« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

サリーとガメ不思議な関係

我が家の亀は一番の古株です。つまり、サリーが来た時にはそこに居て、それが当たり前だったので、サリーは全く気にしません。
気になるのはガメの餌かな…。
でも、ガメの方はチョット違います。サリーが側にお座りしていたり、寝ていたりすると、ずっと見つめていたりします。
生き物として認識しているのか?
まさか、餌だと思っていたりして…。050628_073408.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ルナ」ボルゾイの健康診断と「サリー」パピヨンのダイエット!

6月25日(土) 「ルナ」が3歳になったので、健康診断に行って来ました。

何しろビビリの彼ですので、診察室入り口で嫌だといい、「来い!」で、入ったと思ったら、診察台に乗せるのが一苦労です。(主人が抱えて・・・。)

ビビリのボルゾイは怖いです。いきなり、ガブッです。初めてお会いする先生(インターンの方かな?)が、彼の前で保ていしようとなさったので、ドキッとしました。(院長先生だったら怒鳴られていたぞ!「ボルゾイの前に安易に顔をだすな!」って・・・。)

さりげなく私が回り込みました。

前に進み出て、

「何してるの?!!しっかりしなさい!!お座り!!」

と言ったら、シュンとしてお座りしてくれました。

(訓練の成果だわぁ。)

体重は、39.89㎏。また増えた。腸の調子が良いものね。

「パンダ」よりは少ないけど、この辺が限度かな。

あと、気になるのが、最近出来ている左足の傷・・・。

腫瘍だったりするといけないので、見ていただきました。

一応お薬で様子を見て、改善されなかったら切開をするとの事です。

こんなに大きな子は麻酔も仰向けですると心臓が落ち込んでしまい危険だそうです。

難しいのね。

どうせ麻酔をするなら、歯石取りと、去勢もしてもらってしまおう。一度ですむように・・・。

全く!気の小さい子!その間、ズットビビリで、先生にも歯を当てていたわ。

その度に私に叱られて、挙げ句の果てには椅子の下に頭を突っ込んで・・・。

「頭かくして尻隠さず」とは、この事だわ。

もう一つ気になるのは、「サリー」が最近重たく感じてきた事。

チョット前まで、「来夢」と変わらないと思っていたのに、

「来夢」がとっても軽く感じるようになったのよね。

上から見てもお腹のあたりの締りが無く、丸い感じ・・・。

これはまずいわ!だって、関節の悪い子だから・・・。

案の定4kg有ると、トリミングの時に言われて、

慌てて、先生に見ていただく事に・・・。

「これが、限度ですね。まだ、筋肉も薄いですし、これ以上増やすと負担が掛かります。」

と言われました。やっぱり!

「サリー」、ダイエット生活の始まりよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンターって、気になるのよね。

050618_011356.jpg来夢「これって、勝手に動くのよ。ママはプリンターって呼んでいるんだけど。この白いピラピラな物がズッズッズッて動き出すと、気になって気になって押さえたくなっちゃって、ついつい手を出しちゃうんだけど、ママが見張ってて、叱られるのよ。仕方ないじゃない、本能よ!」
ママ「危ないでしょうッ!!!手が挟まったら、どうするのッ!!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お線香は、みんなの分。

6月23日 夕方、仕事帰りにパンダの眠るお寺にお参りに行きました。
先ず、帰して頂いた土のホコラに手を合わせ、パンダの物語プログを書きはじめた事、ルナが事故を起こさない事、来夢が健康である事、サリーの関節が外れない事、皆が健康で有る事、等などお祈りして…。
一杯過ぎてアキレテイルかな?
そしてお線香は皆の分。
パパの分、私の分、舞の分、徹の分、お爺ちゃんの分、お婆ちゃんの分、ルナの分、来夢の分、サリーの分。(ガメの分はしなかった。しまった!)
最後に先日行ってしまったラブちゃん(パンダと遊んでくれていたから。)に、
「ラブちゃん、パンダを宜しくね。」
(ミルクの位牌は見付かったけど、パンダのは…、もう無いのかな…。それほどの時間が経ったのね。)dvc50008.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、「パンダ」ボルゾイの命日。

6月23日(木) 今日は、7年前に「パンダ」が逝ってしまった日です。

12歳でした。

大型犬は平均寿命が10歳くらいと言われていますので、寿命だったと言えばそうですが、辛かった。

足が思うように上がらなくなり、足首がだらんと伸びたままになり、最後は起き上がれなくなりました。

それでも彼の気力の有るうちは、何とか立たせてやろうと、バスタオルを身体に巻き付けて引っ張り上げるように抱え、連れ出していました。

最後はジョクソウがひどくなり、蛆がわき、一日に何度も何度も、一つ一つつまんで消毒し、包帯を巻き(首が動くうちはやぶさったいのかすぐに取ってしまうんですよね。)寝返りを打たせ・・・。(その度に、悲痛な鳴き声を上げていました。)半端な大きさではないので、主人のいる時に、二人で抱えて・・・。

獣医さんに「覚悟して。」と言われる頃には、大好きだったパンも食べなくなりました。

「注射はうつけど、もう痛みは感じていないよ。ポカリスエットを飲ませてみて、少しカロリーが有るから。」

と言われました。

痛くないといわれて、良かったと思いました。

ポカリスエットはストローで吸って上げて口に入れて上げます。

本当に美味しそうに飲んでいました。それが、とっても嬉しかった。

でも、

「もう、そんなカロリーしかこの子は取る事が出来ないんだ」

と思うと辛くて、毎日泣いて暮らしました。

泣き疲れるとは、こういう事だと実感していました。

最後も、私が見獲りました。

近所の目なんて気にしない!名前を叫びながら大声で泣きました。

あれから7年、我が家には「ルナ」という2代目ボルゾイが居てくれています。

「パンダ」よりずっとヤンチャですが、私の宝です。

そして、我が家に来たその日から、彼の老後の事は考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっかり屈んだら、目に直撃!

6月23日 今日も小雨が降っています。

小雨の時には、また違うレインコートです。

こちらの方が簡単装着で、楽なので・・・。

ただ、おそらくラブラドールクラスの子用なのでしょう、

お尻が完全にはみ出しています。胸まわりもギリギリで、長さはあと25cm、胸まわりはあと10cm欲しいなぁ・・・。

これでも、このデザインの中では一番大きいサイズを注文したのですがねぇ。(>_<)

事故はこのコートを着せようと「ルナ」ボルゾイの前に屈んだときに起こりました。

私が顔の上に覆いかぶさろうが、またごうが、平気なのですが、

耳にでも私の身体が触ってくすぐったかったのか、頭を振ったのです。

あれだけの身体でブルブル頭を振られたので、その頭に付いている耳もブンブン振られて、何と私の右目にあたったのです。目をつぶる暇もないほどでした。(老化現象か?)

「イターイ!!!」

目を押さえて「ルナ」の上にうずくまりました。

私が、転んだりチョットぶつけた位では、何か面白い事をしているようにしか思わないようで、

「なに?なに?僕にも一緒に遊ぶ!」

とでも言っているように、飛び回る「ルナ」ですが、

さすがに何か起きたと思ったらしく、静かに座りました。

「アラ、どんな顔しているのかな?」

と思い、無事な方の目で、顔を抑えた手の指の隙間から覗いて見ましたら、本当に心配そうでした。

今まで、自転車で転んだときも、訓練で滑ったときにも、まるで喜んでいるようで、

「私に何か有っても助けてくれないんじゃぁないかなぁ。」

と思っていましたが、本当に苦しいときにはちゃんと察してくれるんだ!

嬉しくなりました。

それにしても痛かった!

それからも少しの間「ルナ」の背中にうずくまっていましたが、

「ルナ」は、ズット静かにしてくれていました。

スゴク痛かったけど、そのぬくもりの中で、幸せも噛みしめた私でした。

「ルナ、ありがと。(^・^)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨でも「ルナ」は散歩。

DVC00044
6月22日(水) 梅雨に入ってしばらく経ちますが、
降ってもたいした雨にはならず、
散歩も楽だったし、
昨日なんて暑過ぎるくらいでしたが、
とうとう、昨夜より大雨になりました。

もちろん雨は大切ですし、涼しくなるし助かりましが、
こんな日でも「ルナ」(ボルゾイ)はお散歩に行くので、大変です。
(まぁ、台風の時よりはいいけどね。)

私も完全装備の合羽姿(レインコートなどと言うおしゃれな物ではありません。)ですが、
「ルナ」もやっと見つけた大型犬用のレインコート(こちらは合羽ではありません。)を着せて行きます。
ところが、先日洗ったら撥水力が落ちてしまって、雨が滲みるようになってしまいました。
防水スプレーを吹き付けたんですがネェ・・・。
私の合羽も膝のあたりが滲みて、洋服が濡れる様になってしまいましたし、
こりぁ買い替え時かネェ。

ネェ!パパ!

写真は、散歩から帰ってきて身体を拭いてやっている時にいたずらを思いついたんです。
アッハッハッ!可笑しいねぇ!

ちなみに警察犬は何かかぶらされたら、すぐに振り落とすようでないとダメなんだそうな。
(愚息情報です。)
あなたはダメね。
タオルで身体を拭くときに楽なように、
「ジッとしていると良い子だよ、身体拭くのは気持ち良いよ。」
って、教えてしまったからねぇ。
でも、これならフード付きのレインコートも着てくれるかも・・・。
帽子もサングラスもイケるかも・・・。
(いやいや、それは必要ないぞ。)

ちなみに、「サリー」(パピヨン)はお留守番です。
あんな小さい身体で濡れたら、風邪引くし、泥だらけになるし・・・。
チョット、ご不満のようでしたが・・・。
でも、犬って気圧が低いと元気なくなるの?
「サリー」はそうみたい。朝、ゲージから出してあげる時、気乗りしないみたい。

「ルナ」はそうでもないけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は暑い!

6月21日お使いがてら散歩もしようと、ルナを連れていきました。
いつもより長いコースだったし、
暑いので、ルナはキツカッタかな。
でも、私が用事を済ませて出て来るまでの間、ちゃんと休めで待ってた。
お利口さん!

でも昨日の夕方、公園でシェルティを脅かしてた。
大好きなプリンちゃんが居たから、
ルナは、
「プリンに近づくな!!!」
って言っていたのかも?!
そこで、救助犬のオーナーさんにお会いしました。
おっしゃっている事が、訓練師さんと同じでした。
ただ、初めて犬同士合わせるときは、まず、オーナーさんが先に挨拶をしたらどうかと、アドバイスをくださいました。
ルナは、その出会いの場を、彼なりに何とかしようとしているんじゃあないかと…。
だから、先にオーナー同士が挨拶をしておく…。
それ有るかも!
試してみようっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜はケーキでHappy Birthday♪

runabirth3age 6月19日(日)夜は、ケーキでお祝いです。
昨日、義妹が届けれくれました。
先日の「サリー」の誕生日の時には、チーズ風味のケーキでしたが、今日は、ターキーです。ゼイタクゥ(^o^)/

チーズ風味のケーキの時には、初めて食べるものを目の前にした時の反応でしたが、昨日は違った!
もう、待ちきれなくて、蝋燭に火をつけてHappy Birthdayを歌って取り分けるまで、良く我慢していたと思います。
「良し!」で、夢中で食べていました。
冷凍で送られてくるので、まだ完全に溶けていなくて加減してあげるつもりが、あんまり美味しそうなので、ついついあげ過ぎてしまったけれど、心配したお腹の状態も大丈夫で良かったね。

これは、「サリー」にもおすそ分けしました。「サリー」も夢中で食べていましたよ。

二人(2匹?)とも美味しかったね。
大満足です。

「らん丸」ご免!全部無くなっっちゃった。(>_<)
(人間も味見しようと思っていたのにぃ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三歳の誕生日に…。

DVC00003 6月19日(日)

誕生日だから、どこかに連れていってあげたいと、
小田原の城址公園に行きました。
幸い雨は降らずにいてくれたので、
良かった)^o^(
それでも、やはり蒸し暑かったので、
ルナにはキツイかなと思ったけど、
公園の木々の中はヒンヤリ涼しく、
楽しめました。

ここは、ちょっと前までお堀だったところです。 菖蒲と土手の紫陽花がとっても綺麗で、 にぎわっていました。

動物園でも落ち着いていました。But、なぜか、大きな鳥の檻の前でいきなり一声、

「ワンッ!!!」

他にも鳥はイッパイ居たのに、ビックリしたわ!

それから、アライグマには反応が全然違った!あれは、獲物だったかな?

DVC00002 「ルナ」も動物園の動物状態でしたが、(久しぶりに、「犬ですか?」って聞かれた・・・。(-_-;))他の犬も脅かすことなく、小さい子にも反応することなく、本当に落ち着いてくれて良かった。

これもひとえに、訓練の賜物と、訓練師さんには、感謝、感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はルナの誕生日だピョ〜ン!

6月19日(日) ルナは、今日で三歳です。DVC00042
まだまだヤンチャで、足がガクガクする事も、しばしばだけど、
お前が世界一!
今日は何処に連れていってあげようか?
昨日、シャンプーもしたし、楽しみね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルゾイ12 頭 サルーキ3頭

IMGA0069
6月18日(土) 寄のドックランにいって来ました。
「ボルゾイがたくさん集まるからおいで!」
って、誘われて…。
ボルゾイ12頭、サルーキ3頭、
圧巻でした。
「ルナ」は、仕掛けられたのには反応していましたが、
自分から脅かすことは無かった。
良かった(*^_^*)。

ボルゾイだらけで、私の方がドキドキで、
「ルナ」に読まれないようにと、大変!

これだったら、また他のドックランにも、行ってみようか。

でも、小型犬用で遊んでいたトイプードルを、
皆で見つめていたのは、チョット恐かった。
「あれは、獲物だよねぇ…。」
って言ってたけど、
ウーン(゜-゜)、そのとうりだろうな。

皆さんと、またお会いする約束をして、別れました。
KちゃんとFちゃんのママ、お誘い下さって、ありがとうございました。
Sちゃんもちゃんと遊んでくれて、アリガト(*^_^*)。
大きい子となら、ちゃんと遊べるんだと思えました。

それに、「ルナ」より大変な子もいて・・・。
ちょっと安心しました。

きっとあの子も、ノーリードで遊べるように成ると思います。(もちろん、ドッグランで!)

また、開成町のドッグランに行ってみようとゆう気になりました。
次が楽しみぃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「来夢」と「サリー」のバトル

6月16日(木) 「サリー」パピヨンは「来夢」猫が大好きです。

でも、「来夢」は迷惑だと思っていると思います。

そのくせ、2階から「サリー」の居る1階に下りてきては、

ゲートの外でじっと見つめて居たりします。

そうなったら、「サリー」は大騒ぎです。

他の誰にも出さない、甘えとも悲痛とも取れる声で「来夢」を呼び、

家中を駆け回り、ゲートの鍵さえ開けます。

普段は、そんな事しないのに・・・。

始めは、手術した「サリー」の足の筋肉を付けるために、

「来夢」に逢わせると駆け回るので・・・。)

していたご対面でしたが、

「来夢」がノイローゼに成ってはいけないと、

ちょっと、加減しながらさせていました。

でも、実は「来夢」も、それなりに楽しんでいるんじゃあないかな、

と思うように成りました。

それにしても、

あんなに、猫パンチと威嚇攻撃に合って、

「キャイ~ン!!!グスッグスッグスッ・・・。」

って、何度言ったか知れやしないのに、

(But!一度も傷つけた事がありません。爪だけは出さないようにしているようです。私たちには遠慮なく出して来るのにぃ!(T_T))

どうしてそんなに、「来夢」が良いの?

「来夢」ぅ、目だけは気を付けてあげてね(^・^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パピヨンの目は…。

DVC00032  DVC000316月14日
サリーはよく目にゴミが入ります。
手術して入院した時も、毎日お見舞いに行っていて、いつも同じ所にゴミが付いていたので、取ろうとしたら、
へばり付いていて、先生に取っていただいたことも有りました。

普通、動物というものは、耳垢にしても、目のゴミにしても、自然に取れるようになっているものです。
ルナにしろ、来夢にしろ、パンダも(我が家の初代ボルゾイ)ミルクも(初代ニャンコ)も、
気になるので目やには毎日取りますし、毛が入っていることも有ったけれど、(特に痛くはないみたいですが…。)
「目の中のゴミは自然に取れますから、心配なさらずに。むしろ、傷付けるといけませんから、そのままにして置いた方が良いですよ。」
と、お医者様にも言われたのですよねぇ。
でも、サリーは、駄目ですね。
またへばり付くと嫌なので、取ることにしています。ホントにお前は野生では生きていけないね!犬なのに…。
(そうゆう風に掛け合わされて来たんだから、仕方ないげど…。)
それで、気が付いたんですけど、
パピヨンて、目が出ているからじゃあない?
だから、じゃあなぁい?
そう!きっとそう!p(^^)q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開成町のアジサイ祭りに行ってきました。

DVC00030  6月11日(土) 開成町のアジサイ祭りが開催されています。

毎年行かせていただきますが、昨年は行きそびれてしまいましたので、

今年は是非にと行って来ました。

時々小雨が降っていましたので、「サリー」パピヨンはお留守番、「ルナ」だけ連れて行きました。

駐車場は500円取られるようになってしまったし、大変に混むようでしたので、

友人宅に車を置かせていただいて、そこから歩きました。

まずビックリしたのは、人が多いことです。

一昨年まで、こんなにいなかったと思いますよ。DVC00002

他のイベントともタイアップして、開成町は、

がんばっているって感じです。

「ルナ」は良い子でしたよ。

たくさんの人の波を掻き分けるようにして歩きましたが、

他の犬とすれ違っても、悲鳴を上げられても、

小さい子が走ってきても、

落ち着いていました。

本当に良い子ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月8日(水)は訓練の日

6月8日(水曜日)はルナの訓練でした。
今月19日で、三歳に成るので、
まだまだ不十分ですが、卒業しようと思っています。昨日はラスト二回の日でした。
訓練の後はいつも、大好きなプリンちゃんと遊ばせて頂くのですが、
この日はプーちゃんが肩を痛めていて駄目でした。
それでも何とか近づこうと…、そして舐め合いチューです。
ルナはずっと、耳を舐めていました。
「ブーちゃん、プーちゃん、大好きだよ!」

DVC20002 他の子にもこうだったら良いのにネェ。(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤーフォクステリア

6月6日 夕方の散歩は近くの公園によく行きます。

「サリー」(パピヨン)が一緒の時もありますが、

昨日は「ルナ」(ボルゾイ)だけ連れて行きました。

その時間には沢山の犬が来ています。

今までは、「ルナ」がみんなに威嚇するので、避けていましたが、

先日の訓練で、「その環境で訓練して慣れてください。」

と、調教師さんに言われて、なるべく行くようにしています。

ワイヤーフォックステリヤは女の子です。

だいたい、女の子なら大丈夫な「ルナ」ですが、

その子には、なぜか最初から呻ってしまって、

その子も負けていなくて・・・。

その後は、その子も「ルナ」を見るとずっと呻っていて・・・。

つまり、最悪の関係だったんですね。

ただ、近頃は、「ルナ」も「サリー」(パピヨン)と散歩するようになって、

小型犬も受け入れるようになって来た様に思うのです。

「これはウサギじゃあなくて、犬らしいぞ」(-_-;)

(飼い主の欲目?)

そのせいか、テリヤの見る目が違ってきたようなんですよね。

この間から、ルナを見ると、呻るのではなく、ついて来るんです(>_<)。

それはそれで、心配です。

何時「ルナ」が豹変するか判らないので・・・。

  前科があります。

  「小さい子はちょっと・・・。」と言ったのに、

  ヨークシャテリアの飼い主さんが、抱っこして「ルナ」の前にしゃがんだのです。

  まるで、何でもない様にソォーッと近づき、いきなり噛みついたのです。

  慌ててリードを引いたら、その子も持ち上がって着いて来たのです。

  それは、獣医さんが主催するイベント会場の出来事でした。

  すぐに手当てをしていただきました。

  幸い、首のところが少し血が出た程度で、縫うほどの傷ではありませんでしたが、

  大騒ぎの中で、「ルナ」だけが妙に落ち着いていて、恐ろしい気がしたのです。

  そう、あれは、まさに獲物を狙っていたんだと思います。

それが何と昨日は、暫く後ろから歩いて着いて来て、

「ルナ」が気にして振り向いたときに、

大胆にも吠えて来たのです。

「ウヮーンッ!!」ルナ

その子も、さっと逃げました。(「ルナ」は私に叱られました。)

リード無しの子は、怪我でもさせてしまわないかとヒヤヒヤです。(最悪の場合はかみ殺してしまうかもしれません。)

小さな子(人間の女の子)がいるので、テリヤは守っているつもりのようですが・・・。

とっても偉いけれど、

「ルナ」が事故を起こしませんように、

飼い続けられない様な事態には決してなりませんように。

祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山5合目まで自転車で完走

6月6日 主人が完走しました。
傷口は何とか開かずに済みました。

雨は降りませんでしたが、霧だったそうです。

ゴールした時電話をくれて嬉しそうでした。
「去年より、2分遅かった!」
と悔しがっていましたが、
とにかく無事で良かった!(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

腫れが引いたよ!

ルナに噛まれた主人の怪我は、
パンパンに腫れていましたが、
何とか指にシワが出てきました。
まだ抜糸は出来ないそうですが、
大分楽に成ったようです。
6月5日の日曜には、「富士山で自転車の競技会が有るので、
出場するつもりらしいです。
傷口が開いたらしたらどうするの!
マッタク!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »