« 恋人に、噛み付いた!! | トップページ | ウエルッシュコーギーの「らん丸」を紹介します。 »

「猫」と「パピヨン」の微妙な関係

DVC00076DVC000774月2日 パピヨンの「サリー」の手術後の経過を見ていただくため、
受診しました。
「筋肉が落ちています。膝の手術をするにしても、今のままでは出来ません。ただ歩くだけの散歩では、足を使わずに済んでしまいます。無理にでも使わずにいられなくなる状況を作ってください。訓練も、もう始めてください。」
との事でしたので、早速、駆け足での散歩と、(お爺ちゃんでは駆け足が出来ないので、若者担当。少しでも時間が有ったら、連れ出すことにした。)アジリティに向けての訓練を開始しました。

最初の日は、
「そんな事出来ない!あたしは足が痛いの!ほら、こんなに!」
と言うように、後ろ足を腰まで思い切り上げ、アピール!
暗い顔で、お爺ちゃんを見上げ、まんまと心配させるのに成功!
「そんなに足が上げられるんだから、痛くないでしょう!!ほら、行くわよ!!」
引っ張られながら、走らされた。
残念!ママには通用しなかった!

痛かった事を忘れてしまうような、リハビリって無いかな?
知らないうちに、足を使っているような事・・・。
そうそう!これよこれ!

ミックス猫の「来夢」と「サリー」は、
微妙な関係です。
「サリー」は「来夢」が大好きですが、「来夢」は、小刻みに動くせわしない彼女が嫌いじゃないけど、苦手です。
チョット迷惑だろうけど、「来夢」に協力してもらおう。

普段は2Fで暮らす「来夢」を1Fへ。
早速追いかけっこが始まります。
しめしめ・・・・・思い通り後ろ足を付いています。
猫パンチ攻撃と、「フゥー!!!」
でも、「来夢」は爪を出さないので、傷つけません。「なんて、優しい子ッ!!」
つまり、「サリー」は叱られている事に気づいていないようです。

ごめんね「来夢」、しばらくお付き合いしてね。
教育的指導も、宜しく!

|

« 恋人に、噛み付いた!! | トップページ | ウエルッシュコーギーの「らん丸」を紹介します。 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83388/3557316

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫」と「パピヨン」の微妙な関係:

« 恋人に、噛み付いた!! | トップページ | ウエルッシュコーギーの「らん丸」を紹介します。 »