がいらっしゃる。」
と、これが最後のチャンスかと、お返事を待ってたけれど、
ご高齢でいらっしゃることと、
ご主人に反対されたとの事で、
お断りの連絡を頂いた。
それが、調度、期限の7月8日。
保護した日から二ヶ月目までは、里親を探す約束をしていた。
これも運命。
わが家で大切に育てましょう。

エッ!?
何だかやる気が無いって!?
だって、あんまりにもヤンチャで…。
始めて飼った猫、ミルクもこんな感じだったかな?
あの頃は、毎晩何度も起こされたけど、幸せだった。
メイも、少しは落ち着いてくれるかな?

それにしても、不細工だ…。

| | コメント (0)

何年か振りの、ジャム作り!

何年か振りの、ジャム作り!
チョット、写メールだと、上手く色が出なくて…。
ラズベリーのジャムです。
高校生位から、お菓子作りに、はまった私ですが、
子供が産まれて、なんだかんだと忙しくなり、
自分の勉強を優先させたいと、
編物もしなくなったなぁ。
これは、
柴犬の「さっちゃん」パパにラズベリーを頂いたので、
久しぶりにやる気になって…。
途中で、レモンを用意していなかった事に気付いて!
シマッタァ!
「やっぱり、久しぶりにやることだから、
そんな事も有るなぁ〜。」なんて納得。
でも味見をしてみたら、酸味の強い実に助けられて、
結果オーライ!
これで良いか!?
と、思ったけど、
「種が強いので、こしてね。」
と教えて下さったサッチャンパパの言うとおり、
手間を惜しんではいけないんだわぁ!

でも、久しぶりに甘い香りに包まれて、
何だか充実した時間を過ごしました。
楽しかったぁ!
サチャンパパに、御礼を言わなくちゃ!

| | コメント (0)

最近気がついた、ルナの行動。

毎朝、6時半頃に主人が仕事に行くので、
車で送るのだが、
暑くなってくるとルナは、木の小屋の中ではなく、
外のコンクリートの上で寝ている。
そんなルナに、「オハヨウ」を言って出掛ける。
身体半分を起こし、耳を可愛いらしく持ち上げて、
「僕は、連れてってくれないの?」
って言われているようで、
チョットキュンとした気分。
それから15分後に帰って来ると、
決まって小屋の方に入って寝ている。
頭も上げない。
チョット淋しい気分。

でも、もしかしたら、
夜のうちは、外で番してくれているのかな?
そして、私達が起きたのを確認して、安心して寝るのかも!
なんて思っている。
…欲目!?

| | コメント (0)

ルナ、爪切りの時。

ルナ、爪切りの時。
やっぱり爪切りは嫌らしい。
三本位まではジットしているが、
私の手首をくわえて抵抗!
しかし、今の所、傷は付けられてない。
その度に叱るが、
あんまりしつこいときには、
口元まで腕を持って行き、
「噛み付いてみなさい!」と、凄んでやる!
そうすると、何も無かったような顔をする。
「そんなに言わなくたって良いじゃないかぁ…」
とでも言いたそう。
今日は、外側が剥がれている爪にヤスリもかけた。
その間も、何度も口を持って来るが、
憮然として動じない私に、
無駄だと悟ったのか、
諦めた。
「歯をあてさせてはいけない」のが基本なのは、よく解っている。
でも、ルナ(ボルゾイ?)の場合は、
「ビビリ噛み」が得意なので、
追い詰めてはいけないと思うのと、
私の言葉を理解しているようなので、
言葉をドスの聞いた調子で聞かせる事にしている。
それで、反応できる子だと思う。
所謂、信頼関係に頼っているわけだ。

先日お祖父ちゃんが噛まれた。
家の中に入りそうになったルナを、
押し戻そうとしてだ。
これは、威嚇だ。
ビビリではない。

「『バック!』で戻るから、まず言葉で言ってみて。」
少しはコマンドも覚えてくれたので、訓練して良かったと思う。
それにしても、
「俺に向かって、手を出すな!」
ですかぁ!?
ルナぁ〜(;_;)

| | コメント (0)

ルナと、夜の散歩。

ルナと、夜の散歩。
夕方は、沢山の犬が散歩していて、気疲れするし、
今は暑いので、
ルナの散歩は、朝と夜。
この日は、前の日にクロラブのアンちゃんに逢って、一緒に散歩出来たので、
また逢えるかと期待したけど、
残念(>_<)
アンちゃんにも、心許しているらしく、
しつこくして、唸られても平気(^0^)/

何時も逢うのが夜なので、写真を撮り忘れてしまう。
次は覚えていよう。

| | コメント (0)

ルナも蚤ダニの薬を付けました。

ルナも蚤ダニの薬を付けました。
他の子は、数ミリの量だけど、
ルナは首筋がビジョビジョになる程の量だからなのか、
嫌がるんです。
声を掛けながら少しずつ何箇所にも分けてやってやるんだけど…。
とうとう寝っころがってしまった。
アレッて、皮膚に直接付けるようにするんだけど、
その瞬間ではなく、
数秒経ってから、気がついて、口を持って来たりする。
遅ッ!

毎年の事なのに、
「シャンプーは二週間くらいダメでしたっけ?」
って、また聞いてる。
「二、三日で大丈夫です。」
アァ…そうだったわぁ…。
なんで覚えられないんだろう?…私って…。

| | コメント (0)

ピレネーの「クウ」チャン、ナント介護4年目!

Dvc00063_3 ピレネー犬の「クウチャン」は、

私の大切な友人の愛犬だ。

ナント、超大型犬のグレートピレネーズであるにもかかわらず、

14歳!

しかも、

初めて倒れたときから、

4年の月日が経っている。

4年間の介護。

スゴイ!

最近では、後ろ足が立たないようだが、

前足でズッテ、移動できる。

立ちたいときには、バスタオルで補助!

メニューは大変なようだが、

食欲有り!

ビックリする事に、ジョクソウが出来ていない。

なでて貰うことが嬉しいらしく、

嬉しそうにしている。

そんな「クウチャン」を見ることが、

逆にこちらを勇気付けてくれる。

Dvc00062_1 超大型犬が、倒れてからこんなに長く闘病生活を送れているのは、

ひとえに、「クウチャン」家族の献身的な介護のお陰だ。

それは、頭が下がる思い!

と同時に、

同じ超大型犬を飼うものにとっては、

こんなに勇気付けられることはない。

先日、彼女にお願いした。

「介護のブログを、ぜひ書いてよ。」

きっと、今この時にも、

心痛めてどうしたら良いのかと、

悩んでいる大型犬の介護をしていらっしゃる方が居るはずだ。

そんな方に、きっと参考になるし、

支えになるだろうと思う。

我が家にも超大型犬が居る。

一頭目を見送った私だが、

数ヶ月の寝たきりの介護でさえ、

大変だったのに・・・。

「ルナ」の時には、きっと参考になると思う。

もちろん、並大抵のことではない。

でも、「クウチャン」!

ガンバッテ!!!

| | コメント (2)

蚤!蚤!蚤!

Dvc00064 一昨日、姫の予防注射に行った時、

ルナの蚤とダニの薬をいただいてきました。

ブラッシングしていた時に、「ピヨ~ン」と飛んだので・・・。

その時に、

「他の子は大丈夫ですか?」

と、先生が心配してくださったのに、

「ルナは外飼いで、接触はあまりないので。」

などと言っていたですが、

なんだか心配になって、サリーの点検しました。

そしたら、もう!大変!!!

居るは居るは・・・。

3日間で20匹くらいは捕ったと思う!

首や、お股のタダレもそのセイ。

糞、卵の一粒一粒を、必死になって捕りました。

でも、とにかく薬を頂かなくてはと、今日受信。

「サリーの飲んでいるフィラリァの薬には、

蚤の卵が孵らない様にする作用のある成分が入っているので、

増えることはないのですが、

それだけ居るということは、

サリーに付いてきた蚤が産んだ卵を、

猫たちが培養しているのではないでしょうか?

そして、又サリーに付く。」

ギャァ~~~~!!!

「やっぱり、猫の分も薬をもらっていきます。」

Dvc00065 でも、子猫のメイは、薬が使えないので、

蚤捕り串で、ブラッシング。

でも、あれって、引っかかるんでしょうね。

必死に逃げようとして、

Dvc00068_1この有様。

でも、1匹ゲット!

Dvc00067_1

バロンは、捕獲できなかったけ、。

嫌がりながらも、

何とか協力してくれた。

Dvc00066_1

「姫」はさりげなく立てこもり。

掻き分けてみたけど、

糞も見当たらず。

この子達が培養しているほどの数は見つからなかった。

とにかくメイを除く全員に薬をつけ、

一安心。

それにしても、小さなタダレを見つけたときに、

ダニかとばかり思ってしまって、

ダニ探しばかりしていた。

お尻を擦っていた時にも、

肛門膿かな、と思ってしまって、

絞ってやったりしていた。

少しも出なくて、

変だと思っていたのに・・・。

掻きこわすまで気が付かなくて、

ゴメンネm(__)m

サリーには、抗生物質と痒み止めを頂いてきて、

早速飲ませる。

早く、良くなれ!

Dvc00066

| | コメント (0)

バロンが大注目!

バロンが大注目!
私はチョコが大好き!
中でもガーナミルクチョコレート!
最近お安く売られてるので、
まとめ買いしたりする!

バロンも、大好き!
正し、モチロン食べるのではない。
銀の包み紙を丸めて投げてもらえるのを期待を込めた目で見詰め、
待っている!
他のお菓子の包み紙では、
直ぐに飽きてしまうので、
匂いも気に入っているのかな?
かくして私は、
包み紙提供の為、
板チョコの半分くらいは、急いで口に押し込むことになる(>_<)
味わいたい…。

| | コメント (0)

メイ、初の網戸登り!

メイ、初の網戸登り!
子猫時代にしか出来ない網戸登り。
やってみたら、楽しかったらしく、
何度も繰り返す。
登るのはともかく、降りられるのかと心配していたが、
チャント床との距離を計り、飛び降りられる所まで網を伝い、
上手く出来ている。

興味深そうに見ているバロン。
あなたもやっていたんだけとネェ…。
くれぐれも、やってくれるな!
5キロの身体で!

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »