« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

バロンの目は結膜炎!

バロンの目は何と結膜円だそうだ。

しかも、「猫にとっては辛い方です。」って!

息子の話じゃぁ、「ずっと前からだよ!」って・・・。

私、気が付かなかったの?!

随分苦い思いをして、あんなに気を付けていたつもりだったのに!

また、やってしまった!

「サリー」に気を取られて、見落としたのか!

最初の猫「ミルク」を失ったときもそうだ!

「ルナ」に気を取られて・・・病院に運び込んだときには、もう手遅れだった!

あんなに後悔したのに、私は・・・・・・!!!

| | コメント (3)

バロンの目が( ・・;)

Dvc00047 今度はバロン。
左目の縁が赤くなって、ヤブサッタソウ!
昼間は娘の部屋でばかり寝ていたので、気付かなかった!
具合が悪くてそうしていたのかと、気遣ってあげられなかった自分を反省。
でも、左目だけだし、擦ってしまう程では無いらしい。
何かにカブレタカ?
日曜に頂いた花束が洗面所に有り、花粉にやられたかな?
だとしても、今まで一度もこんな事、無かった。
ともかく、コットンに少し人間用の弱い目薬をタラシ、水をタップリ含ませて拭いてやった。
それが、的確なのかどうか判らないが、片方だけだし異物を取り除いてあげようてと。
暫くしたら赤みが引いて来た。
元気は有る!
ヨシ!
でも、心配なので受診しよう。
また!?医者だよ!

| | コメント (0)

姫の避妊手術。

Dvc00045 やっとこんな顔をして、そばで寝てくれるようになりましたよ。

やっぱり、お医者様の仰るように2ヶ月かかりましたね。

最近は、自分から私の手元まで来て撫でろと、

クネクネしてねだる様になりました。

撫で方が気に入らなくて私の手を咬む様な仕草を見せても、また、直ぐに来ます。

昨日寝る時には、私の足の上に乗ってる布団の上でゴロゴロしていたので、

足を出したら、飛びのいていました。その下の私の身体までは、気がついてなかったらしい。

今日、サリーの鼻のことで、受信した時に、姫の避妊の手術も相談してきました。

7月1日(土)にお願いしてきました。

今までの子とは我が家に来た経過が違うので、チョットためいが有りますが、

このままでは、かわいそうだものね。将来の病気の事を考えたらそれが良いよね。

生まれたお家には、報告しよう。

サリーの鼻の症状は、カビか、水虫がうつったか、鼻水などが気になって舐めすぎてしまったか。の3つの可能性が考えられるそうです。

念のために、カビの検査をしていただくことにしましたが、舐めすぎた可能性が強いらしいです。

舐めるなといっても止めさせられないだろうから、それはそれで、困るよねぇ。

結果は、1週間後に判ります。

| | コメント (0)

ルナの自業自得!

調度一週間前頃でした。

やっぱり蒸し暑い日で、散歩の後、例によって水浴びをし、

犬舎の前のコンクリートにデーンと寝転んでいた時です。

右後ろ足の爪がめくれているのに気づきました。

爪は、一番嫌がります。

毎日チョットづつ触って慣れさせ、金属の食事用のナイフを触れさせて慣れさせ、やっと爪切りをカツカツ当てられるようになり、少しずつパチンと切らせるようになったのに、

私が欲をかいて切りすぎ、血を出させてしまい、元の木阿弥になりました。

又一からやり直し。

今度は前より警戒しているルナを、それでも何とか騙し騙し・・・。

最近は、触って嫌がっても咬まれるという恐怖は、無いようになりました。

ですから、あの爪のささくれもむしらせてくれるかなと・・・挑戦!

どうって事は無かったですよ。それより「暑いんだよ!」って感じかな。

それで、もしやと思って、もう1つ挑戦したくなったんです。

そのささくれを取った痕、「削ってやりたい」と思ったんですよ。

鑢は随分何度も爪に当てる練習しましたから、大丈夫じゃぁないかなってね。

でも、嫌だったみたい。

しっかり自分の足がつかまれていたのも嫌だったみたい。

腹筋するように勢いつけて自分の足をつかんでいる私の手に向かって、歯を当てようと口を持ってきたんです。

その瞬間、私、手を離したんです。

何しろ、ルナは勢いつけて口を持ってきていましたから、

私の離した後ろ足は、その反動で、大きく開いた自分の口に飛び込んできた格好になったんです。

「ウォーン!!!」(大型犬はこんな声ですよね。)

「カツゥーン!」

と、音がしましたから、痛かったでしょう。

「ガッハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!罰が当たったんだ!」

ママに、歯なんて当てようとするから、こんな事になるのよ!

「いい気味~!」

これはもしや、懲りて素直にやらせるかも!

案の定、他の爪を削る時にも、大人しくさせていました。

何にも文句言わないでね。

自分の失敗で、痛い目に遭うのが一番効くのかも!

| | コメント (2)

狙っているのは!

狙っているのは!

他の誰でもありません。
視線の先には、毛繕いする姫が居ます。
このドアの影は、待ち伏せや、狙うのに最適らしいです。
サリーも良くやってます。
サリーが待ち伏せるのは、バロンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サリーシャンプー。

サリーシャンプー。

昨日、主人に、サリーのシャンプーをしてもらいました。
この情けなさが可愛〜い!
フワフワの真っ白に成りましたよ!
でも、鼻の頭がテカテカに乾いていることを発見!二、三日前かららしい。
お腹が少し緩かったので、ヨーグルトを食べさせたから、負けたのか?マサカネェ…。
「その前からだよ。」
義父が言うには、シャンプーする前かららしい…。
また、医者だf^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまく撮れない!

うまく撮れない!

バロンと姫の仲睦まじい(!?)写真を姫の実家(?)にお送りして、安心していただきたいと思っているのですが、うまく撮れない!
何しろ止まる瞬間が無い!
犬′Sは「待て」のコマンドで、それが出来るのですが…。猫はネェ…。
これじゃあビミョーな関係ですよねぇf^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAPPY BIRTHDAY!ルナ!4 歳!

HAPPY BIRTHDAY!ルナ!4<br />
 歳!

HAPPY BIRTHDAY!
私の愛しいワンコ!
四歳だね!
もう、四歳!
ここからは、速いのよね!
どうぞ、元気で長生きしてくれますように!
アァ、それから、事故を起こすことも有りませんように!
頼むよ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

猫が立っている姿が好きなんです

猫が立っている姿が好きなんです

だって、四つ足で歩いているときには、ドキドキする程カッコイイんだけど、立ち上がると、たまらなくカワイラシク成ってしまうんですよね!
姫は今、外の小鳥を見詰めてます。
猫ですよ!
オコジョじゃ無いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高の避難場所!

最高の避難場所!

バロンはサリーと遊びます。と言うより、仕方ないから相手してやってるって感じかな!
それでも、さすがに嫌になるときには、高い所等に避難!
今、私はトイレの掃除中です。
取り外したフードが最高の場所らしい。
入らずには居られない!
そして、サリーのハイパーから逃れるにも、良いらしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何だか変な事を思い出した!

何だか変な事を思い出した!

昨日も暑かったから、朝の散歩でもうバテバテ!この表情!
これからが暑さの本番なのに、どうすんの!
扇風機を出してもらうようか…。

デジカメで撮ったら、昔を思い出した。
ルナ、お前は15年はガンバレ!
ママが!守る!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また、バロンの粗相が始まった!

また始まりましたよ!
始めはヤッパリ娘の布団で、昨日は私達のにやられました!
体調崩して寝込んでいたときからだったので、
トイレが汚れていたからかナァ…。
バロン!お願いよぉ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開成町の紫陽花。

Dvc00025_2 紫陽花祭は終わってしまったけれど、見に行ってきました。
仕事が休みだった主人が、自転車で引きます。
ルナは、直ぐにバテテ…f^_^;
それで、狼狩りが出来るのか!!!

今年の紫陽花は、遅霜に花芽をやられて寂しかったけど、
白い種類が素晴らしかった!
平日でもお店も出てて、中々の盛況振りでした。

Dvc00027 サイクリング出来る程度の距離で、何度も休憩!

今にも死にそうな呼吸!

ルナが特別なのか、ボルゾイが長距離に弱いのか・・・。

でもぉ、長距離を走れるようにアイリッシュウルフハウンドの血が入っていたような・・・。

私の足を枕にして、シ・ア・ワ・セ!?

Dvc00026_1 帰り道、菖蒲の咲く公園で休憩。

川沿いだったので、嫌な予感がしていたのですが・・・。

予想通り「ジャボン!」

体が扱ったのネェ!

流れは結構速かったけど、うまく立ってましたねぇ。

さすが、動物の本能!

しかしネェ、お腹まで付く位の推進ですから、60センチくらい有るでしょうけれど、それでも泳げない(必要ない)犬でした・・・。

いつか、泳がして見たい!!!

| | コメント (2)

頚椎痛めた!私が…f^_^;

日曜にコンサートに行って、前屈みで爆睡し、頚椎を痛めたらしく、起きて居られない程の頭痛と吐き気で、まいった!
久しぶりに受診しました。血圧が低いので、血管の病気では無いらしい。
一安心。
一応、音楽家の端くれの私。
恥ずかしくて人には言えない!
皆様も、うたた寝にはご用心を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

至福の時!

至福の時!

暫く座ってましたが、ゴロンと私の足に背中を沿わせるように寝転がる!
アァ〜!
至福の時!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ペットを撮るなら、お日様の下

ペットを撮るなら、お日様の下

最近思うんですよ。
晴れた空の下で撮った写真が綺麗ですよね!
ルナなんて、キラキラしてるもの!
でも、猫′Sは、室内飼いなので、お日様の下に居る時を狙うのは、意外と難しい。
特に姫はまだ気を張っているらしく、なかなかじっとしていてくれない。
それでも、抱っこ出来るように成ったので、ベランダで撮ろうと、今日の晴れ間を狙ってみました。
脱走されたら大変なので、しっかり抱きしめている私の手がビミョ〜!
チンチラシルバーの美しい毛並みを撮りたかったんだけど、表情が…ねぇ…。なかなか…ネェ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨ですねぇ。

毎日雨ですかねぇ。
ルナは何だかハイパーでした。
夜の散歩で、売られた喧嘩を迷わず買いました。
でも、
「ノォー!」
のコマンド一回で、レフトに付いて来た。
マァいいか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫とサリーを遭わせてみた!

あっという間に棚の下に逃げ込んで出てこなくなった!

隙を見て、今度はベッドの下にもぐりこんだ!

傍に来ると、「ウゥ~~!!!」っと威嚇!

やっぱりハイパーサリーとは、遊べないかな?

でも、それって、バロンにもよくやっているから、

サリーがジッとしていることが出来れば、大丈夫?

でも、それは難しいですねぇ。

| | コメント (0)

これ、これ、これですよ!

これ、これ、これですよ!

バロンの安心しきった寝顔!
これ、これ、これですよ!
姫も、早くこんな表情を見せて欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三匹の微妙な距離!

三匹の微妙な距離!

さくを一枚にしましたが、なかなか縮まらない姫とサリーの距離。
バロンは、
「お前、何でそんなとこに居るんだ?」
とでも言ってそうです。
姫はまだ、プルプル震えながら見ている感じ。
一緒に遊ぶのは無理かな?
それから、今日は初めて姫を抱いて、ベランダから外を見せました。
私から逃れようと力を入れるので怖かったけど、これも慣れてもらわないとね!
少しづつ、ゆっくり。
焦るな、私!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョット、オデブ?!

チョット、オデブ?!

一ヶ月前に、姫が来る前の事ですが、バロンの体重が4㌔を超えたので、まずいと思い、グロースを止めていましたが、姫がキャシャなので、これもまずいと思い、またグロースにしていました。
本当は別々な餌にしたかったけど、それは難しいですよね。
そしたら、案の定、バロンのお腹が立派になって来てしまいました。
う〜ん…、何とか5㌔で抑えたい。
考えた末、餌を二種類用意する事にしました。
一応それぞれの器が有るので、姫にはグロースを、バロンにはヘアボールコントロールを。姫の抜け毛対策にもなるかな。
マァ、どちらを食べてもいいか!
でも、よく見ていると、姫は少食だわ。バロンはよく食べるけどよく動くから筋肉質!まだ肥満ではないかな!
そういえば、多頭飼いようが発売されたけど、どうなんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その視線の先には、猫′S

その視線の先には、猫′S

サリーと姫はまだ、直接合わせることをしていません。
サリーはハイパーなので、かなり慎重に事を進めないと…。
それでも網越しは大丈夫な様なので、今日はサリーを抱っこして側に座ってました。(抱っこしているときには、じっとしている様に教えておいて良かった!)
決してこちらから近付くことはしません。
姫に任せます。

来た、来た!
匂いを確かめる。
私の手を出して、付いたサリーの匂いを嗅がせます。自分からまた少し近付いて、鼻をヒクヒク。
よく見てる。
ビクビクしながらも、サリーを観察。
50㌢程離れた所で、毛繕い。
「落ち着け、落ち着け!
これは危険な者ではなさそうだ!」
サリーも静かに待つ。
バロンが、

「サリーは何やってんの?」
とでも言いたげに、寄って来て鳴く。
そんな様子を見てて、判断するんだろうなぁ。

でも、ハイパーサリーは、離した途端に駆け出し、ぶち壊しになる。
そこいらへんが、難しいぞ!
さて、どうしたものか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祖父ちゃんの手、ちょっと腫れた。

昨日、私が仕事から帰ったら、義父は庭を片付けていた。

「大丈夫ですか?」って聞いたら、痛くないって。

でも、少し腫れているようだ。

特に、奥歯で噛まれたであろう幅広の傷の辺りがポッコリしている。

全く困った子だ!

お祖父ちゃんには今まで大丈夫だったのになぁ・・・。

そのお祖父ちゃんにも勝った事で、自信を付けたのか、

昨日は生意気になっているみたいだった。調子付いているというか、

「ママにも試してみよう。」

なんて思っているのか・・・。

前から、鼻パクを覚えさせたくて、それが中々鼻の上に乗せさせてくれなくて・・・。

昨日は、左手で口を押さえて右手で乗せて・・・。

うまくいったんですよ!これが!

それで、もう一回と思って、また鼻をつかもうとしたら、

その手にカンッ!と歯をあてて来た!

(鼻を掴まれるのは、「ルナ」にとっては叱られる記憶と結びついているので、とても嫌なことです。ですから、鼻を掴みながら「褒める」事を繰り返して、その恐怖を取り除いてきたつもりですしたが・・・。私には、許してくれていたのですが・・・。ただいきなり掴まれるのは、理解出来なかったのでしょうか。)

「ア゛ァ~ン?!何っ?!!!」

その途端に、「アレッ?やっぱりダメだったかな?」みたいな顔をしたけど、

あれは、ごめんなさいじゃぁ無かった!

ナッ、生意気なぁ!

それから何度も「待て!」と「ヨシ!」を繰り返して・・・。

それにしても、どうしてあの瞬間に蹴り上げなかったんだろう!

チャンスだったのに!

もしくは、叩き上げる!

気を抜いていた!

クヤシイ~ィ!!!

今朝も悔しくて、今日はしっかり対応しようと散歩に行ったけど、

もう、何時もの「ルナ」に戻ってた。

あぁ~・・・貴重なチャンスを逃してしまった・・・・・・・・。

| | コメント (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »