« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

パピヨン「サリー」が必死になること!

Dvc00042_5 これは、ベッドの上です。

最近、この状態で2匹は寝ています。

(姫は、出窓です。寒くないらしい。ロングの毛皮を着てるから!?)

昨日、「バロン」がマタマタ布団にやってくれて、

洗った毛布やカバーをメイキングしようとして、

既にベッドに居た「サリー」を抱いて降ろした。

それが、床におろした途端に、

踵を反し、ベッドに飛び乗った!!!」

「あたしは、ここから動かないわよ!」

とでも言いたげに!

「ハァ?」

イヤァ、ビックリするほど、早かったぁ!

「『ここで寝ちゃぁいけない』って、言ってる訳じゃぁ無くて、

『少しどいてて』って言ってるんだからさぁ、そんなに心配しないの!」

それにしても、どれだけここで寝たいんだか・・・(~_~;)

| | コメント (0)

夢の中でも、犬の訓練!?

変な夢を見た。

そこはドックランの様な広場で、短い雑草が生えていた。
登場人物は三人。
私と、左に立つ男。
そして、10㍍ほど離れた所に、ニューファンドランドを連れた男。
イヤ、最初はニューファンだと思ったが、それにしては大きいし、角ばって居て、牛に近いかも…。
なんて思っていたら、
その子が飼い主を引っ張りながら、確実に私に向かって走ってくる!
敵意剥き出しだ!

私の隣に居た男は、直ぐさま逃げ出した!
「ここで逃げ出してはいけない!」
なんて思っていたら、
その犬は白地に黒のブチ模様のボルゾイに変わった気がした。
と、私の目の前でセッターに成った!
しかも二頭!
(ハチヤメチヤだ!)
その内の一頭が、噛み付かんばかりの勢いで私の顔に向かって吠えたてて来た。
飼い主は、引きキレナイ!
「宛に成らない!」
と思った!
先ず、目を反らしてみる。
敵意が無い事を知らせる。それでもダメなら、迫力で負かす!
私はムンズと立ち、睨み付けた!
その瞬間、
セッターはオドオドし始めた。
「ヘンッ、毎日ヤンチャなボルゾイを扱ってるんだぞ!」

ここで目が覚めた…
私…夢の中でも、
こんな事してるんだぁ…。

| | コメント (0)

ルナとSharuuidansu ?

ルナとSharuuidansu<br />
 ?
ルナとは、小さい頃から
「アップ!」
と言っては、後ろ脚で立たせて、
「ズンチャッチャッ!」
なんてワルツのまね事をしたりしてた。
あれだけの身体なのに、甘えっ子で、
直ぐに飛びつきたい子だったので、
何度も顔に痣を作ったりしていて、
訓練師に付いてから、それを止めさせたけれど、
こちらのコマンドが有ったときには、やっても良いよと…。
それが、最近また抱き着きたいことが多くて、
お座りの姿勢から、私に身体を押し付けるようにしながら、後ろ脚で立つ!
あれだけの身体を二本足で支えるのは大変な事だと思うのに、
さらにセリアガルヨウニ起てるなんて、
「足の丈夫な子を」
との私の願いが通じたんだと、
とても嬉しい!

でも、嬉しさのあまり、ブルンブルンと顔を振るので、
私はボルゾイの両前足を抱えるように支え、
その首の辺りに顔を押し付けて、振られる首を押さえるようにする。
と、
ルナは自由に頭を振ることが出来ない代わりに、
大好きなママにギュッと抱きしめてもらえて、
大満足!

私も嬉しい!
美しいボルゾイとの、濃密なダンス!
ダンス!ダンス!
…アレッ…待てよ…
ルナの45キロ強の体重を支えるために、
少し腰を落として踏ん張り、
あいつの前足を、両腕で支えたこの姿…。
アァ〜、コリャア、どうみても、
今にも釣り出しをしようとしている、
力士にしか見えない〜f^_^;……………。

| | コメント (2)

「ルナ」の威嚇を直すことができるのか?

昨日の夜に、BS-Hを見ていたら、

問題行動のある犬を訓練する番組を放送していました。

アメリカかなぁ。

他の犬とうまく付き合えない子が居て、

ドッグトレーナーの飼っている、

訓練された39頭の犬達の中での訓練で、

その子はリラックスをして接する事が、出来る様に成っていました。

日本にも、そんな所が無いかなぁ・・・。

ムツゴロウさんのところ(八王子)に行くしかないかなぁ・・・。

それで、「ルナ」にも出来るように成るんだろうか・・・。

| | コメント (0)

ボルゾイ「ルナ」木の枝にハマル!

Dvc00071_2 夜、散歩に行こうとして、犬舎から出し、

チットをさせて、

「来い!」

・・・来ない・・・

「来い!」

・・・来ない・・・

こんな時、こちらから近づいてはいけません。

「来い」は人間のほうからやってくるものと、覚えてしまうからです。(訓練師さん曰く)

でも、何度呼んでも来ないので、居るであろう場所が見えるところまで移動。

居た々、

柿木の下がチットの場所なので、そこに影が見える。

「来い!」

動かない・・・。

「ママにはチャンと見えてるんだからね!」

などと言ってみた。

・・・来ない・・・

門を開けてみる。

飛んでくるはず・・・来ない・・・

玄関から娘が出てくる。

飛んでくるはず・・・来ない・・・

「こりゃぁオカシイゾ・・・。」

懐中電灯で照らしながら近づいてみる。

ナント!

カッコイ~イ(!?)我が家のボルゾイは、

「眠れる森の姫」を助けに向かった王子ヨロシク、

イバラ、イヤイヤ・・柿の木の枝の中に、ハマっていた!

「アリャ!マァ!」

そうだ、今日は柿木の剪定をしていた。

一本が1メートルほどは有りそうなそれが、その下にそのままに積まれ、

夜で視界が悪かったので、(犬だけど…(~_~;))

飛び込んでしまったんだ!

たくましく雄々しいボルゾイは、

ママに枝をどかしてもらい、やっと脱出出来ましたとさ!

それにしても、

「ウン」とか「スン」とか言えばいいものを!

怪我はしていなかった様なので、良かったけどさ!(ーー;)

| | コメント (0)

ルナ、フレンチブルドック二頭、威嚇!

ボルゾイのルナが、威嚇しそうな時は、よく判ります。
完全にそちらに気が行ってしまい、臨戦体制に入るからです。
相手も、自信有りげに、ムンズと立っていたりすると、
もう、ダメです。
モチロン!私も黙っちゃいません。
先ず、相手のオーナーさんに挨拶し(ルナより先にすることで、警戒しなくてもいい相手で有る事を、知らせるためです。)
ルナにはコマンド入れます。
その時によって、お座りをさせたり、何度も反対方向へガツンと引いてみたり(これは余計に興奮することに成る可能性、大ですが…。(^_^;)
そして、相手ではなく、私に注目させます。
「レフト!ママを見る!」
それでも、やっぱりダメな時は…。
始めて会った雄!
これは、一度やっておかないと気が済ま無いらしい(^_^;)

そう、その時も雄だったと思います。
しかも二頭!
ガッツリ構えてる!
(これはダメだな)
フレンチブルドックのオーナーさんは、横に有る公園へと、チャント避けて下さっていました(あちらもヤリテだったのかも。)
それでも、
「ガォー!!!」
「NO!!!」
ガツンッと引いて、
「お座り!!!」
サッと座るボルゾイ!
(「ヨシッ!」心の声)
困った顔で私を見る。
「オ〜〜ッ!」(ブルのオーナーさん)
一度のコマンドで素早く反応したルナに、称賛の声。
(嬉しい!)
しかし、困った事が…。
勢いよく、反対方向に引いたとき、
ウンP袋を落としてしまった!
取ろうとリードから気を反らしたら、また行こうとするボルゾイ!
「NO!ルナ!(言い聞かせる。結構解っているらしい。)ママね貴方のウンP袋を取るから、チャント待てよ!(この辺りから可笑しくなり、笑いが混じる。)動かないでよ!待て!」
ブルドックのオーナーさんに見られながら…苦笑してました(>_<)
ともかく、ウンP袋無事確保!
オーナーさんに、ご挨拶をして歩き出したら、
なんと、公園でバスケをしていた三人の高校生くらいの男の子が、
「ポカ〜ン」と見てた…。
中の一人は入口までボールを持って出て来ていて、立ち尽くしている…。
「恥ずかし〜い!」

ルナは、私と普通に歩いていると、
とても大人しい子に見える…らしい。
それが、威嚇の時の迫力を見たら、
驚くわなッ!
イヤッ、私の迫力!?だったりして…。
ハッハッハッハッ…f^_^;

| | コメント (2)

胸の上に、バロンが乗っていた

胸の上に、バロンが乗っていた
昨夜は、夜中に目が覚めた。
調度胃の上辺りが重くて…。
始めはサリーかと思った。
これは堪らないから、降ろそうと手を延ばしたら、
「アレッ!バロン!」
バロンが乗ってくれるのは珍しい。
いつもはアンカの上から離れないから…。
「バロンじゃあ仕方ないかぁ)^o^(」
バロンとサリーの体重はホトンド同じ、4.7キログラム。
この差は何だろうか?

| | コメント (0)

パピヨンサリーの、オネムアップ

パピヨンサリーの、オネムアップ
猫達と遊び疲れて、
ウトウト…。
オネムのアップ、
可愛いねぇ。

| | コメント (0)

ボルとパピ、神社にお参り。

Dvc00055 Dvc00056

一昨年は、元朝参りに「ルナ」を連れて行きましたが、

人がイッパイなのと、暗いのと、酔っている人も居て・・・。

他の人に危うくぶつかりそうになったりして、

ドキッとしたので、

今年は連れて行きませんでした。

それで、改めて連れて行きました。

お祈りする事は他でもありません!

「この子達が、健康で怪我もせずに過ごせますように!

それから、怪我をさせる事もありませんように(ルナの場合限定!)

| | コメント (0)

「おねしょ防水シート」購入

「おねしょ防水シート」購入

バロンの粗相が当たり前の様になり、
実家でも羽毛布団にしっかりやってくれて、大騒ぎをしたくらい日常茶飯事に成ってしまって…(>_<)
何とかせねばと、思い付いたのが、介護用、もしくは、子供用の防水シーツです。
ただサイズがシングル用で、しかも、お尻の辺りをカバーするサイズなので、
何枚か買わなければいけないと思っていたら、
見付けましたよ!
ネット通販の「Amazon」!ダブル用!
しかも、
「猫等のペットとの添い寝にも安心!」
と書いてある!
まさにそれだ!

早速購入!
少しゴワゴワするけど、ブルーシートよりは良いだろう!
モチロン!
シートとして使っている訳では無く、
ベッドのカバーとして掛けています。
それにすると、少し小さいけど、
今の所効果有るようです。
ヒーターも入れているからなのか、
していません。
頼むよ!
バロン!

| | コメント (0)

ボルゾイルナの縦ロール!

ボルゾイルナの縦ロール!

見てください!
ルナの縦ロール!
今「デジタルパーマ」ナドトいうのが人気らしいですが、
これは、モチロン「天然」です!

まだ訓練を受けていた頃には、
もっと長くて、訓練師さんに、よく褒めていただいたなぁ。
ボルゾイ友達にも、
「憧れよ!」
って!
フッフッフッ(^_^)
ア〜ッ、美しい!

| | コメント (0)

ボルもパピも、どんど焼き。

ボルもパピも、どんど焼き。

「どんど焼き」は、毎年1月14日に行われます。
私の乏しい知識によると、
無病息災を願う行事だったと思います。
木を山の様に積み、達磨やお飾りを燃やします。
習字を燃やすと上達するとか、火にあたると、病気をしないとかいわれます。
その火で、焼いたお団子を食べるのも同様の言い伝えからです。
ルナも遠くからあたりに行きました。
「お腹を壊しません様に。風邪をひきませんように。元気で過ごせますように。」
サリーは抱っこしてたけど、震えてました(>_<)
帰り道、長い竹の先に刺さっているお団子をルナが狙ってジャンプしたりして。
何だか、人参を目の前にぶら下げられてる馬を想像してしまいました。
アッハッハッ!

| | コメント (1)

コーギー、ワイマラナー3頭とも里親さんが決まったそうです(^o^)/

ヨカッタァ(^o^)/

里親さんが決まったそうです。

さすが我が友人たち!

でも、妹の所に家族が増えるかもと、期待していたので、それは残念!

それでも、とにかく皆が喜んでくれました。

こんなにステキな人間もたくさん居るのだから、

世の中、捨てたもんじゃぁないでしょう!?

昨日から、胸の中がムカムカシテイタノデ、

ともかく安心しました(^o^)/

| | コメント (0)

ブリーダーが・・・ナンダッテェ!?

昨日、友人より、

「ブリーダーを辞める方が、コーギー2頭と、ワイマラナーの里親を探しているとのことです。見つからない場合は、今週末に処分してしまうそうなので、どなたかいらっしゃいませんか?」

という内容のメールが入った。

ナンダッテェ!?

直ぐに、年齢を確認し(一歳過ぎているとの事)可能性の有る方、協力していただけそうな方にメールを送った。

今週末だなんて、もう数日しかない!

皆も、協力してくれるとの返信をくれた。

有難い!

妹の所で、雌のコーギーを欲しがっているので、

可能性が有るかも!

でも、「らん丸」との相性もあるし・・・。

などと思い悩んでいたら、

「とりあえず、一時預かって下さる方が見つかりましたので、緊急性は無くなりました。」

との、嬉しいメールが来た。

良かったぁ(^o^)

とにかく、命は繋がった!

それにしても、「ブリーダーを辞めるから処分する」とは何事か!!!

命を何だと思っているんだ!

事情は有るのだろうが・・・サッ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

それにしても、こんな事が最近多い。

「ペットブーム」と言われる昨今、

人間は頂点に立つ者として、シッカリしなければ、イ・ケ・ナ・イ!

それにしても、

コーギーはともかく、ワイマラナーは・・・訓練師さんにも連絡してみようっと。

わが家じゃぁ、ご存知のように難しい子が居ますからネェ・・・(^_^.)

| | コメント (2)

FIVの治療薬が出来る!でも、遅かったよ!

「来夢」は感染性のFIVが発病して逝ってしまった。

感染率は7割とも、発症率は、1割とも3割とも言われているようだが、

その中の一匹に、選ばれてしまった。

もう、一年以上前になる。

それが、昨日の新聞に、

「予防薬を申請した。」

との記事が載っていたそうだ。

今まで、効果的な治療薬が無く、

あらゆる手を尽くしたのに、「来夢」は回復することは無かった。

だから、それはすばらしいニュースだ。

その筈なのに・・・。

遅かったよ!

もう、逝っちゃったもの!

いまさら!遅い!!!

これは、私のわがまま・・・いま、闘病生活にある子達は、助かるんだから!

「バロン」や「姫」が、何時発病するかも解らないものね。

万が一、そんな事になるようなことが有ったら、

「それまでには認証されていますように。」

と願おう。

それに、怖がらずに野良チャンを保護してあげることが出来るように成るしね。

良報であることは間違いないよね。・・・・・・・・ネッ。。。

| | コメント (0)

「来夢」の遺品を1つ捨てることが出来ました。

Dvc00021_3 ボロボロですね。

「来夢」が、よく使っていましたが、逝ってしまった後、「バロン」がベッドにしていました。

それが何故か、周りをかじってこんなにしてしまって・・・。

サスガに居心地が悪くなったのか、最近は使わなくなったので、思い切ってリサイクルに出すことにしました。

「来夢」が最後まで使っていた・・・ダンボールが大好きだったので・・・私の手作り・・・。

Dvc00022_1 新しく、妹にキャットタワーを買ってきて貰ったので、

これからはこれを使ってね!

オモチャを入れたりして、興味を引いているところです。

Dvc00023_1 外に持っていったら、

「ルナ」が、夢中で匂いをかいでいる。

「バロン」の匂いがするぅ?・・・・・・・

ハッとした!

もしかして!

「来夢」の匂いがまだする!?

「来夢」には、頭が上がらなかった「ルナ」。

ねぇ!「ルナ」、お前には、解っているの!?

それでも、「ルナ」は答えてくれる筈など無い。

当たり前だ!

馬鹿な私・・・。

まだ、爪とぎが残ってる・・・・・・・・・・・。

| | コメント (0)

実家のミミも元気ィ〜!

実家のミミも元気ィ〜!

一年ほど前に実家に連れていった「ミミ」。
元気にしてました。
随分大きく成りましたが、4.2キログラムだそうなので、バロンより500㌘も軽い。
調度良い感じかな。

初日は慣れるまで緊張の二匹。
(姫は、最後までダメなので、あえて二匹!)
それでも追いかけっこして、遊ぶようになります。
もっぱら、バロンが追われる方ですがね(>_<)

姫は、ミミの姿が有るうちは、ベッドの下や、押し入れに立て篭もり!
小さいときに数ヶ月一緒に暮らしたバロンとミミとは違うもんね。
無理も無いか。
母にも触らせないので、
私が抱いたときに、急いで撫でたりしていた。
猫大好きの、母ですから。

| | コメント (0)

ボルゾイルナの甘えっ子振り!

ボルゾイルナの甘えっ子振り!

車の中では、ずっと一緒に居られる!
「ママァ〜。」
って感じかな!?

この後、お尻がハマっちゃって、
抜け出すのが大変でした(>_<)

| | コメント (0)

実家に来てま〜す。

実家に来てま〜す。

左がルナのお尻。
私の膝に乗ってます。
右は姫のキャリーバック。
こんなにくっついていても、平気らしい。
姫はわが家に七ヶ月で来るまで、
犬を知らない子だったのに、
堂々としている。
助かる。

| | コメント (0)

チンチラシルバーの姫、カットする!?

チンチラシルバーの姫、カットする!?

純血種を飼うのが始めてですし、
来夢はこんなにモコモコでは無かったので、
考えています。
朝晩のブラッシングは楽しいので、全然苦には成らないのですが、
それでも、ちっともマトマラナクテ…。
ウンPはぶら下げて歩くし…o(^-^)o
カットしてもらうのかなぁ…ライオンカットはイヤ!…せめて、お尻だけでも…いや、いっそベァーズカット!?

| | コメント (0)

パピヨンサリー、おやつが欲しい

パピヨンサリー、おやつが欲しい

「お祖父ちゃんに、オヤツをオネダリシテモ、くれな〜い。」
って顔でしょう!?
もうすぐご飯だからダメよ。
それにしても、犬用のお節は美味しかったのね。
ただマカロニだけ残す…(>_<)

ルナは、お腹の調子が悪くなったので、
お米類の物と卵だけあげました。
明日からは普通のご飯だよ。

| | コメント (0)

夜中に泣くボルゾイ。

散歩の後や、休日に、あまりにも遅くなったりして、排泄したい時などに、
「クゥークゥー」
泣くときが有りますが、
長泣きはしないし、声を掛ければ、直ぐに泣き止むルナですが、
昨夜は、夜中に泣き始め…長い…。
何だか心配になり、出ていくと、
ボォーッと私を見ている…「どうしたの?」
と、取って置きの声を掛けてやった私ですが、
もしかして、
寝ぼけてた!?

それにしても、悲しい夢を見てたかな?

| | コメント (0)

バロンの二本足立!

バロンの二本足立!

暮れの大掃除の頃は、周りのお宅から、
何時もとはちがう色んな音が聞こえます。
神経質なバロンは、その度にベランダの収納ケースに飛び乗り、
見張りです。
この時には何時にも増して、
おもっいっきり背伸びして見回してました。

私、この立ち姿がたまんなくすきです。

| | コメント (0)

賀正。犬「おせち」!

賀正。犬「おせち」!

豪華でしょう!?
モチロン、私が作った訳ではありません!
妹が頼んでくれたんです。
パビヨン「サリー」は、マカロニだけ残しました。
ボルゾイ「ルナ」はご飯から食べました。
「バロン」は匂いを嗅いでいるうちに、「姫」に横取りされました。
一人の時に改めてあげようね(>_<)

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »