« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

サリー、一歳!

5月26日はサリーの一チャイ(一歳)の誕生日でした。
義妹がケーキ(ワンコ用)をプレゼントしてくれつ、お祝いしました。050526_211757.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパもとうとうやられました。

5月28日 パパも「ルナ」に噛まれました。
天気も良いし、小田原辺りの公園に「ルナ」と遊びに行こうと支度して、
楽しい一日が始まるはずだったに…。
出掛ける前に、あんな事しなきゃ良かったのに・・・。
爪を切ってやろうとしたんです。

「キャイ〜ン!!!」
切りすぎたのです。少しのつもりだったのに…。
血がたくさん出て、私はキズ用テープを貼ってやろうと家に駆け混みました。

その間に主人はルナを押さえてくれようとしていました。
でも「ルナ」はジットしてなくて、
叱られて、小屋に逃げて、うなって、また叱られて…。
「追い詰めたらダメ〜ッ!」

「ルナ」を興奮させないように、後ろで静かに言ったのですが・・・。

ボルゾイという犬種は、よく、プライドが高いと言われます。大賛成では有りませんが、(固体によって差があると思いますし。)私は、自分で考えて行動するタイプだと思っています。人間からのコマンドを、無条件に受け入れるのではなく、まず考える。

「今、なんて言われたかな?それなら、こうすれば良いんだ。」

と、自分で考えていますから、人間に注目していないと、言葉など聞き逃してしまいます。知らんぷりしているとか、やらなくてもいいと思っているのではなく、聞いていないのです。

「エ~ト・・・。ママァ、今、何て言ったの?『お座り』?『伏せ』?『お手』だった?とりあえず、『お座り』してみようか?」

なんて調子です。

「ルナ」は飼い主にいつも注意を払うように、訓練して来ましたが、まだまだそんなところが有ります。(調教師さんなら、出来るのですが、私は迫力が足りないそうです。)

「今、聞いてなかったでしょう?」なんて事・・・。

そして、大変に臆病です。小さい音に、飛び上がるほど驚くことがあります。(そのくせ、雷や風は平気なんですが・・・。)

そして、今一番怖いのは、息子と主人です。

それでなくても怖いのに、怒りながら迫ってきたら、もうイッパイヾです。小屋の中まで追い詰められて、つかまれたら、噛みつくしかありません。これを、「ビビリ噛み」と言うそうです。その通りだわ!

DVC00010 主人の怪我は、かなりの重傷でした。救急病院で右手の4ヶ所を縫っていただきました。一ヶ所は、手の甲の静脈を貫通していて、大変な出血でした。(息子が惨状を見て、「サスペンス劇場みたいだ。」と言っていました。)

もう一ヶ所は、小指・・・。ほとんど肉は食いちぎられそうになっていました。念のためレントゲンも撮って頂きましたが、骨は大丈夫でした。

今、右手は左手の2倍ほどにむくんでいます。可能していないといいのですが・・・。 「ルナ」は、主人に大変神妙にしています。彼なりに、大変な事をしてしまった事、噛みついても勝てなかったことを理解したんだと思います。(主人も、良く叫ばずに、我慢したと思いますよ。)DVC00008

後で、当人が言っていました。「小屋に逃げた時に、『来い!』って言ってちゃんと来たんだから、やめれば良かったんだよなぁ・・・。」

そうね、コマンドに従った「ルナ」をまた追い詰めてしまったのは、ルール違反だったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きいのと小さいのと中位ので大騒ぎ!

5月23日 夕方「ルナ」と「サリー」とで散歩に出ました。

最近あまり通らなくなった駐車場と住宅との間の50センチ程のあぜ道です。

通らなくなった理由は、吠え掛かってくるシェルティが居るからです。

(何年も前になりますが、私、噛み付かれたことがあります。まだ、前のボルゾ意の「パンダ」が生きていた頃です。)

それでも普段は小屋に居るので、大丈夫だろうと思ってしまったのですが、

大丈夫じゃぁ無かったのですよね。

裏口の開き戸の隙間から出てきそうな勢いで、吠えまくります。

そんな時、知らん振りで通り過ぎられるほど大人しい犬種ではないので、

しっかり喧嘩を買って「ルナ」は応戦!

シェルティとボルゾイの凄まじい吠え相が始まり、

「ルナ」の頭は裏口の隙間から入ってしまいそうだし、

シェルティの頭は出てきそうだし、

私は「ルナ」を引くので精一杯だし、

「サリー」は怖くて「キャン!キャン!」無くし・・・・・・・。

もう、大騒ぎでした。

何とかやり過ごすことが出来て、良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日のプレゼントは・・・。

5月25日 今月の26日はパピヨン「サリー」の誕生日です。

1歳になります。

そこで、22日(日)にホームセンターに行った時に、

プレゼントを買ってきました。

最近ゲージ用の策をいともも簡単に開けて廊下に飛び出し、

階段を駆け上がり、滑って転び・・・と、冷や冷やしていましたので、

とにかくゲートを付けなければと思っていましたが、

DVC30019お安く手に入りましたので、誕生日プレゼントにしました。

何しろ、関節の弱い子なので・・・。

これで安心。やっとホッとしたわ。

でも、当人(当犬 ?)は、何とか脱走をと試みています。

ごめんね(=_=)

あなたにとっては、一番欲しくないプレゼントだったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エッ?アタシのよッ!

5月19日 「また、おねえちゃんの枕取っちゃったの?」ママ
「エッ?アタシのよ!」来夢050519_090235.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来夢とサリー、かなり接近

5月19日 サリーをチョット迷惑に思っていた来夢ですが、
随分慣れて来ました。
サリーがジットしていられれば、
自分から近づく事も有ります。
(自分の所には上がって来ないという保障付きの場所に居ればですが…。)
でも、不安になるのかそこから移動しようとするんですよねぇ。
それで、運動会が始まるんです。
今まさにバタバタと廊下を駆け回っています。
騒がしくして、ホモサピエンスの兄ちゃんをー起こして!
そうしたら、サリー、お散歩行こうね!
今日な、犬のルナ兄ちゃんと一緒よ!050519_073728.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫はベランダから外を見る。

5月15日 完全室内飼いの来夢ですが、(外に出るのは恐いらしい。)
ナミナミならぬ興味が有ります。ベランダのこの収納ケースはちょうど良い高さが有り、
ここから庭の鳥や、風の行方を追っています。050515_101903.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パピヨンは車がチョット苦手

5月14日 サリーは車が苦手です。お腹をこわしたり、吐いたりする訳では有りませんが、息遣いが荒くなります。
おそらく、心臓バクバクっていう感じです。
それというのも、足の関節が悪くなってから、車というとお医者様通いでしたから。無理も有りません。
何とか楽しい記憶を残すべく、なるべく連れ出すようにしています。
でも、この態勢は、私が抱っこして持ち上げているから出来るのです。
ルナは押さえるのが大変で、サリーは支えているのが大変です。
大きくても小さくても、私は疲れるらしいです。050514_094359.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「パピヨン」マタマタお医者さん

5月8日 母の日で遊びに来ていた義妹が、

『サリー』、足が痛いみたいよ。」

って・・・。

抱っこされると、「キャーン!」と啼いている。

ハァ~ン?

良く見ると、何と手術のあとを舐めて、化膿しているようだ。

やってしまった!

5月9日

お医者様へ。

溶けるはずの縫い糸がまだ残っていて気になり、

引っ張り、血が出て舐めて化膿・・・。

どうやらそんなところらしい。

軟膏を塗っていただいて、化膿止めを頂く。

昨日は一日お留守番だったので、

手持ち無沙汰だったのか。

でも、そんな時でも安心していられる様でないと困る。

さぁて、どうしたものか・・・。

人が帰ってきた時のあの喜びよう・・・。

その分一人のときに寂しかったということだ。

帰宅したときに、無視する作戦を試してみようか・・・。

「ルナ」だって朝の散歩の後は、

夕方まで小屋の中だ。

それでも落ち着いていられるのは、

そんなものだと理解しているからだと思う。

私たちが帰宅しても、「散歩はまだだ」とか、「今は遊んでくれなさそうだ」とか、

ちゃんと理解していて、そんな時には要求もしないし、起きてこない。

門を閉める音、靴音、車の音、声、などで判断しているようだ。

小型犬に、理解させるには・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ルナ」と相模湖ピクニックランどへ

DVC00004 5月8日 母の日に、「相模湖ピクニックランド」に行ってきました。
ペットOK!のレジャー施設で、
大きなドックランも有るし、
(お休みの日には、小型犬が多いので、「ルナ」は無理だとは思いましたが、周りを歩かせるだけでも、訓練に成ると思って…。)
そしたら、ナント!ボルゾイの群(?)が居ました。
六頭です。
キャー!ステキ!綺麗な子たちです。
親子ですって!そっくりですもの。
1頭は、お母さん。あとの5頭は子供たちですって。
お母さんだけが白黒の子で、子供たちは白茶です。
年齢も3歳。「ルナ」と同じだ!

あちらから声をかけて下さったのです。
ありがとうございます。
おことわりをして、写真を撮らせて頂きました。

この時、ハプニング!!
あちらは、何といっても6頭ですから、群れですよね。
私も気をつけて、まっすぐ近づかないように、
声をかけながら、横向きで歩き・・・。
と、注意していたのに、
イザ、写真を取ろうとしたときに、
上手く6頭入れてあげたいと思い、ついついスッとしゃがんでしまったのです。
「ウゥ~!」
すぐに、警告が発せられました。
1頭だけの男の子です。
『ウワァー!ボルゾイに呻られた!!!嬉しいぃ!!』
しっかり、群れを守っているのね。エライ!!
悪かったのは私。ボルゾイの前で安易に座るなんて。ゴメンネ。

声をかけて下さった時に、
「ウチはやんちゃなので、ドックランでは遊ばせられなくて・・。」
と申し上げたら、
「ウチもヤンチャです。」
と仰っていらしたのですが、
本当だ!!ウレシイッ!やんちゃなボルゾイ!!
最近、ボルゾイって、優雅でおとなしいと世間で言われているようだけど、
(先日も競技会会場でラブラドールに噛み付かれていた子がいました。
「ルナ」だったら、噛み付かれる前にやってしまうだろうと、おとなしい子が羨ましかったのですが・・・。でも、やっぱりやんちゃな子が好き!)
実際は、知らないものがいきなり顔を出そうものなら、
「ガブッ!」っとされる可能性大の犬種です。

久しぶりに、ボルゾイらしい子に逢えました。
なんだか感激です。!(^^)!

その日はピクニックランドの周りをずっと散歩しました。
(丘なので、結構いい運動になりました。)

羊やヤギ、馬にも逢って、
小さい子小さい犬にも威嚇することなく、「ルナ」は、とってもいい子でした。

そうそう、今月の日曜日はJAF会員のご招待日で、
入園無料でした。(駐車場1,000円のみ!)
知らないで行ったのですが、得しちゃった!

DVC00002
一周まわって、休憩の頃には、
「ルナ」もさすがに疲れたのか、私の足を枕にデーンとしていました。
また、行ってみようと思います。

とっても、楽しかったね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルゾイの「ルナ」もシャンプー

DVC00105
5月4日 「ルナ」シャンプーしました。
なんと美しいのか。
この美しさは、パピヨンでもかなわないな。
手触りもフンワリと・・・。

5月5日 私たちが出かけている間に、
「ルナ」脱走!!!
隣の方が教えてくださって、
おじいちゃんが捕獲。
なんと眉間に傷を作ってきました。
DVC00104

私、ちゃんと閉めなかったのかなぁ?
みんなに迷惑かけました。
すみません。

でも、誰も何も傷つけなくて良かった!ホッ!(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はコーギー犬「らん丸」の誕生日

DVC00103

5月5日 今日は「ラン丸」の3歳の誕生日です。
男の子なので、こどもの日に生まれるなんて、
素敵!
プレゼントは、ゲージにしました。

夜、「サリー」を連れて遊びに行きました。
この間よりは、慣れた?「サリー」。
でも、「ラン丸」は犬が遊びに来るのは初めてなので、
チョット、ヤキモチ?!
「お前、ママの傍に行くな!み~んな、僕のものだぞ!」
と言っている様な・・・。
そのくせ水は飲ませてくれたり・・・。
ちょっと複雑な心境?

でも、噛み殺される心配は無いから、
いいよねぇ・・・。
(「ルナ」はその心配がいつも付きまとう・・・
また、連れて行くからね、
遊んでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サリー」初めてのトリミング

「サリー」初めてのトリミング

5月4日 パピヨン「サリー」、初めてのトリミングをしてもらいました。
ボルゾイの「ルナ」は、してもらったことがありません。「パンダ」は、自分達でカットしてしまっていたし、
ルナの毛は、それほどの量ではないし…。
でも、パピヨンは、やっぱりしてもらわなくちゃの!
ところが、なんと!パピヨンも、あまりカットしないんですって!
足元と、耳の中、後はモコモコしてきたお尻、肛門回りを綺麗にしていただきました。
噛み付く事無く、お利口さんだったって。
良かった!
お迎えに行くまでも、吠えずに待ってられたし、
チャント訓練していて良かった!(^0^)/

トリミングは、さすがブロ!サラサラッ!
何時もチャントドライヤーかけているけど、こうはならないもんね。

後ろから見ると、ニッカポッカみたいな所も、アッハッハッだしね!
また、やってもらお!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ペット博」行って来ました。

幕張メッセのペット博に行ってきました。
色んなペット産業のブースが有ってー面白かった。
会場は、ペット同伴可でしたが、
ルナは連れて行けないので、(他の子とトラブルになるといけないので…。)チョットつまらなかった。
でも、やはり小さい子がイッパイで、
連れてこなくて良かったと思いました。
試供品をたくさん頂いて、
ゲームもして、
抜け毛対策に洋服も買って来ました。(1500円だった。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家のお風呂に猫がダイブ!

3月に実家に行った時の事で思い出した事が有ります。
私がお風呂に入っていた時の事です。
何時もは二階だけで生活をしている来夢なのですが、
実家ではどこでも自由に歩き回っています。(モチロン、室内です)
私に付いて回るので、淋しくない様に、
入口のドアを5センチ程開けておいたら、
「中に入りた〜い!」
と言うので、開けてあげたら、
チョット荒い場の匂いを嗅いで……次の瞬間!
バスタブめがけて、ジャンプしたのです。
縁ではなく、お湯めがけてです。
「ヒェ〜ッ!」
ジャッボーンッ!!
一瞬、プカリと時間が止まった様に浮いたように思い、次の瞬間、急いで抱き上げ、
その次の瞬間には、裸の私の身体を思い切り蹴って、お風呂場から飛び出していきました。
「大変!」
それから、パニック状態の来夢を捕まえて、娘が、ビショビショの身体を拭き、
皆でビショビショの廊下を拭き…。
大騒ぎでした。
おそらく、荒い場からは、バスタブの中は見えないので、
中に入っている私めがけて来たつもりだったのでしょう。
ところが、ボッチャン待ってたホイッ!
アッハッハッ!

なんて、笑い事ではありません。
こんな事で命を落とす子が少なからず居ます。
ゾォーッとします。

お風呂嫌いに成らないでね。f^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »