« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

ルナが、お祖父ちゃんを噛んだ!

ルナが、お祖父ちゃんを噛んだ!

ルナにまたやられた!
今度はお爺ちゃんだ!しっかり歯が食い込んでいる!
ビビリ噛みではない!
完璧、威嚇!
犬舎の排水溝を開けようとして、遣られた!
今、医者に行ってもらった。
しっかり消毒してもらうように!
でも、主人の時よりはましかな。太い血管は、いってないみたいだからf^_^;
化膿しないといいけど…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サリーは軽い腸炎だった。

サリーは軽い腸炎だった。

熱も無いし、少し細菌が出ているだけの軽い腸炎だというこだった。
小さな身体で食べさせ過ぎたかな。
ゴメンネ!
フィラリアも、何ヶ月もしないと血液に出てこないし、サリーは真面目に薬を飲ませているので、カカルはずか無いそうだ。
咳も「時々」なんていうレベルでは無いそうな。しかも興奮すると、チワワやパピヨンは咳をしやすいそうだ。
ボルゾイでは聞いたこと無いもんねぇ。
飼ってみないと解らないもんねぇ。
注射はいいでしょうとの事で、飲み薬を頂いて来た。。
でもまだ良くならない。
腸は丈夫な子だったから心配。
元気は出て来たんだけど…。
でも、ルナはとても良くなった!
あの子はよく腸炎おこす子だから、逆に様子が解って安心だ。
薬も一回飲ませただけで、回復。
何時ものパターン。
それにしても、お粥にサツマイモ、ささ身のミンチを夢中で食べる二匹。
「美味しいは、嬉しい!」
だね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注目しているのは姫!

注目しているのは姫!

サリーは、私が居るからなのか、無理しないでそっと覗くように階段を上がったり下がったりしながら姫を気にしている。
ルナやバロンには吠えるくせに、姫にはまだ一度も吠えてない。
仲間との認識なのだろうか。それとも女の子同士だからかな!
このゲートを外したらあっという間に追いかけっこが始まるんだろうからまだ逢わせるのはためらうけど、何とか仲良く遊んでくれるようになることを願っている。
来夢と逢わせた時には。来夢に怒られたけど(私がf^_^;「あの子何!(\_/メ)」っていう感じ。)
来夢が上位だったし、サリーは無理をしなかった。
バロンとはプロレス状態だから、
ちゃんと区別出来ると思うけど。

それにしてもわが家の犬′Sのお腹の調子が悪い。サリーは階段にまでそれが有った位だ。
尻尾に着いたままが落ちたか、間に合わなかったか。
誕生日ケーキを食べさせ過ぎたかな!
ターキーも頂いて、贅沢過ぎたか?
でも滅多にお腹なんてこわす事の無い子だから、受信しよう。
1番心配しているのは、お爺ちゃんの落とした薬を食べたかもしれないということ。
落としたときに足元に居て、落としたはずの薬が見つからないの。
それって、そうだよねぇ!(そういえば、お爺ちゃんが、うん○のついたお尻を洗ってやろうと抱こうとしたら、噛み付いた!出血するほどだったf^_^;。わが家の子達は皆人を見る。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫、マタタビ好き!

姫、マタタビ好き!

猫はマタタビ好きと言いますが、ミルクも来夢もそんなに執着しませんでした。
昨日、妹が「姫ちゃんに!」と言って、オモチャを買ってきてくれました。
こんな時、普通優先権は姫に有ります。
ところがこの網網のはなんとマタタビの種が入っていて、バロンが飛び付きました。
姫も横から手を出しますが、バロンはなんと怒ってます!
こんなバロンは始めてみました!
バロンも怒るんだぁ!
何時もは
「仕方ないなぁ。」
ってゆう感じで、こっちが苛々する位なのに!
姫も何度もチャレンジしますが、本気のバロンにはかないません。
あんまり可哀相なので、(だって姫が頂いたんだし…。)バロンと隔離して、存分に遊ばせてやりました。
バロンが遊んだ後のオモチャはビチョビチョでした。雑誌や漫画でそうなる話を見るけど、本当なんだ!

もう一個買うようかしら?と思いましたが、その後バロンは、怒ることはしないので、満足したのかな?
それにしても、すごい威力!
「あんまり遊び過ぎてはいけません!」
なんて注意書きに書いてないかと心配になった位です。
ストレス解消になる位だからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫のお気に入り!

姫のお気に入り!

昨日はサリーの誕生日!
ケーキを持って妹が遊びに来てくれました。
人参のスポンジにカボチャのペースト!
犬の顔の形!
チョット舐めてみたけど味は無かった。
まさに犬向け!
らん丸と一緒に食べました。
早く食べないと、らん丸に取られちゃうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バロン」は複雑?!

「姫」はオモチャにあまり興味を示さない子だと思っていたが、最近慣れて来たせいも有るのか、お掃除シートに飛びついてきたりする様になった。

でも、一番のお気に入りはウサギの編み編みオモチャだ。

これは、「バロン」にとっても大事なオモチャだ。

「姫」が遊び始めると、複雑になるらしい。チョイチョイと手を出すが、無理はしない。

「ボクのだぞ!」

って、取りっこしてもいいのよ!

優しい「バロン」!

大好きよ!

| | コメント (0)

猫、共謀罪。ゲージを二重に!

わが家は、義母が猫が苦手です。

なので、猫’sは通常、2階で生活しています。

2階と1階は、ペット用のフェンスで仕切っていますが、止めているわけではないので、脱走は容易なはずです。

でも、バロンはそれをしなかった。猫なんだから飛び越える事もオチャノコサイサイだろうに、身体が重いのか決してしなかった。

ところが、何時だったか偶然に、少しフェンスがずれた所を足で動かし、1回に降りてきた事が有るんです。

1階には、義母が寝てしまった夜中には、降りる事を許しているので、「かって知ったる」だし、しかも小鳥が居る!魅力的だね!

(今までの子は、「この子はお友達。」と鳥小屋に連れて行って言い聞かせると、決して手を出さなかったが、「バロン」は危ない感じ・・・。)

それでも、「姫」が来てからそんなことは忘れているようだったのだけど・・・。

又々やりました!

しかも今度は2匹でスタスタ降りてきた!(偶然遭遇!悪いことはできないネェ!)

「バロン」の後ろから「姫」も!

「バロン」について来ちゃったのね。

と思っていたら、見たんです!現場を!

「姫」が、ゲージを足で押して開けようとしているんです!

あぁ~!!

共謀犯だったんだ!

その後、フェンスは二重に成りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨と雷!ボルゾイの散歩中止!

Dvc00054 ボルゾイの「ルナ」は台風でも、何とか合い間をぬって、散歩に行きます。

犬舎では決して排泄をしないので、どうしても外に出さないといけないのです。

その為に、もちろん私は合羽を着て完全防備です。多少の事では臆する事は無いのですが・・・。

さすがに昨日の雷には、躊躇しました。

雷自体は怖くないです。「ルナ」も平気ですが、何しろ近かったのですよね。

「落ちるかも!」

と思うくらいだったので、さすがに散歩を中止しました。

(実際、公園で、散歩中に雨を避けて木の影に入って、雨宿りをしていて雷に打たれ、前県知事の奥様と娘さんが亡くなったのは、記憶に新しい事です。とても辛いお葬式だったとお聞きました。)

そんな時にも、「ルナ」は出さなければいけません。

でも、雨大好きな子だったのが、最近気乗りしないみたいです。

犬舎の入り口を開けてあげても、

「エェ~、出るのぉ~?」

みたいなカッタルソウナ動き・・・。

「来い!」

で、やっと重い腰を上げる感じ。

それがあのドシャ降りと雷ですからね。

「とにかくチットはして来ましたァ!もう行きたくありませーん!」

みたいに、ドーッと行って、ドーッと帰ってきました。

「ウン○は?して来ないとダメよ!ウン○!」

(100パーセントじゃぁ無いですけど、一応コマンドを覚えさせたつもりなんですが・・・。)

って言っても、「エェー?!」っていう感じ・・・。

「もう知らないよ。」

って、ご飯にして、その日は犬舎に入れました。

次の日の朝。

案の定、朝6時ごろから

「ウォ~~~~~ン!ウォ~~~~~ン!ウォ~~~~~ン!」

いつもより急いで朝の家事を済ませ、出してやると、庭中を駆け回り、散歩に行く頃にはもう、「ハァ!ハァ!」荒い息でした。

「もう疲れた?」

と言ってやりました。

そして、門を出てすぐに「うん○」。この日は、朝の散歩で3回もしました。

あの大きさで3回されるとネェ・・・。

重た~い「うん○」を持って歩く、飼い主なのでした。

| | コメント (1)

怖い物見たさ!?

怖い物見たさ!?

チンチラシルバーの姫は、犬を知らない子だ。
ところがわが家には、二頭の犬が居る。
ボルゾイのルナは外飼いだからいいとして、バピヨンのサリーは合わずに済ませるのは困難だ。
しかもサリーは、猫大好き!バロンとは絡まって遊んでいる。
それが昨日は、ここまで接近!距離にして、30センチか!
震えながらも近付く姫!サリーも吠える事は無いから、いけるかも!

それにしても、サリーが2階に来ている時には、娘の部屋に「姫」は非難させておくのに、出て来たいらしくて、脱走を計る!

サリーは姫にとってストレスになるのではないかとの懸念ガ有るので、まだ会わせたく無いと思っているのに・・・。

「以外と大丈夫かも」

とも思うんだけど・・・。

でもこれは、怖い物見たさ!?

| | コメント (2)

「うるさいぞぉ!」って事?

「うるさいぞぉ!」って事?

ボルゾイだけなのか、一般的にそうなのか、はたまたルナだけなのか解りませんが、エンジン音のうるさいバイクや車は嫌らしいです。
今は大丈夫になりましたが、始めは怯えてパニックになってました。あれだけの身体で暴れられたら抑えるのも一苦労で、慣れさせるまでは大変でしたよ。
トラックなどの大型車はもとより、散歩コースには、カウンタックなどという車が居たりして、爆音を響かせて走っていきます。
人間だって耳を抑えたくなるんですから、犬はいかばかりかと思います。
最近はルナも経験も積んだし、そうそうは驚かなくなりましたが、(すんごく小さな事に驚きますが…)そのかわり、威かすようになりました。
全部が全部ではないんです。
「行くかも!」
と対策をこうじておけば大丈夫になりましたが、ただ通り過ぎるだけのオートバイだったり、車に威嚇する時も有ります。
機嫌が悪いのかと思っていましたが、
私の様子から判断して、知り合いでは無いのにルナに興味を示してじっと見られたりすると、どうも気に入らないらしい。
「なに見てんだよぉ!」
って感じ!?
ボルゾイは人間好きですが、飼い主が知らない人までは受け入れられないのかな?(そのくせ、チャッカリ撫でて貰ったりしてるときも有る。)
この間は、軽自動車にまで吠えてたf^_^;
お陰で私は、すれ違う人全部に挨拶してま〜す♪
なんて気さくなオバサンだろうと思われてるかもしれませんが、
違います!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夕べは、バロンの一人運動会

夕べは、バロンの一人運動会

猫は夜行性と申しますが、何時もは、私達が起きるまで、しっかり寝てくれる子で、助かっていたんです…。
それが、姫が居ると何故か運動会が始まるのです。一人運動会。
それも姫は「眠いのよ!」っていう顔をしながら、それでもバロンが暴れるので、寝て居られないらしく、夜中にポツンと座ってました。
姫が居るから張り切ってしまうのか、それとも…。
自分のゲージは姫に取られるし、夜まで部屋に居るし、
「何なんだよ!」
っていう事かも…。
優しくて、素直に受け入れてくれたからこそ、我慢しているのかも。
気をつけてあげなけれぱね。
ごめんねバロン!

| | コメント (0)

パビヨンの尻尾を三編!

パビヨンの尻尾を三編!

ハッ!ハッ!ハッ!
いやぁ、ボルゾイでこんな事考えたことも無かったけど、
何しろフサフサの尻尾ですからねぇ、何本も三編が出来ましたよ!
キッチンの椅子に私が座っていると、抱っこしたがるんですが、調度尻尾側に娘が居ましてねぇ…。
編み始めまして、…。
サリーは何だか解らなかっでしょうが、
じっとさせられて、写真を撮られてねぇ!
愛らしさに、三編が似合ってる?!

| | コメント (0)

「バロン」のお尻で、「姫」おネム。

Nec_4708_1 とうとう、夢の時間が訪れました!

「バロン」と「姫」がくっついて寝てます!

ウッ(涙)・・・この日を夢見てました!

でも、顔同士がくっ付いてないのは・・・

なぜ(?_?)・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルゾイKちゃん、Fちゃんを威嚇!

Dvc00001_1 先日、「ルナ」の狂犬病の注射に医者にいった時も会ったのですが、

「姫」の予防注射に行った時にも、ボルゾイのKちゃん(雌)のオーナーさんに会いました。

(同じ訓練師さんについていたので、知り合いに慣れました。)

Kちゃんは、6歳。2歳のボルゾイFちゃん(雄)とシーズーと一緒です。

Fちゃんが来た頃には、「そんなにしなくても。」と思うほど、しっかり躾けていたという話を聞いていました。

それが、Fちゃんが成犬になった今になって、寝ているFちゃんに向かって本気で威嚇するらしいのです。

Fちゃんはただ寝ているだけのところを吠え掛かられるので、怖がってオーナーさんに助けを求めるのですが、それが日に何度も有って、どうしてだろうと悩んで居るそうです。

院長先生の仰るには、

「犬や猫の心理分析は難しい。訓練師さんが分からないという事だと、私にも分かりかねます。海外で心理学を勉強したような獣医が居る事は知っていますが、紹介できるような医者は居ない。」

との事でした。

私も、なぜこんなに「ルナ」は「そこらじゅうの対象物に対して吠え掛かるのか」と悩んだ時期が有り、

「ムツゴロウさんの動物王国」(八王子に有って、訓練は予約制で3千円だったと思います。一度行って見たいのですよね。)に相談してみようかと思ったほどでした。

でも、その頃は「サリー」が来たばかりの頃だったので、第2子が産まれたときの、第1子と同じ心境なのかと見守ることにしましたら、何とか自分なりに納得したようで、そんな事もなくなりました。

犬はデリケートな動物です。ましてやサイトハウンドは神経質で敏感で・・・。

(そこが、たまらず愛しいんですけどね!)

原因が分かるといんですけど・・・ねぇ。

| | コメント (2)

咬み付きボルゾイ!

我が家も老朽化してきて、昨日からキッチンの床を張り変えていただいているのですが、

その職人の方がボルゾイをご存知で、

「ボルゾイですよね。知り合いのところにも居るんだけど、これが咬み癖が有って、8人も咬んだんですよ!もう、治んないんだってネェ。」

ギョエー!!!

ボルゾイの咬み癖のある子?!

これは参っちゃうよねぇ!

何歳の子なのか?治らないと言うのなら、成犬なのかなぁ。

「治る」とか言う考え方自体違う気がするけど・・・。

だって、噛むのは自然の事だものねぇ・・・。

対処の仕方がいけなかったんだと思うよねぇ・・・。

始めにしっかりダメだと教えておかないと、どんどん大きくなるからネェ、人間はかなわなくなるし・・・。

まず、犬歯を削って(それでも相当の覚悟が要るだろうけど・・・。)、警察犬の訓練をするときの腕に付けるのでも付けて(大会に行った時、2万円で売ってた。買おうと思ったくらいだった。・(>_<))、アルミの服を来てでもなければ無理だろうなぁ・・・。

まだ、訓練を受けていた頃、咬み付きゴールデンの事を訓練師さんが話していた。

訓練師さんの先生が、「犬歯を抜いて、去勢する事を条件に引き受ける。」

と・・・。

もう、保健所にお願いしようかという位の子だったらしい。

ゴールデンでもそうなのだから、ボルじゃぁもう、引き受けてくださる訓練師さんも居ないのかもしれませんが・・・。

だけど、それはきちんと扱えなかった人間のせいですよね!

Dvc00007_2 私も、「パンダ」(写真)は何も知らずに育ててしまったので、人の事はいえません。

それに、あの子は人間に対して敵意を持つ事が無い子だったので、偶然無事に過ごせたんだと思います。

今思うと、あの事で私を認めてくれたのかな?と思うのは、

叱るときに、口を両手で押さえたら、偶然舌が出ていて少し噛み切ってしまったんです。

(血が出て、ビックリしました。私は、皆に責められました。)

相当痛かったのでしょう。あの時から、態度が違ったと思います。

可愛そうな事をしましたが、結果的には良かったのかな。

飛び掛るのは、2人目の子がお腹に居たときに、必死に何度もお願いしたらやめてくれました。不思議な事に、私の妊娠に最初に気付いたのも、「パンダ」でした。

(詳しくは、「我が愛するボルゾイの12年」で、ご紹介していきます。どうぞこちらもご覧下さい。)

その子が何とか、

「人間を咬んではいけないことを学んでくれて、人間と居ると楽しい事、うれしい事を知ってくれて、幸せに成れますように。」

願って止みません。

| | コメント (0)

「姫」予防注射うける。

Dvc00042 5月17日(水)

「姫」の健康診断に行ってきました。

何とか抱っこ出来る様に成ったので・・・。

それでも、何かを察したのか、午前中は立てこもりだったので、無理せず自分から出てくるのを待っていました。

そうしたら、うまい具合に自分からペットキャリィに入ってくれて、

「ヨシッ!」

そのまま強制連行です。

やはり、車の中でも、待合室でも震えていました。

ストレスが怖い!

体重2.08㎏。チャンと体温も計らせて、

(身体が細いので、体温計を入れるのが大変そうでしたが・・。)

注射もしていただきました。今回は、白血病は入っていない、3種混合です。

そして大切な白、血病とエイズの血液検査。

どちらもマイナス。

ヨカッタァ!!!

これで安心して遊ばせられます。

ところで、チンチラシルバーについて、先生にお聞きしたところ、

「長毛と言っても、チンチラだけは気の強い子です。人間にもあまり懐かない。『撫でて』なんて言わないのが普通です。高い所から、眺めていたりします。来た時には、どこかに潜って、出てこなかったでしょう?」

「ハイ。それに抱っこはあまり好きじゃぁ無いとおっしゃっていました。」

「慣れるのに、2ヶ月位かかるかなぁ・・・とにかく触ることです。」

キャァー!

やっぱりそうだ!

私、「来夢」がとにかく抱っこして欲しくてしょうがない子だったので・・・長毛種は全般にそうだと聞いたので・・・てっきり・・・。

でも、Sさんは確かに先生と同じ様な事をおっしゃっていたわ・・・。

でもでも、この子は「撫でて、撫でて!」だし、抱っこも出来るし、特別なんだ。

その様な子を、下さったんだ!

何と有難いことでしょう!

有難う!Sさん!

それから、まだ出来ていない爪を切っていただいて、(助かった!ジッとしてていい子だった。さすが、先生!)

副作用で顔が貼れる事もなかったし、

「ただ、ストレスが怖いんです・・・。」

「そうだねぇ・・・。」

そうです。それが心配。でも、今の所大丈夫かな。

| | コメント (2)

出窓より覗く可愛い姿よ!

出窓より覗く可愛い姿よ!

解りますかねぇ、カーテンの間から覗くチンチラシルバーが。
実はその向こうにバロンも居るんですが…。
こちらから一生懸命手を降ったんだけど、窓際までは出てこなかったな。
怪訝な顔して見てた。
それに引き換え姫は、
「あの人何してるのかしら!」
っていう感じ。
性格出てる!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の書いた文字を見つけた。

昨日、主人と義父と息子とで裏を片付けていた。

その時に出てきたのだろう、自転車用のライトが出てきた。

亡くなった、父の字で、「ライト3,500円」と書いてあった。

私の父は、自転車屋を経営していた。

でも、自転車屋より野球が好きで、短期で・・・。

理屈っぽい私とはあまり合わなかった。

時間とは早いもので、父が亡くなって、今年は7回忌になる。

父は字の上手な人だった。

そのしっかりとした字を見て、なんとも懐かしい思いに駆られた。

決して、好きとはいえなかった父でも、こんな気持ちになるんだなぁ・・・。

血の繋がりとは、不思議なものだ。

最後の正月に来た年賀状は字が震えていた。

「ゆっくりと時間をかけながら書いた」と、後で母に聞いた。

猫も嫌いだったなぁ。

だから、独身の時には猫が飼えなかった。

「お父さん、それでも私の大切な者達を守って!

ちゃんと見ててよ!

そして、ミミと二人っきりで母の日を迎えたお母さんの事をしっかり支えて!」

生きていた時の分も!!!

それが貴方の役割です。

父の亡くなる前の年に一頭目のボルゾイ、「パンダ」が亡くなった。

超大型犬の介護は大変なものだった。

あれから7年になるんだ。

6月に逝ってしまって、1ヵ月後、父の病気が解り、私は泣いている暇がなくなった。

「パンダ」は、父の死期を悟り、私に負担をかけまいと、

その前に逝ってくれたのではないかと思った。

実際、ボルゾイと父と両方の介護では私も駄目だったかもしれない。

1つ思うのは、あの時、父の病気が解ったことで、

私もペットロスに成らずに済んだのかも、という事だ。

それは、感謝すべきかな。

でも、本当に救われたと思ったのは、

「ルナ」が来てくれた時だ!

しばらくは、「ルナ」を見ては「パンダ」を思い出して泣いていたっけ・・・。

そうして今、我家には幾つもの命が有る。

先日の旭山動物園のドラマで言っていた。

「幾つもの命が有るということは、それだけ死が有るということだ。」

と・・・。

その通りだ。

私たちは、その責任を果たさなければ成らない。

それ以上の愛をくれる子達なのだから!

今、バタバタと追いかけっこをしている猫2匹。

犬舎で眠りについているだろうボルゾイ1匹、

ゲージで寝ているパピヨン1匹、

私の指を餌と間違える亀1匹。

鳥に、金魚に・・・。

みんなゝ、アリガトネ\(~o~)/

| | コメント (2)

お疲れ気味の「バロン」。

お疲れ気味の「バロン」。

連日の子守(?)でお疲れ気味。
姫も大分慣れてくれたけど、ミミの様にはいかない。
それにしても、あなたのお陰で、姫も早くに馴染んでくれたのよ。
この写真を撮るときにも、ただレンズを向けただけで「ゴロゴロ」言う信頼関係。
アリガトm(._.)m
それから、もう少し、頑張ってね!

| | コメント (0)

姫、痙攣!?

姫、痙攣!?

姫も、だいぶ慣れて来た。
まだ小さな事でビクビクしているけど、知らないうちに足元に居たりして、踏ん付けそうになって、ドキッとするくらいだ。
撫でてもらうのは大好きだし、そのシットリとした感触は、来夢のそれと同じだ。
それにしても気になるのは、痙攣のような震えが有ることだ。
始めは恐さで震えていたが、そうではない。足が「ビクッビクッ」っとする感じ。ずっとではないが、定期的に繰り返す。
特に苦しいとか、痛いとかとゆうような様子は診られない。どちらかというと、武者震いの様な感じ。
犬は眠っているときによくやるけど、起きているときだし、わが家の猫では見たことが無いので心配だ。
予防注射の時に相談してみよう。

| | コメント (0)

「姫」の方が強いかな!?

朝起きると、「姫」の居る娘の部屋の前で、

「入れてくれ!」と鳴く「バロン」。

(一緒の部屋で寝かすと、夜中にバタバタして、人間が眠れないので、別々に寝てます。実は、一昨日の夜、リングスタンドを倒されて、記念の指輪を失くしたんです。ガァ~ン!でも、今朝見つけましたよ!書類を整理しているファイルフォルダの中に有ったんです!倒した拍子に飛んだんですね! ヨカッタァ!!!失くしたのを主人にはナイショにしていたので、気が気じゃぁなかったんです!)

「ハイハイ。」

早速朝のご挨拶。

そこまでになったね。

だって、一週間前は、盛りの「姫」を持て余してたものね。

しばらくは相手をしてあげても、私の横に来て、グッタリしてたもの。

訳が解らず、お前なりに気を使ったのでしょう。

なんて優しい子なのでしょう!

それが、「姫」も落ち着いてきて、(たぶん、盛りが過ぎたんだろうと思います。)

普通の遊びが出来る様になったのね。

それでも、「バロン」は私に付いて歩く、「姫」は「バロン」に付いて歩く、

必然的に「姫」も私について歩く様になる。

ジッとしていてあげれば、私の足元も通れる様になった。

「バロン」は私がまたいでも大丈夫だけどね!

それは10ヶ月の時間が作ってきた信頼関係。

ゆっくり作って行きましょう。

ねぇ、「姫」。

| | コメント (2)

姫はブラッシングが大好き!

姫はブラッシングが大好き!

まだ人間の動きに敏感で、安心して居られるという訳にはいかないらしいが、
「撫でてもらいたい!ブラッシングしてぇ!」
だ!
せがむのだが、複雑らしく近付くと逃げるので、私もなるべく低い姿勢、つまり四つん這いになって近付きくようにしている。
それが、一度始めたら、なかなか止めさせてくれない!
普通なら嫌がるであろう尻尾も平気!
願わくは、その場に居てくれないかなぁ。
後足をフミフミしながら移動するので、私も動きながらブラッシングすることになるのよねぇ…。
マァ抱っこしちゃうけど!(抱っこも平気さ!)
それにしても、さすが長毛、毛が全部無くなっちゃうんじゃあないかと思う位抜ける。来夢の比じゃあないな!
モチロン、しっかり集めている。ポンポンでも作ろうかな!
そして、Sさんにプレゼントしよう。

| | コメント (0)

ヤッタア!撫でた!

ヤッタア!撫でた!

姫ちゃんを、撫でましたよ!
一度撫でる事が出来たら、こっちのもんよ!
ブラッシングなんて、「もう止めて良いかなぁ…。」と言う程、大好きで。
それならば、と、抱っこも…成功!
アァ、昨日の立て篭もりは嘘のよう!
昨夜はバロンと二匹で同じ部屋に寝かせました。
もう大丈夫ね!
本当に一週間だったは!

| | コメント (0)

ルナにレインコート!買った!

ルナにレインコート!買った!

五日に、横浜に行って、ルナのレインコートを買って来ました。
計って貰って…やっぱり1番大きいサイズでした。
さっき着せたら、胸周りがギリギリでした。余裕を見てこれにしたつもりだったんだけど…。
今度は足が着いているので、着せるときにチョット嫌がりますが、上手になれば(私が)大丈夫でしょう。
高かったけど、これしか無いんだから仕方ない!
「洗えますか?」
チャント確かめたわよ!

| | コメント (2)

サリー乱入!今までの努力が!

サリー乱入!今までの努力が!

姫との信頼関係が、しっかり出来てから、サリーには合わせようと思っていました。
なのに、ナント!サリー乱入です!
しっかりコマンド入れとけば良かったのに、私のミスです。
予想どおりの大パニック!
直ぐに、待てのコマンドで止めて、サリー捕獲!
訓練しといて良かった!
サリーは天心爛漫!ただ遊びたかっただけなんだけど、犬を知らない姫はタマラナイ!
あ〜っ!なんて事!
この子の為に、連休を捧げてきて、もう少しで不信感を拭い去ることが出来ると思ってたのに!
それから、また机の下に立て篭もりましたとさf^_^;
それで、くじけそうだったの。「これで信用度0かな」って…。
「10ヶ月の子には、犬まで居るこんな家は向かないかな、そりゃあそうだよね。私の我が儘だったかな。」って…。
そしたら、さっき呼ぶのよ!
やっと出て来てくれた!
試しに、2階を開放して、バロンと遊ばせてみた。「バロンにも警戒するようならダメかな。」と…。
それが、全く何でも無い感じ。
さっきのは嘘みたいに!
でも、あれって誘ってるよねぇ…。
姫は立派なレディだからねえ…。
でも、バロンは去勢してしまっているから、解んないと思うよ…。
ドギマギしてるもん…。
なんか、複雑…。

| | コメント (0)

掃除機、ドライヤーはダメ!

掃除機、ドライヤーはダメ!

姫は、掃除機、ドライヤーはダメです。
猫だから当たり前と言えば当たり前ですが、
ミルクは掃除機でブラッシング出来た程ですから。
そうなってくれたら楽なのですが…。
でも、スイッチ切れば近付いて来るから、サリーよりましか!?
今、洗濯物の匂いを嗅いでます。
大きな鳴き声は不安からなのか、もしかして盛りなのか…。
答えてやると近付いて来る様になった!大新歩!
ストレスが恐い!
でも、食欲は仰せいで、早くグロースに切り替えてやりたいくらいだ。排便排尿もバッチリだし、大丈夫かな!

| | コメント (0)

「姫」ちゃん、五日目!

5月7日(日)
バロンが策を飛び越えて、姫のもとへ!
(愛の力?)
しかし姫は特に嫌ではないらしい。
さすがに急な動きは嫌うけど、お尻の匂いを嗅いだりして、悪くない感じ。
こんなに考えて慎重になっている私達は何なんだろう!
まあ、何時までも抜き足差し足では歩いてないけど、普通のわが家を知って貰わないとね。
私達にも随分慣れた。
じっとしていれば、側にも来るし、猫じゃらしで撫で撫では構わないらしい。(使い方が間違ってる?)
そのかわり、じゃれては遊ばない。
キーホルダーやストラップが好き。
どさくさに紛れて、チョット触るくらいは出来るようになった。
もう少しかなp(^^)q

| | コメント (0)

「メールであります!」

「メールであります。」

携帯をでメールしてたら、ここまで近付いて来た!
ストラップに興味深々らしい!バロンも好きで結構噛っているから、匂いも付いてるしね!
これは良いぞ!
目の前に置いてみたら、すぐに寄って来た!
ヨシッ!
手を伸ばしかけたその時、「メールであります!」
ケロロ軍槽の元気な声!
モチロン姫は飛びのいた!
ア〜〜〜ッ、なんて事!

| | コメント (0)

ルナと夕日の滝!

沢山の家族連れがデイキャンプしていて、小型犬も居たし…。
お昼を持って行ったんだけど、みなさんのご迷惑に成らないよう、どなたの邪魔にも成らない端っこを選んだのに、
小学生くらいの子が、わざわざ、狭い土手とルナの間を通るし…。
思わず主人が注意してましたけど…。
ルナは休めの姿勢だったから見えなかったかな?
「そんな訳無いだろ!」
あれだけ大きいんだからねぇ!
皆様、サイトハウンドにはご注意を!

| | コメント (2)

「バロン」と正式にご対面!

Dvc00021 今日は、「バロン」とまずは網戸越しに遭わせて見ました。

バロンも、もう11ヶ月に成りますから、警戒するかと思いましたが、まったく「ミミ」を迎えたときと同じように無理せず、少しずつ近づいていました。

「遊ぼう!遊ぼう!」と床を寝転がりながら近づき、鳴いて誘う!ウマイッ!

お前は、優しいねぇ!

「姫」はというと、ナントこちらも人間に対する態度とはまったく異なり、警戒心は有るものの、「バロン」を見詰め、姿が見えなくなったと思ったら、ススゥ~っと出てきて、すぐに鼻と鼻をくっ付けて、ご挨拶!

Dvc00024 エェ~ッ!!!どういうこと?!それっ!

試しに、網越しのご対面も試してみたました。

これも大丈夫!

「バロン」が足を出したら、チョット「フゥ~!」って言ったけど、又直ぐに来るし・・・。

早く注射を打って、一緒に遊ばせたいなぁ・・・。

そしたら、もっと早く慣れてくれると思うんだけど・・・。

でもそれには、人間に慣れて貰わないと・・・。

抱くことも出来ない!

それが、問題だぁ・・・。(^_^;)

| | コメント (0)

「姫」、自分から近付く!

Dvc00017_1 夜、娘が寝ているときには部屋中を探険しているらしいので、今1時間ほど本を詠みながらベットに居たら、
来ましたよ!自分から!
私の足元を通って出窓へ!出窓でウトウト…。
カメラ向けたら降りてしまったけれど、
今でも歩き回っています!
時々鳴くので、返してやります。
声も覚えて貰わないといけないので、人間語でも話し掛けます。
今、又々出窓に来ました。
さっきより大胆です。
もう緊張!
それを見抜かれないように、力を抜く…。
机の裏を悪戯してます。
グルーミング!三日目にして、初めて見た!
さっきは、直径七センチも有ろうかというような毛玉が落ちていて、ビックリした!
早くブラッシングをしてやりたいのよ!
そういえば、今朝は、コートに掛かったビニールが破られていた。
貴女も、ビニールが好きなのね。
悪戯が嬉しい!!!
そうよ!あんな暗い机の下なんかより、
明るくて温かくて、鳥達も眺められる、出窓の方がどんなに良いか。
少しずつ慣れて来てくれたね!
嬉しい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「姫」、困ってる!

「姫」、困ってる!

私も、結構自信が有ったんだけど…成猫を慣れさせるの…。近所の子も、「数分でOK!」だったんだけど…。
でも、好奇心はおおせいで、人間が近くに居なければ廊下にも出て来る様に成ってます。
これは、手前側のベランダから私が入って来て、ドア側に自分は居たので、困ってる所です。
いつも避難している机の下が私の足元なので、逃げ込む訳にもいかず、どうしたものかとドギマギしています。
「ママ、そっちに動くよ。」
声をかけながら、静かに移動。ベットに腰掛け、じっとしていてあげます。
「姫」は少し考えてましたが、歩副前進で移動。腰が引けてる!
途中、人間の足(私の足さ!)が有る。
そこから、駆け込んでしまうのかと思っていたら、なんと立ち止まり、匂いをかいだ!
ヨシッ!!!
「ママの匂いを嗅いでくれるの?覚えてね!」
アァ…手を伸ばして抱き抱えたい衝動を押さえる。
ひとしきり嗅いだら、机の下に戻っていく。
長毛種にとって、いや、猫にとって一番恐いストレスを感じさせていることが恐い!!
その小さなからだ一杯に感じている不安と怯えが、少しでも早く消えるようにすること!それが今の私の役目だ!やってみせる!

| | コメント (0)

名前は「姫」ちゃん!

Dvc00011 白の美しい子なので、「ビアンカ」にしようかと思っていたのですが、
主人の反対により、後は迷わず「姫」が浮かんで!
だって、この美しさはと雰囲気は、もうそれしかないでしょう!
今朝はチョッピリ触った!ピットと座ってたけどね。ちょっとでも人が居ないと出て来てるんだけど…。
夜中も歩き回っているらしいし…。
「姫」ちゃん!早く出て来て!

| | コメント (3)

バロン、気がきじゃあない!

バロン、気がきじゃあない!

朝から、何度も呼んでくるチンチラに、バロンは気がきじゃあない!
ドアの前に駆けていって、返事する。すると、また鳴くので、又々返事。
暫く鳴き合ってた!
これは良いぞ!バロンとは大丈夫そう!
早く逢わせたいけど、何しろ注射がまだだからねぇ…。我慢、我慢!
一週間が長そうだ!

| | コメント (0)

机の下が非難場所!

机の下が非難場所!

昨日はペットキャリーから出て、娘の机の下に潜り込み…。
でも人間が居なければ、出て歩いてる。
ウンチもオシッコもちゃんとして、ご飯も食べて水も飲んだ。
先ずー第一段階はクリアー!
夜には静かに側で本を詠んでいた。こちらからは行動を起こさないように注意しながら。驚かさない様に。
そしたら、
「ニャァー!」
と呼んでくるので、
「ニャァー!」
と応える。それを暫く繰り返していたら、ヒョコット顔を出した!
優しく声を掛ける。緊張の表情。でも震えなくなった!
ポンポンで遊んでみる。興味深々!
良いぞ!
左右に動かす!しっかり目で追う!
スゥーっと引いてみる!2、3歩前に出る!
ヨシヨシ!
でも、そこで静かに私の方に顔を上げる。
「この人が動かしているんだわ。どうしよう。」
とでも言いたげだ。
優しく声を掛ける。考えてる。
後退りする。
その繰り返し!
昨夜は3時まで鳴いていたとか!
朝見たら、カリカリは全部たいらげ、またしっかり排便もしていた。一カ所にキチントまとめて!なんと上品な!
女の子だもんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チンチラシルバーの女の子!

チンチラシルバーの女の子!

今日、チンチラシルバーの女の子を連れてきました。
今朝連絡がとれて、
「今日なら。」
との事で、取る物もとりあえず、娘と行ってきました。
三匹の中から、一番小さいという子にさせていただきました。もう10ヶ月に成りますが、まだ2キログラムしかありません。
だって他の二匹はくっついて離れないし、顔はみんなとにかく可愛くて!
この子も震えてて、可愛そうだったけど、そんな事忘れてしまう位に可愛がる!車はあまり乗らないとの事でしたが、何度か鳴いていまましたが、騒ぐ事も無く、ジィーっと私を見詰めていました。
玄関で、この子のお父さんが見守るように側に居ました。カッコイイの!他の子達も何か察することが有るのでしょう、ザワザワしている様でした。
アァ!憧れのチンチラシルバー!
中学の時から夢見てた!
モチロン、猫はどんな子でも可愛いけど!最初に欲しいと思った種類でした。
帰りに猫砂と爪研ぎ、ご飯は頂いて来たので、後はオモチャを買ってきました。連れて来てから2時間くらい経ったかな。今、うとうとし始めました。
今日はそっとしておきましょう。
わが家へようこそ!銀色の天使!

| | コメント (1)

ミシシッピー赤耳ガメ「ガメラ」、まだボーッとしている。

Dvc00006 もう、随分前に起きたんですが、まだボーッとしていて、一つまみの餌が、食べきれません。

今日は、大変に暑いので、しっかり目を覚ましてもいい頃だと思うのですが・・・。

はっきり覚えていないのですが(ガメよ、スマン!)、我が家のペットの中では最年長!12歳くらいに成ると思うので(息子が3歳の頃に来た?)、寿命がどれくらいか解りませんが、若くは無いと思うのですよ。

ココまで生きてくれたので、元気で居てほしいのですがねぇ。

お宅の亀さん、もう冬眠から覚めました?

| | コメント (0)

ボルゾイの虚勢。麻酔が難しい!

「ルナ」ももう直ぐ4歳に成ります。親しい方から誘いがあれば子供も良いかもと思っていましたが、あまり見込みが無いかな。ペットショップで売られるのは嫌だし・・・(そんな誘いは有ったんです)。

とすれば、このままだと「パンダ」と同じように、前立腺肥大になる可能性は大ですよね。

虚勢を考えた方が良いと、思っていました。

それが、先日読んだ雑誌に、「ボルの麻酔は大変に難しい。」と書いてあって、ネットで調べたら、それを専門に研究されていらっしゃるお医者様の話が載っていました。

どうしてもということなら、その先生にお願いするしかないのかと思いましたが、ボル仲間で、院長先生に手術していただいた子が居るので、先ずは、相談してみようと思いました。

「避妊ということでしたら、大学病院にお願いしてしまいますが、歓迎されません。実は今月、大人のボルゾイの虚勢手術をする予定ですが、あれだけ肺の幅が細く、深い体格の子ですから、麻酔は大変に難しいです。」

とのお答えでした。

前にも、「麻酔した状態で仰向けにすると死んでしまいます。」と仰っていたことも有りましたし、危険性のほうが大きいとの判断のようでした。

私が扱っていて困ることは、もうほとんど無いんだから、無理する必要は無いんだよねぇ。

前立腺肥大も、「パンダ」は薬で大丈夫だったし、寝たきりに成った時も、睾丸は地面に着くことは無かったので、擦れたりはしなかったし(友人のピレネーは擦れていたいたしかった。その時にも「去勢して置けば良かった。」と言っていたのよねぇ・・・。)

ウゥ~ン、考えるなぁ・・・。まだ々余裕は有るので、お爺ちゃんに成るまで、このままで良いかなぁ・・・。でも、お爺ちゃんに成って悪くなって、「もう、手術できません。」でも、困るしぃ・・・。

どなたか、詳しい方いらっしゃいませんか?

| | コメント (2)

「サリー」も狂犬病予防注射。

Dvc00005 「サリー」も行ってきました。

昨日の混み具合が嘘のように空いていて、「ルナ」もこんな平日に連れてこられたらどんなに楽かと思うけど、一人じゃぁ駄目なんだから仕方ないね。

体重4.02kg。ヤッタァ!ダイエット成功!

まぁ、食べないからだけどね。

これを維持できたらいいなぁ。

昨日とは違って、落ち着いて受信(昨日は先生の仰ること、ぜんぜん聞いてなかったもの!)。

爪も切っていただき、肛門線も絞っていただき。

「ルナ」なんて、熱も計れないものね。体温計を入れるなんてとんでもない!

「サリー」は震えていたけど、何も文句言わないお利口さんでした。

昨日、パパにシャンプーもしてもらって、とっても綺麗!

補ていされている間、ズット私のところに来たくてウズウズしているの。

可愛いね!

今は、疲れて寝てます。

何時もはバロンに自分から仕掛けるのに、動く気力が無いらしく、バロンに尻尾をいじられて、怒ってました。

バロンは、詰まらなさそうです。

| | コメント (0)

ボルはもう水浴び!今日は暑いですね!

Dvc00003_1 今日は、暑いですね。さすがに湿度はそうでもないらしく、真夏の様とまでは行きませんが、散歩中に「ルナ」の背中が熱を持ってきてしまって、水浴びさせました!

ガブガブ、勢いよくホースから飲み、足をたらいで冷やし、バシャバシャと砂をかく様に水を撒き散らして・・・。背中から水をかけてやりました。

今年は工業用のたらい(って言うのか?)を買って上げよう。これじゃぁ、小さすぎるわ!

| | コメント (0)

ルナ、狂犬病予防注射!

Dvc00004 4月30日(土)に
ルナの予防注射に行ってきました。
あんなに訓練をしたのに、これだけはパニックになるらしく、何時もの様に大騒ぎでした。
一人では連れていけないので、主人と二人で…。
それが、院長先生では無かったので余計にダメでした!
これからはご指名だな!
それに、新人の先生が二人もいらして、O先生はいらっしゃらないし、噛み付くんじゃないかとハラハラで…。いっその事、私がうってやりたいくらいでした。
暴れるので、口輪が外れてドキッとしたし、主人は噛み付くかとハラハラしているし、私には大丈夫だろうと思っていましたから、すぐに付け直しましたがね。
「爪切り!?無理です!」
診察終了して、外で待っていたら、久しぶりにカリナちゃん(ボルゾイの女の子)に会えた!何度もドックランで一緒だったから大丈夫!ちゃんと落ち着いてご挨拶できました。

でも、最近はフェンディ(カリナちゃんの二歳の弟)に体当たりされてよく怪我させられるそう、
だから大きい子は裂けるらしく、段々後ろに下がってしまう…。

一緒に遊んでいた頃は、どちらかと言うとカリナちゃんの方が上で、

「しつこくしないでよ!」

なんて叱られていたけど、
体格が全く違ってしまったものねぇ!
カリナちゃんを見て、痩せたと思ったら、ルナが大きく成ったんだった!
ナント、44キログラムに成っていた!(多分…じっとしてないから正確に計れないp(^^)q)
ウゥ!餌もキチント計ってやってるのにぃ!
確かに胸幅も倍は有る!ボルゾイとしては理想なんだれうけど、扱い難いよねぇ…。

| | コメント (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »