« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

ルナ、黴の薬。サリー狂犬病注射

ルナ、黴の薬。サリー狂犬病注射

「ルナ」のカビの薬を頂いてきました。

なんと、20日分で、25,000円しか取られませんでした。

一日1,500円と、仰っていたのに・・・。

またまた、負けてくださったのかしら。

アニコムのペット保険では、一日1万円までなので、

15,000円に、カビに効く、シャンプー(3日おき位にして大丈夫だそうで、局部だけを洗うのも効果的ですって。)2,000円と、「サリー」の狂犬病の注射3,150円と登録料で、

22,150円!

これはかなり、おまけしてくださったんじゃぁないかと思います。

「キチンと処方料も取ってください。」

と、申し上げたんですけどね。

「パンダ」がお世話になっていた医院は、

今のD先生のところとは違っていたのですが、

何時も、少なくとも20,000円は持っていないと心配でしたから、

かなり、お高かったように思います。

20日分の飲み薬で、かなり良くなるそうなので、

一安心!

今、15cm×10cm位の大きさですが、

これ以上大きくならない事を、祈っています。

そうそう、サリーは、

「キュゥ~ン、キュゥ~ン!」

泣いていましたが、

「ルナ」よりまし!

熱、38度9分、爪も切っていただけるし、

看護士さんにお任せできるし、

安心よ(^_^;)

ただ、体重「4.72kg.」は、

どうなの!?

| | コメント (2)

ルナ、鴨は、気にならない!?

ルナ、鴨は、気にならない!?
4月23日
ルナの視線の先には、鴨が二羽居ます。
一羽は撮る直前に横の農業用水に飛び込んでしまいましたが。
今ルナは、その鴨の横二㍍位の所をありいてきた です。
気付いてましたけど、全く構えず、
普通に何という事なく。

ボルゾイはよく、
雀ダッシュや烏ダッシュ、葉っぱダッシュに猫ダッシュしますよね。
されたらあの力と勢いだから、たまらない!
パンダには何度もやられて、
肉離れに、擦り傷、義父は眼鏡を三個もダメにした!
だから確かに訓練はしたけれど、
猫ダッシュはいまだに止められないらしく、
コマンドを入れておかないと、
大変なのに、
鳥は、いいらしい。
不思議?(^-^)?

| | コメント (2)

ルナ、一日1500 円の薬(>_<)

昨日、先生からお電話頂いて、
「ルナ」の禿は、やはりカビが原因で有る事をお聞きしました。
「アチャー!」
「連れて来て頂くのは大変でしょうから(よく解っていらっしゃる。)、飲み薬を取りに来て下さい。
この子、40㌔以上、有りましたよね?」
「はい…。飲み薬で、良いんですか?(てっきり、何度も注射に通わなくてはいけないと思っていた。それは大変だ。主人がいる時でないと抑えきれないので・・・。)」

「はい。ただ・・・高いんです。・・・一日分が、1,500円です。」

「(+0+)!1,500円ですかっ!!!」

(ボケた脳味噌が、計算を始めた。一日1,500円×30日=1ヶ月45,000円(+0+)!

×12ヶ月=5,5,5,5,5、50万、万、万+α・・・(^◇^)・・・機能停止・・・)

「アッ、アノッ、もう少しお安くできるかどうか、院長と相談してみます。」(先生)

(いやいや、別にそんなつもりでは無いのだが・・・お安くなるなら・・・)

「この金額が、ギリギリだそうです。処方料を頂かないということで、如何でしょうか?」

「いえっ、アノッ・・・ありがとうございます。」

「負けてほしい。」とも、「払えない。」とも、

一言も言ってないんだけど、気を使ってくださって・・・。

全く、いい先生ばかりが揃っている医院だ。

結局3週間程、飲ませればいいらしいので、

1,500円×21日=31,500円

÷2=15,750円

(こんな事も有ろうかと 「ルナ」は保険に入っているのさ!良かったぁ!!!

だから、半額の支払いで大丈夫なのさ!先生、心配掛けて、ごめんなさい_(_^_)_)

思えば、「来夢」の時には、

インターフェロンなんぞも点滴して頂いたりしたので、

一日7,000円のお支払いをしていた事も有ったし、

栄養価の高い缶詰を下さったり、

水薬を飲ませるのに、注射器をくださったり、

「お金を払います。」

と言っても、受け取ってくださらなかった。

あの時、院長先生の中では、

「この子は、もう駄目だ。」

とのお気持が有ったのかと、今は思う。

本当にお世話になった。

だから、投薬量をお支払いするくらい構わないのですよぉ!

しっかり取って頂かないと、

これからも長いお付き合いになるんですからねぇ!

今日の夕方に行ってこようと思う。

ちゃんと取って下さるように、

お話ししようと思う。

| | コメント (0)

姫の爪研ぎ。

姫の爪研ぎ。
写真が、かなり振れていますが、
二匹で爪研ぎをしています。
ここは廊下です。
爪研ぎが下手で、爪の付け根にゴミが溜まってしまう姫ですが、
実は、廊下の壁でしていたんです。
それがあまりにも優しいので、ただ肉球を擦り付けているようにしか見えず、
「もしかして、爪研ぎしてる?」
と気付いた頃には、壁が少し笹くれだって来た頃でした。
始めにしっかり叱ることが出来なかったので、
それは習慣になり、
どうしたものかと思っていたら、調度、雑誌に、
「近くに爪研ぎを置いてやれば良い。」
との記事を見付けてました。
早速試したところ、
効果抜群!
二匹で我先にと、使ってくれてます。
ここを通るときには、
何はともあれ、爪研ぎ!
お陰で、姫は壁での爪研ぎを忘れて、
バリバリと上手にしてます。
バロンも満足!
それにしても、他にも四ヵ所、爪研ぎが置いてあるけれど、
ここが一番魅力的らしい。
何が違うんだろう?

| | コメント (0)

松田町延明寺で、「ぼたん祭。」

松田町延明寺で、「ぼたん祭。」
近くなのに、行ったことが無かったのですが、
延明寺で、今年も「ぼたん祭」が開催されています。
正式には29日からだそうですが、
もう、見ごろを迎えているようです。
雨除けの傘も、
風情を増して、趣が有ります。

昨日は、身内の法要が有り、
お陰で、忙しかった毎日(選挙で(>_<))の清涼剤になりました。
「人とは、支え合って生きる者。」
「感謝の心を忘れずに。」
改めて思わされた今回の選挙でした。

| | コメント (2)

何匹居るでしょう?

何匹居るでしょう?
正解〜!
二匹!
ホラッ、バロンの向こう側!
そのお尻の辺りに姫の耳が見えるでしょ!
姫は小柄なので、スッポリとバロンに隠れてしまうんです。
昨日、裏の奥様に言われたんです。
この窓から除く二匹を見ているらしく、
「丸々と大きい子が居るわよねぇ!」
バロンさo(^-^)o

| | コメント (0)

「ルナ」の小判禿げは!

Dvc00106_1 4月18日(水)

日曜日に、主人がシャンプーをしてくれた時にブラッシングしたら、

何と、小判形の禿が出来てしまった!

なんの抵抗も無く、ボロッととれたという。

これっていやな抜け方だ!

前にも、誰かが禿になった時に、

そんなことを先生が言ってたなぁ。

とにかく、一人での治療が難しいので、

Dvc00114_1水曜日に、主人が、丁度居てくれた時に、

受信してきました。

取れてしまった、被毛も持って。

私、大型のガムの中に入っている、飴情のものが溶けて、

その上にでも座ってしまったのかと思って

まだ50センチは残っていただろうガムまで持って行ったりして・・・。

「それなら、表面に付いているはずですよね。」

って。

そりゃぁそうだ。

何かで傷ついて、そこから膿状のものが出て、固まって抜けた。と思われます。

痒がっていなかったですか?

(全く、気がつかなかった!)

まず、組織を削って(キャァ~!)、顕微鏡で診て、

ダニがいないかどうかの検査をします。

それから、毛髪を抜いて(2回目のキャァ~!)、培養してカビの検査をします。

これには1週間から10日かかります。

私の方に顔が来ないように、ご主人こちら側で、抑えてください。」

とにかく、「ルナ」の右側に主人、首根っこを押さえ、

左側に私、体を押さえ(途中で腰が痛くなって、サボってた…ごめん。)・・・。

物々しい雰囲気に、何事かと不安げに充血する目。

でも、ママとパパが抑えているので、とりあえずじっと我慢するボルゾイ。

「ルナぁ、すごいねぇ!お利口さん!カッコいいよぉ!」

とにかく声をかける、なんでもいいから誉める(>_<)

眼は、血走っているが、ジッとしているボルゾイ!

(ホントにお利口さん!)

組織を削り、毛を抜き、他の部分も、しっかり診て下さいました。

ここまで何とか無事終了。

黙って耐えているボルゾイ。

「これなら!」

と思ったんですよ!

「先生!今日、狂犬病の注射が打てますか!?

出来たら、今、この状態でお願いできないでしょうか!

いい感じに抑えられているので!」

「大丈夫ですよ!注射の準備して!!!熱測らずにしますか!?やらせるかなぁ?」

「測ってもらいましょうか!たまには!」(主人)

ギョッとする私!でも、主人が言うなら・・・。

「アオゥ~~~~~~ン!!!」

物凄く大きな声で泣いた!

(でも、咬みつこうとはしなかったなぁ。)

大きな身体をクネラセル!

(必死で押さえる!)

「ギャハッハッハッ!」(私)

思わず、笑ってしまった!

(ルナごめん(-"-)だって、大きな身体でさ!)

「そんなに力を入れたら、測れないよぉ!・・・39度1分!

・・・じゃぁ!注射しますよ!」(先生)

「ハイ!!!」

とにかく、この間ほんの数十秒だったと思いますよ。

先生方の、素晴らしい連携プレイ(!?)と、主人のガンバリ

(私はほとんど力を入れてなかったからなぁ。(__))、

無事終了(^◇^)

ダニは居ませんでした。後は、カビですが、いやな感じがするので可能性は大きいです。

もし、そうなら、毎月注射に来ていただくことになりますが、この子には、地獄ですからねぇ・・・。」

助手の先生が仰っていた。

地獄なのに、笑ったりしてごめんよ!

それにしても、カビなら困るなぁ・・・。

「アニコム」の保険は、次回の事を考えて使いませんでした。

(1年に20回分しか使えないのさ。だから、計画的に使わないとね。)

チョット、心配になって、

今朝は、ずっと敷いていたマットを捨てました。

結果が出るまで、よく観察しておかないとね。

「ヒドクなるようでしたら、いらしてください。

そうでなければ、結果がでるまで積極的な治療はできません。」

とにかく、待つしかないね。

今のところ、ヒドクはなっていないようだし、

痒がっている様子も無いんですがねぇ・・・(>_<)

| | コメント (0)

ペットシートの上がお気に入り?

ペットシートの上がお気に入り?
ここは、ベッドの上です。
バロンの粗相防止のために、防水シーツ、そしてペットシーツ。
確かに、汚れている訳では無いけれど、
(?_?)かワザワザここで寝る姫。
どうなの!?

| | コメント (0)

姫は、何でも食べる!

姫は、何でも食べる!
今食べているのは、鰹節。
ペット用を義妹が買って来てくれた物。
バロンは野性児に見えるが、
これが神経質で、匂いを嗅ぐだけ。
いざという時には、姫のようなタイプが、
生き残るんだるうなぁ〜。今日も地震が有ったらしい。
そんな時に贅沢は言ってられないんだぞ!

| | コメント (0)

バロンの大好きなひざかけ。

バロンの大好きなひざかけ。
寒いときにはこれにくるまって寝てます。
何故か左前足が出てて、
可愛くて、思わず撮りました!
それなのに、
今日、
この近くでチットしてしまって、
汚してしまいました。
バロン、大事な物なんでしょ!?
気をつけなきゃ!

| | コメント (0)

ベランダから、小鳥を狙う!

ベランダから、小鳥を狙う!
わが家の猫'Sは、完全室内飼なので、
せめて、ベランダには出してやるようにしていて、
外を覗けるように、よく抱っこしてやるようにしている。

見てくださいよ、
この筋肉質の背中を!
すごく重いんですが、決してブヨブヨではありません!
庭を飛ぶ、ツバメを真剣に見詰める。
本能は決して忘れない!
お前も猫なのネェ。

| | コメント (0)

ママ、大丈夫?

ママ、大丈夫?
水曜日は、隔週でトレーを回収する日になる。
今回は、発泡スチロールの50センチ位の大きな箱が有った。
これは、30センチ以下の大きさにしなければいけない決まりなので、足で踏んでみたが、
壊れない。
仕方なく、両手で持ち、足で真ん中を押さえながら、「バチン」と割った、途端!
その勢いで、後ろに転んでしまった!
「痛〜〜〜い!」

その時!私のナイトが飛んで来た!
「お怪我は有りませんか?」
なんて感じでは決して無い。
「ママ!ママ!どうしたの!」
とでも言いたげに、回りをピョン、ピョン飛び回る!身体を押し付けてくる!
(こっちは、体制が悪いのにィ。)
「大丈夫、大丈夫!怪我はしてないよ!大丈夫だから!」
立ち上がっても、離れようとしない。
モゥ!初やつめ!

「何か、楽しい事をしていると、思ってるんですよねぇ。」
訓練師さんに言われたことが有る。
イャア、心配してくれていると、思いたいよねぇ!

| | コメント (2)

ルナ、柴犬のサッチャンに叱られる!

4月13日(金)

何時もの散歩コース。

畑のあぜ道を行くコースを行けば、いつも柴犬のサッチャンに逢える!

その事を「ルナ」は知っていて、

覗くようにして探すけれど、

今日は、いつも乗ってくる、軽トラックも

まだ止まっていなかった。

「残念でした。居ないねぇ~。」

なんて言っていたら、

向こうから走ってくるのが見えた。

サッチャンのお父さんは車を止めて、

サッチャンを抱くようにして、「ルナ」側に近づけて下さった。

「ルナ」は嬉しくて、駆け寄る!(「レフト」で我慢させるのが精一杯。)

顔を近づけようとして・・・。

「ウ゛ゥ~!」

って、叱られた(>_<)

「ルナ」を座らせ、

暫く、お喋りをして、

「バイバイ」したけど、

唸られても、何にも言わなかったなぁ。

サッチャンはいいんだぁ。

チョコラブのプーちゃんも、

何をされても怒らないけど、

サッチャンもいいんだぁ。

いつか、遊べるようになると良いね!

「ルナ」!

| | コメント (0)

バリ島土産は、大好きなバック!

バリ島土産は、大好きなバック!
ご主人が海外赴任しているOさんが、その近くのバリ島に遊びに行って、
お土産を下さった。
オシャレな彼女らしいバック!
私もバックは大好き!
「これは、500㍉のペットボトルが入るのよ!」
「オォ〜!」
これからの季節にビッタリ!
早く一緒に出掛けたい!

| | コメント (0)

バロン、サク越え覚える。

バロン、サク越え覚える。
わが家はの猫'Sは、昼間は2階だけで生活している。
義母が、猫が苦手なので。
その境界のために、主人がペットゲージを利用して、2階の廊下の入口に、ゲートを作ってくれた。
でも、当たり前だか、猫族である彼等が、黙って諦める訳も無く、
姫は小さな身体を活かし、くぐる!よじ登る!
それでも、その時に音がするので、
早期発見!
確保!となる。
「バロン」はというと、
そんな姫を羨ましそうに見送り、
開けない限り、無理して脱走を試みることは無かった。
ので、安心していたのだが…。
とうとうやりましたよ!
それも、5㌔の身体を軽々と浮かせて飛び越えた!
猫としては当たり前の行動だが、
今までやらなかっただけに、チョットビックリ。

それからは、
一度やったら恐いもの無し!
とばかりに、
何の躊躇いも無く、繰り返し、
私は仕事が増えた。
また、何か対策を考えなければ(>_<)

| | コメント (0)

爪切りは嫌いだ!

爪切りは嫌いだ!
「だから一回三本が限度!

その位なら、切らせてやってもいい!

アアッ!ママッ!

4本切ったなぁ!

ダメダヨ!

その手をクワエテやるぅ!

・・・・・・・・・あれっ!?・・・・・・痛くなかった・・・・・・・・かな・・・。

じゃぁ、まぁいいか。」

爪切りは、鬼門です。

私が一回失敗したからです。

それでも、最近は痛くないことを理解してくれて。

何とかやらせてはくれるようになりました。

でも、長く拘束していると、私の手をくわえようとします。

この時には、グット頭を勢いよく持ってきて、私の手をくわえたのですが、

(この時は、私引きません。おそらく力は入れないだろうと思っていますがね、

引いたら負けですから!!!)

「アレッ!?」という顔をしたかと思うと、

「フッ」っと、何事も無かったかのように、力を抜いて、また寝転がったんです。

嫌だという意思を伝えようとする事が、習慣化してしまって、

「くわえてみたけど、そういえば別に痛くなかったなぁ・・・。」

という感じでした。

なんだかとっても可笑しくて、

大声で笑ってしまいました(^◇^)

| | コメント (2)

小田原城の桜

小田原城の桜
4月7日は結婚記念日!
でも主人が居なかったので、8日にランチしに小田原へ行ってきました!
小田原城の桜もまだ大丈夫で、日曜日ということもあり、
大変な人でした。
ボランティアで手づくり甲冑の方との記念写真も撮れたりして、
楽しそうでした。
黒のダックスにも会いましたよ!
人込みの中をお利口さんで歩いていましたが、
イキナリ小学生の低学年位の男の子に手を出されて、威嚇!
ワンコはあの人波に、緊張していたと思います。
イキナリ手を出すのは、止めましょう。
「触っても良いですか?」
の一言が欲しいです。
飼い主さんが判断できる余裕を作ってあげて下さい。
特に、ルナのような、ビビリヤさんにはね(>_<)

| | コメント (2)

ポチタマのフォトコンテストは、ダメでした(;_;)/~~~

先日、「ポチタマ」のフォトコンテストが開催され、

「ルナ」も「サリー」も、しっかり応募したのに、

ダメでした(;_;)/~~~

うぅ・・・・残念!

「ルナ」は体が大きい分、写真にすると小さくなってしまうし、

扱いも「易い」訳ではないので、

難しいと思っていましたが、

「サリー」は期待していたんですよ!

だって!すっごくいい写真が撮れたんですもの!

「これは、イケルカモ!!!」

ってね!

でも、最終選考に残った子たちを見たら、

みんな抱きしめたくなるような可憐さがある子たちで、

こりゃぁ、元気が取り柄の我が家の子たちでは、

駄目だわ!

と思いましたよ。

又の、機会を狙うぞぉ~~~~~~~~!!!

| | コメント (2)

サリー、こんなに可愛い顔をして

サリー、こんなに可愛い顔をして
私を見上げるこの可愛らしい顔。
でも、これが、中々やり手なんです。

お祖母ちゃんは、都合のいい人です。
欲しいと言えば、何でもくれる人。

「でも、私が機嫌の悪い時に触ろうとしたら、

『触らないで!』

って、言わないとね。

でも、言っただけじゃダメ!

手を咬んだりしないと、解ってくれないのよ。」

くらいに思っているようです。

お祖父ちゃんも、ちょっと前までそんな感じでしたが、

「いけない時には、しっかり叱る。」

を、徹底してくれるようになり(可愛いだけで甘やかしてはいけません)、

いきなり咬みつく事はしなくなりました。

マッタク!犬という生き物は、賢いです。

「咬む」という行為は、エスカレートします。

はじめは歯を当てるだけでしたが、

最近は犬歯が入って、血も流れるほどになってきました。

何とか、やめさせようとしますが、

敵も考えていて、私が見張っている時には、

やらないんです。

「ママがいる時にそんなことしたら、叱られるも~ん!」

(クゥ~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!解っている!)

後から叱っても、効果ゼロ。

「ママが、怒っているんだけど・・何だか解んな~い!」

いつもいつも見張っている訳にもいかず、

仕事から帰ると、

「今日、思うさま(思いっきり)やられた!」

と、義母から、報告を受けることになります。

それが、先日、叔母にも咬みついたそうです(;一_一)

それも、思いっきり。

叔母は、しばらく包帯をするほどで・・・。

「やっととれたよ。」

と義母に聞きました。

叔母の家には、毎日のように義母に連れられて、遊びに行っているサリー。

遠慮が無くなってるな。

お客さんは大好きで、とっても友好的なんですけどねぇ。

私が見ていない所では、

豹変するのかぁ!?

| | コメント (0)

第16回統一地方選挙!

4月8日は、第16回統一地方選挙の日です。

ここは県会議員や知事の選挙が行われます。

私は、議員さんのお手伝いをさせていただいている関係で、

前回の選挙から、全力投球してきました。

それまでは、こんなに一生懸命に、

真剣に考えていなかったもん。

私の1票なんて、軽く考えていたかも・・・。

でもね、やっぱり重要なんですよ!

1票差で、これからの4年間が変わる事だって有るんだから!

良い方に変わってほしいですよね!

だから、皆さん!

真剣に考えて、信頼できる方を選んで下さい。

もちろん!

その1票を無駄にせず、

投票所に足を運んでください。

昨今、浮動票が大変に多くなりました。

その如何で動かすことができるのです。

諦めちゃぁ、イカンヨッ!!!

| | コメント (0)

小田原造幣局の桜

小田原造幣局の桜
小田原の造幣局は、
普段は立入禁止だか、
桜の時期だけは、一般開放される。
ペット禁止なので、
ルナは留守番だったが、
小さい犬や、子供に気を使うことも無く、
それはそれで、ゆったり見れた。
地面に付くように枝が垂れている木も有って、
中々見応えが有る。
お札や切手についての展示や、
一億円と全く同じ形と重さにしてある、
「一億円をを持ってみよう」
などという施設も有って、楽しめた。
政府干渉の書籍の販売も興味深く、二冊購入した。
息子に受けるかと思い、一万円の図柄がプリントされたタオルも購入。
「一万円が500円だよぉ!」
というおじ様の声に釣られたんですけどね!

| | コメント (2)

南足柄大口の桜。

南足柄大口の桜。
川沿いの大口(場所の名前です)の桜を見に行った。
夜、ライトアップされたそこは、中々雰囲気が良い。勿論ルナ連れ。
でも、ルナは、下の匂いばかりが気になる様子。
頭を上げて堂々と歩いてくれたら、
カッコイイのにね!

| | コメント (0)

愛しい、愛しいプーちゃん!

愛しい、愛しいプーちゃん!
プーちゃんに逢った!
とは言っても、偶然私だけ。
留守番しているルナに、
せめて匂いだけでもと思い、撫でて、舐めてもらって。
帰って来て、
「何!?何!?プーちゃんじゃあないかぁ!」
って、夢中で嗅いでた。
また遊ぼうね。
なんて言ってたら、
次の日に逢えた!
コマンドなんて聞く耳持たず!
ブーちゃんは足を傷めているというのにお構いなし!
何時引き戻したか。
でも、逢えて、良かったね(^0^)/

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »